私の自論

不思議な事件

投稿日:

関東地方に住んでる方はご存知かもしれませんが、先日JR中央線の武蔵小金井駅で人身事故が発生したとされたものの、その後の捜査で負傷者は見当たらず運転再開、という不可思議なニュースがありました。

記事によると、3月25日(月)夜8時20分頃、運転士がホームから人が下りたのを見てブレーキを作動し非常停止。しかし、その後の捜査で、線路には人影がなく、列車の車両にも人が衝突した傷がなかったそうです。

このニュースを受け、人々の間では様々な憶測が飛び交っていました。「運転手は何を見たのか?」とか、「絶対幽霊でしょ」など。

コメント欄には、自分も車で人が横切ったのを見て急ブレーキをかけたのに誰もいなかったことがある、というタクシー運転手の体験談や、以前○○(地名)で同じようなニュースがあったという証言などがあり、かなり盛り上がっていました。

一方別の記事では、同日夜9時過ぎ、隣の東小金井駅で、線路から上がってきた男性が駅員に『自分が電車を止めた』と言って立ち去ったとありました。

合理的に考えるなら、この男性が線路に降り、線路と車両の隙間に寝転んだけど無傷のまま電車は通過し、男性はそのまま立ち去ったという事になりますよね。

ただ、私が不可解だなと思うのは、もしこの男性の話が本当だとしたら、電車を1時間以上ストップさせ、3万人以上に影響が出るほどの事をしたのだから、普通はその場で事情聴取とかあるはずじゃないですか?夜8時台の中央線はものすごく混んでいるんです。しかもニュースが正しいなら時間的にその男性が駅員に話した時間はまさしく運転見合わせ中だったはずです。

なのに「そのまま立ち去った」ということは、駅員は男性の話をただ聞いて立ち去るのを見送ったという事なんでしょうか?

なんとなく、釈然としません。しかも、その後の後日談というのもありません。

とにかく負傷者がいなかったこと自体は良かったと思いますが、何だかよくわからない出来事だな~と思いました。

ところで、その事件(?)が発生した地域は私が以前牧会していた地域で良く知ってる所ですが、そこは本当に人身事故が多くてしょっちゅう電車が止まるんです。今回名前が挙がった駅だけじゃなくて、JR中央線のその辺一体の駅は軒並み人身事故が多くて有名です。

なので、今回運転手が見た人が本物の人だったとしても霊だったとしても私としてはどっちも納得してしまいます。

霊だったと仮定したら、駅員に話した男性も霊だったから捕まえられず立ち去ったのかな?などあれこれ考えてしまいますね。(苦笑)

ただ運転士が見た人が本物の人だったとして、その人の行為が単なるいたずらだったのか、自殺願望があったのか、それともなんとなく引きずられてそうしてしまったのか。。。定かではありませんが、そういう土地柄が影響していることは間違いないなと思いました。

霊的に良くない地域になっているだろうという事は勿論ですが、今まで多くの人が人身事故を起こしているから、心理的にそのような場所としてより選ばれやすいというのもあると思います。

だからこの地域は霊肉のマイナスの相互関係があって、このような不可解なことが起こるのではないかと思いました。

何事も結果には原因があります。事件や事故が多い地域のために祈らないといけないですね。。

JR中央線に飛び込んだ人が忽然と姿を消す。JR東日本「当社も困惑しております」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010014-huffpost-soci

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

言葉を理解する力

今まで指導者としていろんな人を見てきたのですが、同じように教えても結果は人それぞれです。 また、同じみことばを聞いてもその後の反応が人によって全然違います。 勿論、個性が違うし、センターが違うから、と …

伝道の研究

今週は研究シリーズが続いてます。(笑) 今回は伝道についてです。 「伝道」と一言で言ってもどの段階の事を言っているのかで変わるのですが、今回ここでお伝えするのは、見知らぬ人に声をかける方法ではありませ …

no image

リハーサル

昨日、コンサートのリハーサルをしました! みんなで顔を合わせ、直接演奏も聞いて、人前で演奏する経験もして、いよいよ大詰めだな、と感じました。 演奏者の皆さんもお忙しいので、どうしてもリハの時に初めて合 …

躓かない努力

昨日の説教では、かなり中高生向けの話が宣布されましたね? 中高生のための礼拝でしたから当然なんですけど。(^^; 中高生は幼いし素直で純粋で傷つきやすいから言葉や態度に気を付けなければいけない、という …

no image

読書の時間

最近、画面の見過ぎか、あまり目の調子が良くないな~と思い、少しだけ、画面を見ることを避ける生活をしているところです。 気付いたら、スマホとタブレットを持ち歩くのが習慣になっていましたし、使命だからとい …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。