私の自論

ポルノは脳をダメにする!

投稿日:

淫乱物が良くない、ということは誰でも心の片隅にはあることだと思います。

では、なぜ良くないのでしょうか?

実は、道徳的に良くないというだけでなく、なんと脳の下垂体部に異常をきたすのだそうです!

ハーバード大学の医学部研究員がブログでこう証言したそうです。

『ポルノに触れ過ぎると脳がダメになる』

淫乱物も、酒やたばこと同じく、刺激を求めて見続けてしまうという常習性がありますよね。

たとえ、どんなに違う画像を見ても、または違う人と行為に及んでも、結局は「同種類」の快楽なので、同じ刺激を受け続けていることになるのだそうです。

快楽を感じるとドーパミンというホルモンが分泌されますが、超集中状態、超快楽状態が続くとドーパミン過剰を引き起こし、ドーパミン受容体が壊れてしまうそうです。

逆の言い方をすると、快楽欲を制御できなくなると、ドーパミン受容体が壊れるまで刺激を受け続けてしまうという事です。

脳は、何もしないでボーっとしているよりは、感動・快楽などの刺激を受けることで発達します。

しかし、同種類の快楽ではなく、様々な種類の感動を受けて脳を刺激することが、脳を健全に発達させることだという事です。

この理論だと、淫乱物はもちろん、他のものだとしても「依存」することは、同種類の刺激を受け続けるので良くないという事になりますね。

結局、神様のもとで、様々な事をしながら、または神様の様々な御わざを体験しながら生きていくことが一番脳に良いという事ですね!

参考資料↓(核心的に見たい方は4:15くらいからをお勧めします)

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

命のための連携

今回はアメリカでの話。 4/24午前1時ごろ、高速道路にかかる陸橋から飛び降り自殺を図ろうとしている男性がいるとの通報が警察に入り、警察はその高速道路を封鎖。その後、万が一男性が飛び降りた場合の落下距 …

「こだわり」と変化

最近考えたこと。 「こだわり」って若い時はカッコいいと思うけれど、ある程度年齢を重ねてからもずっとあることにこだわり続けていると、逆に愚かな感じになっちゃうな~という事。 下手すると、ただの頑固者にな …

no image

一見弱そうだけど‥

突然ですが、センザンコウという動物をご存知ですか? 私はあまりよく知らなかったのですが、全身装甲で覆われた動物で、丸まってしまうと、どんなに獰猛な肉食獣の爪でも入らないそうです。 そのセンザンコウが百 …

no image

ほんの少しが・・・

数日前から、自転車の前のタイヤの空気がすぐに抜けるという現象が起きていました。 最初は、私の空気の入れ方が悪いのかな?と思い、近所の自転車屋さんで若い店員さんに空気を入れてもらったりしたのですが、それ …

no image

錯視現象

昨日の夜の出来事。 昨日は私用があり、帰りが遅くなって夜道を一人で歩いていました。 早く帰りたかったのでショートカットするために、大通りではなく、住宅街の路地に入って行きました。一応街灯はありましたが …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。