私の自論

ブラックな働き方?

投稿日:

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。

技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラック。

しかし親方サイドでは、自分の時はもっと厳しかった、このくらいやらないと技術は身に付かない、ということらしいです。

労働時間を遵守していると一人前の技術を身につけられない、とする親方側の考えと、無理やり居残りさせられている、サービス残業なんてやってられない、と考える労働者側の認識の違いによって起こっている問題だと思います。

徒弟制度についてはよく知りませんが、とにかく何事も難しい世の中になってるなと思いました。

その記事を見ながら、ふと、自分自身の事を振り返ってみました。今ではなく、牧会していたころ。特に牧会駆け出しのころ。

労働基準法に則れば、私は明らかに違法なほど長時間労働をしていました。特に牧会駆け出しのころは、今よりももっと準備に時間がかかったし、今よりももっと教会の人たち個人個人と密接な関係だったから、個人的に会う時間も多かったし、今ではやらないみんなの食事作りとかあれこれやることも多かったんです。

正直、食事作りやスポーツの後のおやつ配りなどは牧会者がしなければいけない仕事じゃありませんよね。でも当時は違和感を感じるどころか、むしろしてあげたくて率先してしていました。

自分の時間なんてほぼゼロでした。

なので、時には疲れて大変だなと感じたことはありましたが、ブラックだとは思いませんでしたよ。まぁ、神様の仕事ですから、世の中の仕事と同一視はできませんが。もちろん、当時は若かったからできたことです。今同じことはできません。(苦笑)

当時どういう思いだったかというと、「私がいないとこの子たちは生きていけないんだ!」くらいに思ってたんです。今考えると笑っちゃいますよね。相手はもう子供ではなく大学生なのに。恐らくこの思いは聖霊の感動によるものでしょう。

でも、もし、当時「やらされている」という認識だったら、私も辛くなってやめていたと思います。

だから、どんな仕事でも使命でも、自ら能動的にやっているのか、受け身や義務感・責任感だけでやっているのかで感じ方が違ってくるのではないでしょうか。

もちろん、昔の方がよかったなんて思いませんし、労働環境をよりよくして働きやすくすることはとても良いことだと思います。

ただ、「昔と今は違う」という言葉が、物事に取り組む姿勢や精神にも当てはまってしまったら大変なことになるな~と思いました。

信仰の世界では、主への愛が変わってしまったら全てが終わってしまうように、社会の中でも変わってはいけない大切なものがありますね。

情報源→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010000-nishinp-soci&p=1

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

自分を満たそう!

平和を考えるとき、よく「世のため人のため」という事を考えると思います。 恐らく、自分以外の周囲に対してどうすべきかを考えると思うんですよね。 単純なことで言えば、人に良くしようとか、寛容にふるまおうと …

私の研究

今週は「研究」がテーマになってますが、私も以前かなり研究した分野があります。 それは「男女の違い」について。(苦笑) これは以前にもお伝えしたことがあったかもしれませんが。。でもまた敢えて書いてみたい …

霊的な管理

今週は、「失った羊を探しなさい」とおっしゃいました。 これはあくまで私の経験上の話ですが。。 失った羊は必ず事前に兆候があります。本人がシグナルを出しているんです。 それをいち早く読み取れるかどうかが …

no image

根本的な祝福

先月、父に会いに行った日がありました。 私の父はいわゆる認知症で、現在福島県のグループホームで暮らしています。幸い、私の名前と顔は覚えていて、行けば喜んでくれるのですが、なにせ会話が成り立たない。(苦 …

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。