私の自論

ピアノにも旧式が⁈

投稿日:

久しぶりにピアノの話題。

今、バッハを勉強しています。

元々バッハは得意ではなく、どちらかというと苦手意識の方が強かったのですが、なんとなく感動があり、去年の終わりからバッハをやってます。

今回、バッハをやるのはかなり久しぶりになりますが、今までの私のバッハに対する認識を覆されることが多く、レッスンを受けるたびに新鮮で驚いています。

ピアノの奏法、バッハの弾き方などに関することも、時代性があるみたいです。

レッスンを受けながら、最初は頭の中が??だったんですが、だんだん私が子供時代に習った事は旧式だったんだという事を認識するようになりました。

バッハの時代はチェンバロやクラヴィアの時代ですから、当然、バッハが生きていた当時の演奏は現代ピアノのような音は出なかったわけです。ですから、私が子供のころ習った先生は、現代ピアノを使って、より当時に近い演奏をしようとしていた気がします。

しかし、今の先生は、より自然で疲れにくい奏法や、より現代ピアノが生かされる弾き方というのをコンセプトにしているんですね。 せっかく現代ピアノで演奏しているのだから、と。

芸術分野の事なので、どれが正解というのはないのですが、現実的に自分が使っているのは現代ピアノですから、「現代ピアノが生かされる演奏」というのには納得がいきましたし、今はどうやらそちらの方が主流のようです。

ちょっと前までは、「過去にピアノは散々習ったのだし、今更・・」という思いもあったのですが、実際再び習い始めてみたら、ピアノの世界でも「過去」のままでは復活できないということを身にしみて実感しています。

どんな分野でも古い認識のままでは発展できませんね。

まだまだ仕上がりまでは程遠いのですが(笑)、最新の奏法をマスターすべく、溺れない程度に頑張ろうと思います!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

最後まで、きちんと!

今朝郵便ポストを見ると、区の医師会からの郵便が届いていました。 何だろう??と思って開けてみると・・・8月に受けた区の無料健康診断の結果でした。 結果を聞きに行くのをすっかり忘れていたんです。(^^; …

no image

お彼岸のおはぎ

今日は春分の日だと言うのにとても寒かったですね。 ところで、今日スーパーに行ったとき、「プチ十勝おはぎ」と言うのが売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。(^^) 昔からおはぎとか小豆系のもの …

no image

命に対する主の執念

以前私が伝道したけど今では失われた羊となってしまってる子から、私ではなく、当時一緒に迎えに入ってくれていた壮年部の方に連絡があったそうで、今日会ってもらいました。 突然向こうからアクションがあったそう …

みことば研究法

今回は、私が実際にやってきたことをお伝えしようと思います。 今は、主日の説教の核心を5分で話してみるとか、講義を10分で伝えるとか、そういう感じのことはよく見かけますし、それが一般的な勉強法になってま …

no image

全州(チョンジュ)訪問

壮年部ツアーシリーズ最終回です。 今回は、最後にチョンジュ観光というのがツアーに含まれていました。チョンジュはビビンバが有名な所です。また、韓国の伝統的な建物がたくさん残っているところでもあります。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。