私の自論

バレンタインデーの思い出

投稿日:

今日、私用があって出かけたら、繁華街はバレンタインデー商戦で華やかになっていました!

そういえば、もうすぐバレンタインデー。

私自身は昔からバレンタインデーに対してかなり冷めている人だったのですが、実は、その冷めきっていた私にもバレンタインデーにちなんだ忘れられない思い出があります!(多分みんなが期待しているものとは違うと思いますが。。。笑)

それは高校時代のこと。当時は部活の女子部員が男子部員たちに義理チョコをあげる、というのがよくありました。

バレンタインデーが近づいたある日、同じ部活のある女子部員から「私たちもチョコ用意した方が良いのかな~??」と話を持ち掛けられた私は、「え?そんなの別にいらないんじゃない?」と返事をしました。

バレンタインデーって私にとってはどうでも良い行事だったんですね。建て前じゃなくて、本気でそう思っていたんです。だから私の主観でそう答えました。

そうしたら話しかけてきた友人も『そうだよね、いいよね、別に。』と言ってその話はそれで終わりました。結局私の部活では女子部員が男子部員に義理チョコをあげることはありませんでした。

ところで、ちょうどそのころ、体育館の工事か何かで(詳しくは覚えてませんが)、部活が3週間くらいできない期間だったんですね。だから、バレンタインデー前後で部活がなく、男子部員に会うこともなかったのです。

バレンタインデーが過ぎて数日後、私が校舎の廊下を歩いていたところ、偶然ある男子部員とすれ違いました。

すれ違った時はお互いにただ「あ、バイバイ」と言って通り過ぎたのですが、その男子部員が瞬間思い出したように引き返してきて「そういえば!どうしてうちの女子はチョコレートくれなかったの?!すごく楽しみにしていたのに!!すごくショックだった!」と責められたんです!!

私は「え???そうなの??あ~。。ごめん。。ハハッ。。」という感じの返事しかできませんでした。

私にとっても凄く衝撃的だったんです。男子ってバレンタインデーがそんなに大事だったの??もらえないからってショック受けるの?と。

実際、私はチョコレートをあげないことに対して全然悪気なかったんですよ。だから相手がショックを受けてることにショックをけました。(笑)

人の価値観って本当に全然違うんだなと感じた出来事でした。

今となっては笑い話ですが、バレンタインデーが近づくとこの時のことを今でも思い出します。

自分にとっては本当にどうでも良いと思っている事でも、ある人にとっては大事だったりします。

自分がどうでも良いことでも、相手の良心のため、または相手を生かすためにした方が良いこともあるということを忘れてはいけませんね。

(注‼:バレンタインデーには必ずチョコをあげるべき、という話ではありません。)

【参考】(コリント人への第一の手紙8:9)
あなたがたのこの自由が、弱い者たちのつまずきにならないように、気をつけなさい。 (時間のある方は8章全体を読んでみてくださいね)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

まだ行ける⁉

昨日は再教育で久しぶりに集団講義をしました。 最近は、講義の話題にはいつも「久しぶり」と言う単語が出てしまいます。(^^; 実際、約5か月ぶりくらいでした。 私の認識では、私はもう壇上に立つのは引退だ …

悪感情はどこから⁈

ここ数日、人が相手に対して悪感情をもつ時ってどういう時かな?という事を考えてました。 様々な場合があるとは思いますが、大きな要因の一つは「自分が邪険に扱われたと感じるとき」じゃないかと思うんですね。 …

聖書は信仰の基礎

去年から先生が私たちに、もっと聖書を読むように話をしていますし、最近ではチョウン牧師も聖書について強調していますね。 私自身も聖書の重要性について常々考えています。 最新の御言葉を理解するにも聖書の知 …

no image

続ければ効果が出る!

去年の終わりごろから、自分の中ではものすごく健康に気を使うようになっていました。特に食べ物。 元々私は健康優良児のような子だったので、これまでの人生では特に健康に気を使う必要もなく生きてきました。でも …

no image

明日必ず生きられる?

日本には江戸時代から切腹の美学があるせいか、自殺を「生き方の選択の一つ」と考える人々も多くいます。 それだけが理由ではありませんが、実際、日本は自殺者が多い国ですよね。 日本以外でも自殺の問題を抱えて …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。