私の自論

サンタクロースの存在って?

投稿日:

今日は12月26日。クリスマスも終わり、街の雰囲気は一気に年末年始へ向かっていますね。

ところで、今日整体に行ったとき待合室で何気なく読んだ雑誌の投稿欄に、子供にいつ頃サンタがいないことを教えたか?という話題が載ってました。

親御さん側から、自分の子供が10才の時に当然知っていると思って教えたら子供がショックを受けていて教えたことを後悔したとか、思ったより自分の子が純粋でびっくりしたなどの投稿があったり、自分が子供のころ、小学生のころから本当は知っていたけど、中2まで知らないふりして親に直接おねだりできないようなプレゼントをサンタさんにお願いするという形でもらっていた、などの思い出話もありました。(笑)

その中で、ある親御さんから『自分がサンタになってあげられるうちはずっとサンタでいたい。プレゼントをもらった時の子供の笑顔が何にも代えがたい喜びでもあるから。私がサンタをさせてもらっている。』という投稿がありました。

それを読んで心がじ~んと来ました。これが愛する喜びだなと。きっと神様の心もこうなんだろうなと。

現代社会は世の中が殺伐としているせいもありますが、愛することより愛されることを望んでいる方が多いように感じます。しかし、本当は愛する喜びが大きいのだな、と改めて感じました。

そう思ったら、サンタクロースという存在は一見子供のためでもあるけれど、大人が愛を与える喜びを味わう絶好のチャンスでもあるのではないかと思えてきました。

実際、キリスト教とサンタクロースは直接的には関係がありませんが、こんなにも世界的に広まっているという事は、やっぱり神様が仕掛けたイベントかもしれないな、と。

愛を分かち合う世界。無償の愛の世界。これはキリストの心でもあります。サンタクロースは、キリストの聖誕を祝うクリスマスにそれを思い起こさせ、実践させる存在なのかもしれませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

苦手を克服するには???

誰でも苦手な事ってありますよね?もしなければその人は神様のように完璧な人だと言えます! 私は普通の人なので当然苦手なことがあるのですが、中には克服できたかな?というものもあります。それをどう克服したの …

no image

人が心を開く時

オウム真理教の林郁夫受刑者を存知ですか? 本職は医者。地下鉄サリン事件の実行犯の一人であり、サリン事件の実行犯で唯一死刑ではなく、無期懲役の判決が出た人です。 彼は最初サリン事件の重要人物とはみなされ …

no image

令和

昨日、新元号が発表されましたね! 『令和』。皆さんはどう感じましたか? 私は『レイワ』という音の響きが、キラキラネームとまではいかないまでも結構モダンな感じだなと思いました。(あくまでも私の個人的な感 …

困難の後の変化に期待

とうとう3月から(つまり来週から)日本全国の小・中・高の全ての学校に休校命令が出てしまいましたね。 私は医者でもないし科学者でもないので、これが良いのか悪いのか、効果があるのかないのかなどは正直よくわ …

no image

チョコレートはどこから?

バレンタインデーが近づいていて、街中でもチョコレートの特設会場など出てきてますね。 実は私、バレンタインデーにまともにチョコをあげた経験がない。。ハハッ​ まぁ、それはさておき。。 チョコに関してちょ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。