私の自論

サンタクロースの存在って?

投稿日:

今日は12月26日。クリスマスも終わり、街の雰囲気は一気に年末年始へ向かっていますね。

ところで、今日整体に行ったとき待合室で何気なく読んだ雑誌の投稿欄に、子供にいつ頃サンタがいないことを教えたか?という話題が載ってました。

親御さん側から、自分の子供が10才の時に当然知っていると思って教えたら子供がショックを受けていて教えたことを後悔したとか、思ったより自分の子が純粋でびっくりしたなどの投稿があったり、自分が子供のころ、小学生のころから本当は知っていたけど、中2まで知らないふりして親に直接おねだりできないようなプレゼントをサンタさんにお願いするという形でもらっていた、などの思い出話もありました。(笑)

その中で、ある親御さんから『自分がサンタになってあげられるうちはずっとサンタでいたい。プレゼントをもらった時の子供の笑顔が何にも代えがたい喜びでもあるから。私がサンタをさせてもらっている。』という投稿がありました。

それを読んで心がじ~んと来ました。これが愛する喜びだなと。きっと神様の心もこうなんだろうなと。

現代社会は世の中が殺伐としているせいもありますが、愛することより愛されることを望んでいる方が多いように感じます。しかし、本当は愛する喜びが大きいのだな、と改めて感じました。

そう思ったら、サンタクロースという存在は一見子供のためでもあるけれど、大人が愛を与える喜びを味わう絶好のチャンスでもあるのではないかと思えてきました。

実際、キリスト教とサンタクロースは直接的には関係がありませんが、こんなにも世界的に広まっているという事は、やっぱり神様が仕掛けたイベントかもしれないな、と。

愛を分かち合う世界。無償の愛の世界。これはキリストの心でもあります。サンタクロースは、キリストの聖誕を祝うクリスマスにそれを思い起こさせ、実践させる存在なのかもしれませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

実践すると悟る!

皆さん、聖書を読んだり、講義や説教を聞いたりしながら「あ、そうか!」と感動することがあると思います。 これを「悟った」というのか、「理解した」というのか。。。 本当に礼拝中に聖霊が下って「悟った」とい …

no image

出来る女って?

最近思うこと。特に女性に関して。 現代女性に関する言葉で、以前にはなかった言葉がいろいろありますよね。 美魔女、大人女子、でき女、勝ち組、育児ノイローゼなどなど。。 自分の母親を思い浮かべた時、どの言 …

no image

カッコいい生き方って?

根性主義はいけないとか、「頑張れ!」と言うのは相手に負担をかけるから良くないなどと言われてから久しいですよね。 でも、今日、ふと、人々が感動するシーンって根性や頑張りが見られるときじゃないのかな?とい …

no image

たまには・・・やってみようかな⁈

突然ですが、皆さんは行列に並ぶことを苦にしないタイプですか?それとも嫌がるタイプですか? 私は明らかに後者で、行列を見ただけでアッサリ諦めることがあります。ものすごく時間の無駄だと感じてしまうんですね …

no image

正論だけで良い?

私たちは、正論を強調するあまり、人々から誤解を招くようなことがないように、注意しなければいけません。 勿論、私たちの目的は霊魂の救い、引き上げであり、この世の栄華を極めることではありません。 ですから …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。