私の自論

サンタクロースの存在って?

投稿日:

今日は12月26日。クリスマスも終わり、街の雰囲気は一気に年末年始へ向かっていますね。

ところで、今日整体に行ったとき待合室で何気なく読んだ雑誌の投稿欄に、子供にいつ頃サンタがいないことを教えたか?という話題が載ってました。

親御さん側から、自分の子供が10才の時に当然知っていると思って教えたら子供がショックを受けていて教えたことを後悔したとか、思ったより自分の子が純粋でびっくりしたなどの投稿があったり、自分が子供のころ、小学生のころから本当は知っていたけど、中2まで知らないふりして親に直接おねだりできないようなプレゼントをサンタさんにお願いするという形でもらっていた、などの思い出話もありました。(笑)

その中で、ある親御さんから『自分がサンタになってあげられるうちはずっとサンタでいたい。プレゼントをもらった時の子供の笑顔が何にも代えがたい喜びでもあるから。私がサンタをさせてもらっている。』という投稿がありました。

それを読んで心がじ~んと来ました。これが愛する喜びだなと。きっと神様の心もこうなんだろうなと。

現代社会は世の中が殺伐としているせいもありますが、愛することより愛されることを望んでいる方が多いように感じます。しかし、本当は愛する喜びが大きいのだな、と改めて感じました。

そう思ったら、サンタクロースという存在は一見子供のためでもあるけれど、大人が愛を与える喜びを味わう絶好のチャンスでもあるのではないかと思えてきました。

実際、キリスト教とサンタクロースは直接的には関係がありませんが、こんなにも世界的に広まっているという事は、やっぱり神様が仕掛けたイベントかもしれないな、と。

愛を分かち合う世界。無償の愛の世界。これはキリストの心でもあります。サンタクロースは、キリストの聖誕を祝うクリスマスにそれを思い起こさせ、実践させる存在なのかもしれませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

格好良く!

誰でも格好良くなりたいし、格好良く生きたいですよね。 「格好良く」とまでいかないにしても、「うまくやりたい」とは思うでしょう。実際、うまくやっている人を見て、あの人格好いいな、と思うんじゃないですか? …

人生、やった者勝ち

私は自分で言うのもなんですが、今の使命も含め、わりと新しい分野に挑戦してきたタイプだったと思います。 牧会していた時はいち早くインターネットを使って伝道していましたし、SS伝道や壮年部伝道もしていまし …

no image

専門家により復活!

以前、このブログでもお伝えしたことがありますが、数か月前から再びピアノを習い始めています。何十年ぶり??(笑) 学生時代のようには練習できませんが、マイペースで学んでいます。 それで先日、ピアノの発表 …

no image

今週の挑戦!

もう金曜日の夜です。一週間があっという間ですね。 今週は、私の中では新しいことを二つ始めました。どちらも自分の使命に関することです。 自分の使命に関しては日々主に願い求めていて(皆さんそうだと思います …

no image

初めての税務署

実は今日、生まれて初めて確定申告をするために税務署へ行ってきました。(苦笑) ここ数年で私の周囲の状況があれこれ変わって、申告しなければいけなくなったんです。 初めてでよくわからなかったので、相談窓口 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。