私の自論

サンタクロースの存在って?

投稿日:

今日は12月26日。クリスマスも終わり、街の雰囲気は一気に年末年始へ向かっていますね。

ところで、今日整体に行ったとき待合室で何気なく読んだ雑誌の投稿欄に、子供にいつ頃サンタがいないことを教えたか?という話題が載ってました。

親御さん側から、自分の子供が10才の時に当然知っていると思って教えたら子供がショックを受けていて教えたことを後悔したとか、思ったより自分の子が純粋でびっくりしたなどの投稿があったり、自分が子供のころ、小学生のころから本当は知っていたけど、中2まで知らないふりして親に直接おねだりできないようなプレゼントをサンタさんにお願いするという形でもらっていた、などの思い出話もありました。(笑)

その中で、ある親御さんから『自分がサンタになってあげられるうちはずっとサンタでいたい。プレゼントをもらった時の子供の笑顔が何にも代えがたい喜びでもあるから。私がサンタをさせてもらっている。』という投稿がありました。

それを読んで心がじ~んと来ました。これが愛する喜びだなと。きっと神様の心もこうなんだろうなと。

現代社会は世の中が殺伐としているせいもありますが、愛することより愛されることを望んでいる方が多いように感じます。しかし、本当は愛する喜びが大きいのだな、と改めて感じました。

そう思ったら、サンタクロースという存在は一見子供のためでもあるけれど、大人が愛を与える喜びを味わう絶好のチャンスでもあるのではないかと思えてきました。

実際、キリスト教とサンタクロースは直接的には関係がありませんが、こんなにも世界的に広まっているという事は、やっぱり神様が仕掛けたイベントかもしれないな、と。

愛を分かち合う世界。無償の愛の世界。これはキリストの心でもあります。サンタクロースは、キリストの聖誕を祝うクリスマスにそれを思い起こさせ、実践させる存在なのかもしれませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ただのティーブレイク

昨日、私が受け取るべきものがあったため、それを受け取るために新宿まで行きました。 私の用事はメンバーから受け取るべきものを受け取って終わりだったんですが、せっかくだからちょっとお茶でも、ということで、 …

no image

女子アスリートたちの健康管理

政府が女子アスリートたちの健康管理の支援に乗り出した、という記事を見ました。 これは女性たちにとって本当に嬉しい知らせだと思います! 私はアスリートじゃありませんが、以前からこの件に関して気になってい …

no image

知ってびっくり!

無知って恐ろしいな、と改めて実感する出来事がありました。 今日、日帰りで福島県にいる父に会いに行ったのですが、その際、行きは高速バスを使いました。 高速バスで私の隣の席に座った方が少し年配の女性だった …

no image

素敵な見せ方

先週、サムネイルを作った時にインストールした写真アプリを使っていろいろ試してみました。 聖句を素敵に見せたいなと思って。 こうやって聖句を取り出してみると、とてもロマンチックな詩に見えますよね! 我な …

挑戦と維持

表題の通り、挑戦と維持について、自分の体験をもとにお話ししようと思います。 私は基本的に好奇心旺盛な性格なので、挑戦することは好きな方です。挑戦して目標に挑むワクワク感が結構好きだし、何かに向かって熱 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。