私の自論

ゲーム感覚

投稿日:

昨日、ちょっと気になって、仮想通貨について調べてみました。

特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換することで入手でき、一部の商品やサービスの決済に利用できる。
(中略)
なお電子マネーを広義の仮想通貨に含める考え方もあるが、電子マネーは商品券のように発行会社が取扱いをやめても残高分は払い戻してもらえるのに対し、仮想通貨は利用者の信用のみに基づいているので、まったく価値がなくなるリスクもあるという点で異なる。』

(日本大百科全書(ニッポニカ)より抜粋)

全文引用すると長くなるので一部抜粋しました。

もう最初の一文を読めば、危険なものだと分かりますね。『特定の国家による価値の保証のない通貨』ですから。

しかも、発行会社が取り扱いをやめたら、まったく価値がなくなるリスクもあるのです。

でも、なぜ流行っているかと言うと、中央銀行を経ない分、決済がスムーズだったり手数料がかからなかったり、政治的な影響は受けにくいらしいのです。中間の手続きが省けるから便利なわけですよね。中央銀行の監視がないから好き勝手にできますし。ただその分、違法取引やテロの温床などにもなるようです。

だからやっぱり怖いですね。実際、先日日本でも580億円という大金を一瞬で失う事件がありましたし。

恐らく、札束で580億円盗もうとしたら、結構大掛かりになるし、きっと目立ちますよね。でも、仮想通貨ならインターネット上で、人影もなく、音もなく、監視カメラに映ることもなく奪うことができるわけです。

私は個人的には、カードの利用もよっぽどのことがない限り控えてます。手に持っている現金が減っていくのを目で見れば、減っていく実感が湧くので使い過ぎはないと思いますし、実際に財布からお金が無くなれば買えません。

逆に、増えた時の喜びも現金の方が大きくないですか?(笑)

でも、ネット上のやり取りだとお金の実感がわかないから危険です。

何事も、実感がなくやり続けられるというのが危険な気がします。ゲーム感覚になりますから。

ゲーム感覚は何事も危険です。犯罪もゲーム感覚だと罪意識がありません。実際そういう犯罪が増えてますよね。

人の痛み、温かさ、善悪の感覚等、全てにおいて、実感がわかない、無感覚、ゲーム感覚になることから道を外れていく気がします。

信仰生活も、愛も、実感がわかない、と言うのは危険が潜んでいると思います。

勿論ゲーム感覚で信仰生活をしている人はいないとは思いますが、ただなんとなくしていると、最終的には怖いことになるのでは?

だからこそ、みことばを実践して直接肌で感じることが大事なんだと思います。

何でもでデジタル化され、手間暇がかからなくなったこんな時代だからこそ、「直接肌で感じる」ことを軽視してはいけませんね。

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

良いことなのだけれど。。。

給食の完食指導で児童が嘔吐し、指導した女性教諭を口頭で厳重注意処分に処したという記事を見ました。 昔式の教育だと、「残さず食べる」ことが美徳でしたよね?でも、今でもそういう教育をしているのかと驚きまし …

no image

挑戦した時功績が残せる!

表題の件について、私の経験をもとに、挑戦した時としない時の違いや挑戦するときの注意点などお伝えしたいと思います。 まず大前提として、自分は功績を残したいか、それとも無難に過ごせれば良いと考えているかを …

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

自分を満たそう!

平和を考えるとき、よく「世のため人のため」という事を考えると思います。 恐らく、自分以外の周囲に対してどうすべきかを考えると思うんですよね。 単純なことで言えば、人に良くしようとか、寛容にふるまおうと …

no image

衝撃的な貼り紙

先日、このブログで「外のものはどうでも良い?」という題名の記事を書きましたが、今回はその続編です。 「外のものはどうでも良い?」という記事では、うちの近所のコンビニでイートインのごみ箱が使えなくなった …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。