私の自論

カッコいい生き方って?

投稿日:

根性主義はいけないとか、「頑張れ!」と言うのは相手に負担をかけるから良くないなどと言われてから久しいですよね。

でも、今日、ふと、人々が感動するシーンって根性や頑張りが見られるときじゃないのかな?という考えが浮かびました。

例えば、オリンピックなどスポーツでは、死闘を繰り広げた場面とか、不屈の精神で頑張ったとかが「名場面」として人々の記憶に残っているし、芸術でも、渾身の演奏や演技など、それが伝わってくる時に人々が感動すると思うんです。

なんとなく、スマートにうまくこなしているような状況だと、凄いな、とは思うかもしれませんが、感動、とはいかない気がします。

極端な話、場合によっては、金メダリストよりも記憶に残る選手がいたりしますよね。結局、「感動」が人々に影響を与えるということなんだと思います。

先生を見てもそうですよね。

今、現代人は何事もスマートにやろうとし過ぎているんじゃないのかな?という気がします。イマドキ汗水流して苦労して成し遂げる、というのは好まれないんでしょうね。

でも、私たちは、人々に影響を与えないといけない使命です。

ただスマートにうまくこなすだけでは、人々に何の影響も与えない気がします。

キリストの香りって何でしょうか?愛?平和?柔和?勿論そうですけど、それは結果であって、結局は生き様だと思うんです。

わざとキリストの香りを放とうとして放てるものではなく、キリストの生き方をしてみた結果、自ずと愛や平和の香りが放たれていくのではないでしょうか?

講義一つとっても、ただうまい講義よりも、渾身の講義が相手に感動が下ると思うんですね。

そのためには、やっぱり、地道な努力、根性、頑張りは避けて通れないんじゃないのかな。

本当にカッコいい生き方って何なのか、考えてみないとですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

私たちのスクープ!

今日は、未香さんと一緒にちょっと郊外の教会に行きました! いつものように、礼拝後の広告の時間に私たちの活動の紹介をしに行ったんです。 礼拝も広告も全てが終わって、牧会者にお礼のあいさつをしに行ったとき …

良い人になるだけでは。。。

ちょっとまた衝撃的な内容になるかもしれませんが、私自身が体験して感じていることをお伝えしますね。 「天国」とか「理想世界」とかいう言葉を聞くと、イメージとしては、ほんわかした雰囲気で明るく穏やかで自分 …

霊の階級

以前(20年以上前)、まだ宣教師がいたころですが、「霊的なお祈り会」というのをしていた時期がありました。 それはどういうものかというと、「霊界の窓」と呼ばれる霊の使命者(霊や幻を見たり異言の通訳などを …

no image

隣の住人(恐らく最終回)

今朝、家の玄関の外がバタバタするな、と思ってそっとドアを開けて見てみたら、引っ越し業者のような人たちが隣の家のモノを次々と運び出していたんです。 私の家のドア付近にも段ボールが積まれていたため、私が顔 …

no image

銭湯文化

昨日のことになりますが、主日の説教を無事に終えた後、午後からラジオ番組二回分の録音(来週は海外にいるので)を終えて、家に帰ってから「今日は一日働いたから、今夜はゆったり過ごそう」と思い、近所の銭湯に行 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。