女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

オリジナルの恩恵

投稿日:

昨日、ふと、常にオリジナルを確認できるというのは、とても恵まれていることだし、戸惑わなくて良いことだな、と思いました。

よくある話ではありますが、長年いるベテランがたくさんいると、心強くもありますが、人によって言うことが違ったりとか、そういう問題ってありますよね。(^^;

この先輩とあの先輩の言ってることが違う等のことって、多かれ少なかれ誰でも経験があるんじゃないかと思うんです。

言われる方は戸惑ってしまいますよね。どっちが正しいの?と。

でも、人間だけの組織だとそれも仕方ないように思います。口伝えや言い伝えだけだと、伝言ゲームと変わりないですから、どうしてもズレが出てくると思いますし、もっと言うと、人はその時の気分や状況で考えることが変わりますから、同じ人があの時とこの時で言うことが違ったりすることもありますよね。

だからこそ、原本の御言葉が誰でも読める、ということが大きいなと思いました。

たとえ人によって言ってることが違っても、自分が原本を確認できますから。

逆に言うと、常に自分で原本を確認しないでいると、世の中でよくあるように「ああ言われた」「こう言われた」で戸惑ってしまうと思います。

だから原本を確認することは責任分担ですね。

与えられている、と言うことは、それに伴って責任分担が発生するということでもあると思います。

私たちはたくさん与えられているから、たくさん責任分担があるということです。でも、これが人に左右されずに楽に生きる方法だな、とも思います。まさしく神様の方法ですね。

主を最優先に、ということも結局は私たちが戸惑わずに生きるための最善の方法なんだと思いました。

やっぱり神様の方法は最高ですね!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

最後まで走れるように!

今私が住んでいるマンションは1階がスーパーなんですが、時々、そのスーパーの入り口に、女性専用のスポーツクラブ(体操教室?)の人が勧誘に来るんです。 スーパーには主婦が必ず来ますからね。 私はそのスーパ …

no image

おばあちゃん達の本音トーク

今日は数か月ぶりに近所の銭湯に行ってきました! やっぱりお風呂はいいですね。こういう時、自分は日本人なんだな、と実感します。(笑) ところで、銭湯の更衣室で、おばあちゃん3人組が大きな声で本音トークを …

no image

ふれあいという愛

ここ一か月くらい、毎週日曜日の夜に近所の銭湯に行ってます。家から2,3分のところに銭湯があるんです。 自分の家がユニットバスのため、基本的にはシャワーのみなんですが、自分の健康のために、週一くらいは行 …

no image

複雑な世の中

昨日、ちょっとした私用があり、普段は行かない所の街中を歩きました。 そうしたら、『家出人110番』という看板が目に入り、ちょっと衝撃を受けました。 看板を見ただけで中には入ってないので正確には分かりま …

no image

落ち葉掃除

今日は、いつも使う地下鉄の最寄り駅ではなく、JRの駅の方に用事があり、終わってからその駅の近くにある散策路をちょっとだけ散策してから帰ってきました。 凄く風情のあるところなんです。 今日は曇りですが、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。