私の自論

インフルエンザになりにくい体質はある?

投稿日:

今、インフルエンザが大流行だそうですね。東京では患者数が過去最高だそうです。

そんな中、私は今のところ今年もかかっておらず感謝しかありません。先日喉が痛くなった時も一応インフルエンザの検査をしたのですが(医者が勝手にした)陰性でした。

実は私、人生でインフルエンザに罹ったことが一度もないんです。小学生の時に自分のクラスが学級閉鎖をした時もピンピンしてました。(笑)

でもインフルエンザに毎年罹ってしまうような人もいますよね?物凄く気を使っているにもかかわらず。それでインフルエンザにかかりやすい体質とかあるのかな~と思って調べてみました。

あれこれ調べた結果、どうやら『絶対にインフルエンザに罹らない体質』というのはないようです。

インフルエンザに罹ったことがないと自称する人たちは以下の三つのどれかに当てはまるのだそうです。

  • たまたま感染していない
  • 感染したが発症していない(不顕性感染)
  • 感染発症したが、症状が軽く、気付かない

うむ。。。私はどうなんでしょうねぇ。。実は気付いてないだけ?それとも発症してないだけ?よくわかりません。(^^;

また、血液型による違いもあるそうです。O型は一番罹りにくく、AB型は一番罹りやすいのだそうです。ちなみに私はO型。とは言っても、O型は絶対に罹らないというわけではありません。

その他にも体形や食べ物の好みなどによる違いもあるようですが、いずれにしても決定的な違いとは言えないようです。

結局・・・インフルエンザに罹る人と罹らない人の違いはよくわかりませんでした。今のところ体質の違いは「ない」ということのようですね。

というわけで、私自身は凄い確率でたまたま罹ってないのか、罹ってるけど分からないだけかのどちらかのようです。今回調べてみて、不顕性感染というのを初めて知りましたが、そうだとしても自覚症状がないのは感謝すべきことだなと思いました。

一方、こういう時、クリスチャンが陥りがちな不幸な考え方は、病気になると『自分に罪があるのか?』とか『これは裁き?』などと思ってしまう事。

この際、ハッキリさせておきますが、インフルエンザと霊の救いは関係ありません!!

変なところで信仰心を出さないで、普段は健康管理に気を配りながら、罹ってしまったら開き直って治すことだけを考えたら良いと思います!公的に休むチャンスを与えられたようなものですからね。もしかしたら「休みなさい!」という神様の啓示かもしれません。

とにかく、インフルエンザが大流行している今、健康に関する自分の責任分担は果たしながらうまく乗り切っていきたいですね!

参考:【とくダネ!】インフルエンザ徹底攻略!かかりやすい人、かかりにくい人まとめ

https://www.piconyan.net/inhuruenza/

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

悪感情はどこから⁈

ここ数日、人が相手に対して悪感情をもつ時ってどういう時かな?という事を考えてました。 様々な場合があるとは思いますが、大きな要因の一つは「自分が邪険に扱われたと感じるとき」じゃないかと思うんですね。 …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

神様の御心

自分に対する神様の御心って?? それは誰も分からないです。 なぜかというと、「神様、これは御心ですか?」と聞いても言葉では返事が返って来ないから。 だからと言って人に聞いても分かりません。 その人は神 …

no image

同じ単語でも…

今回は、同じ言葉・単語でも人によってこんなにも受け取り方が違うのか、という事を強烈に認識した体験をご紹介しますね。 実は私、過去に日本語教師をしていたことがあるんです。 その時、初級クラスの授業を受け …

no image

石積み体験

またまた済州島の話題。伝えたいことがたくさんあって。。(^^; 済州島の牧師さんで、石の塀を作る専門家がいらっしゃいます。済州島は、日本の沖縄や石垣島のように、石垣の町なんです。 その牧師さんは石を積 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。