私の自論

アナウンサーは芸能人?

投稿日:

ネットのニュースで、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが芸能界を引退する、という記事の見出しを見ました。

私は特に彼女のファンというわけでもなかったし、記事も詳しくは見てないんですが、見出しを見てふと違和感を覚えました。たぶん私の頭が古いからだとは思うんですが。。。

見出しを見た瞬間、「芸能界引退って。。。アナウンサーって芸能人?」と思ったんです。つまり、私の頭の中ではアナウンサーは芸能人じゃなかったんです。

今はどのTV局でも女子アナがもてはやされて、芸能人並みにバラエティー番組に出たり、いちいち結婚がニュースになったりしていますが、これは最近の傾向だと思います。

実は私、小学校高学年くらいから中学生のころにかけて、アナウンサーにあこがれてたんです。でも、当時の私の中のアナウンサー像は、スーツ姿をバシッ決めて、落ち着いた声でニュースを読んだり、真剣に事件現場のレポートをしたりなど、かなり威厳のある硬派なイメージでした。

逆に芸能人には全く興味ありませんでした。私の中ではアナウンサーと芸能人は全く別世界の感覚だったんです。

なので、アナウンサーが芸能界引退、という言葉にちょっとびっくり。(苦笑)

芸能人についても、私の中では、歌が凄くうまいとか、演技がうまいとか、そういう人が芸能人でした。だから、そもそもアナウンサーと芸能人の仕事は別物というイメージだったんです。

今は何でも壁が取り除かれる時代。いろいろ融合したり、何でもありの時代。それによって新たな発想が生まれ、幅が広がっていく。。。それ自体はもちろん良いことだと思います。

ただ、なんとなく。。。きっちり分かれて専門性がはっきりしていることも必要かな?という気もするんです。混ざるとどうしてもそれぞれの敷居が低くなり、取り付きやすい面はあるものの、その分野に対する権威や威厳が下がっちゃう気がするんです。まぁ、それが弊害だ、という意見もあるわけですけどね。

多分、今の女子アナだったら私の憧れの対象にはならなかったと思います。

かつての私が憧れていたアナウンサー像が無くなっていくのがちょっと寂しい気もします。

壁が取り除かれ、多様化や融合が叫ばれる時代ですが、そういう今だからこそ、敢えて壁を作って専門性に特化し、そこで個性の光を放つのもいいんじゃないかな、と思う今日この頃。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

悪が悪にはまる⁈

私は政治家じゃないし、政治について何か論じるつもりはないんですが、最近の野党の言動を見て、ふと思ったことがあるので書いてみようと思います。 今はインターネットで国会審議などがそのまま流されてしまうので …

大人の信仰を持とう!

昨日(11/15)の説教を聞いて、何となく心が痛みました。 先生がいろんなことで大変なんだなと思ってしまって。 先生の役割って、本来は、御言葉を伝えるだけで十分なんですよね。 なぜって、それが人々の救 …

no image

本当は怖い「アイドル」

英語の得意な方にとっては、当たり前でしょ?という話なんですが、私は今日発見したので書かせていただきます! 最近「アイドル活動」という言葉を、世の中の記事で目にするようになりました。 たとえば、「アイド …

no image

本当にあった不思議な話

今日はちょっと趣向を変えて、表題の通り「本当にあった不思議な話」をしたいと思います。 私が幼稚園生だったか小学生になったばかりだったかの頃。当時はまだ日本全体がお互い警戒心がなくのんびりしていて、普段 …

no image

躓かないのも武器

今日は、壮年部のメンバーとランチしてきました! 面談でもなく、相談でもなく、ただのランチです。 あれこれおしゃべりして、途中で店も移動してトータル6時間会ってました。(^^; 実は昨日もメンバーとラン …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。