私の自論

ほんの少しが・・・

投稿日:

数日前から、自転車の前のタイヤの空気がすぐに抜けるという現象が起きていました。

最初は、私の空気の入れ方が悪いのかな?と思い、近所の自転車屋さんで若い店員さんに空気を入れてもらったりしたのですが、それでも前のタイヤだけがすぐペコペコな感じになるので、もしかしてパンクかも??と思い、今朝恐る恐る自転車屋さんに行きました。

行く途中、タイヤの交換か?チューブの交換か?費用はいくらかかるのかな?時間はどれくらい??などなどあれこれ考えが巡りました。

そうして実際に自転車屋さんに見せたら・・・何のことはない。自転車の空気を入れる差し込みの細いパイプのゴムが劣化して亀裂が入っていたんです。それが空気が抜ける原因だと。

劣化したもの自体は無料で交換してくれて、空気を入れ直し、ほんの1,2分で全て解決してしまいました!

あまりにもあっけなくて拍子抜けしました。(^^;

帰り道、快適になった自転車をこぎながら、劣化したゴムに亀裂が入っただけでタイヤ全体の空気が抜けてしまうなんてある意味凄いな、と思いました。

実際に見たんですけど、亀裂自体はほんの数ミリだったと思います。こんな小さなことでもタイヤ全体に影響を及ぼすんだ、と感慨深くなりました。

きっと私たちもそうなんだろうと。ほんの少し直さないといけない所があって、その「ほんの少し」があるために自分や周りに不都合が起こるんだな~と。

実際、先生も「もう少し」とよくおっしゃいますからね。きっと本当にもう少しなんだと思います。

それにしても・・・今回の場合、原因が「劣化」という事が、まるで私を象徴しているかのようで非常に引っかかりました。(苦笑)

きっと私の中に劣化したものがあるのだと思います。

年を取ることは避けられませんが、たとえ小さなことでも自分の中の劣化した部分は早く新しいものに交換しないといけないなと思いました。空気が抜けたペコペコのタイヤのような人生では困りますからね。(^^;

日々万物を通して私にメッセージを与えて下さる神様に心から感謝します💛

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

本当にあった不思議な話

今日はちょっと趣向を変えて、表題の通り「本当にあった不思議な話」をしたいと思います。 私が幼稚園生だったか小学生になったばかりだったかの頃。当時はまだ日本全体がお互い警戒心がなくのんびりしていて、普段 …

最初から

研究シリーズ第三弾! 今回は、研究というより、私自身がやりにくいと感じて変えたことをご紹介します。 それは。。はかりごとや隠しごとはできる限り無くすこと! これは性格にもよるかもしれませんね。(笑) …

no image

最後まで、きちんと!

今朝郵便ポストを見ると、区の医師会からの郵便が届いていました。 何だろう??と思って開けてみると・・・8月に受けた区の無料健康診断の結果でした。 結果を聞きに行くのをすっかり忘れていたんです。(^^; …

no image

働き方はそれぞれ

ちょっと面白い記事を見ました。 インドで寿司店を経営している人の体験らしいですが、無断欠勤が多かった現地スタッフに対して、週4勤務にしたら無断欠勤が無くなった、と言うことなんです。 これによって、経営 …

no image

生きるための知識

警視庁の災害対策課のTwitter公式アカウントで「道具を使わない缶詰の開け方」を紹介しているそうです。 それによると、缶詰の底をコンクリートやアスファルトに円を描くようにこすりつけるとフチの接合部分 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。