私の自論

ふれあいという愛

投稿日:

ここ一か月くらい、毎週日曜日の夜に近所の銭湯に行ってます。家から2,3分のところに銭湯があるんです。

自分の家がユニットバスのため、基本的にはシャワーのみなんですが、自分の健康のために、週一くらいは行こうと思って行き始めました。せっかく近所にありますからね。

それで、毎週日曜日の夜に行くと必ずいるおばちゃん3人組がいるんです。多分60~70代くらいかな。

今日、行ったらその3人組のうちの1人の方が、私の顔を見て「あ、来た!こんばんは~。」と声をかけてくれたんです。

私も彼女たちを認識してたけど、おばちゃんたちも私の顔を認識してたんだな、と思ってうれしくなりました。

そして帰る時、おばちゃんたちが脱衣場でおしゃべりに花を咲かせているところを邪魔しないようにちょっと微笑みながら会釈して出て行こうとしたら、「また会おうね!」と手を振ってくれました。

その挨拶以外言葉を交わしたわけでもなく、名前もわからないし、住んでるところも知りませんが、こうやってあいさつする人がいる、ということも祝福だな、と思いました。

だって、素直に幸せな気持ちになりますものね。

挨拶したり、手を振ったり、微笑みかけたり…こういうちょっとした触れ合いも、大きな『愛』ですね!!

神様と共に、みんなで愛を分かち合って生きていきたいですね!!💛

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

声を出さなくて済む社会へ?!

数日前、たまたま夕方ごろ近所の八百屋さんの前を通った時、 ふと思いました。 最近の世の中は、何もしゃべらなくても過ごせるような方向にどんどん進んでいるな~と。 八百屋さんの「いらっしゃ~い!!今日は〇 …

no image

考えを変えてみると・・・

最近、自分が躓く時やイライラする時について考える機会がありました。 私の場合、自分がやろうとしていたことが自分以外の要因で予定通りに行かない時、特に遅れる時にイライラするな、ということを認識しました。 …

no image

個人主義のみでは・・・

先日、うちの隣の家でちょっとした騒動がありました。 急に外が騒々しくなったので窓からのぞいてみたら警察と消防が来てバタバタしていたんです。 どうやらうちの隣の家に入ろうとしているらしい。。 さすがに隣 …

no image

聖書の影響力

昨日、三笠宮崇仁殿下が薨去されました。 100歳ってすごいですね。 ご高齢による心不全と発表されてましたが、たぶん、一般人なら「老衰」ということだと思います。 つまり、大往生なさったわけです。 この三 …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。