私の自論

どんなことも悟りに!

投稿日:

今日は出先からの帰り道、久しぶりに本屋へふらっと立ち寄りました。

いろんな本が陳列されている中、ふと私の目に留まった本がありました。それは「筋トレが人生を変える!」という本。(すみません、タイトルが正確じゃないかもしれません。)

思わず苦笑しながらその本を手に取り、著者の略歴や目次等を立ち読みしてしまいました。

著者は20代後半の日本人男性ですが、アメリカに渡ってから筋トレと出会い、そこから人生が変わった、という事らしいです。

筋トレして体がシェイプされて健康体になっただけではなく、性格まで変わり、ポジティブ&アクティブな人生に変わったのだそう。

まさしく「筋トレ哲学」を情熱的に書き綴っていたのでした。

なんだかすごく感動したんですが、何に感動したかというと、本の内容じゃなくて、神様って何事も悟りに変えるように啓示を与えて下さるんだな、という事。

筋トレを通してここまで人生の悟りを得、本まで書いてしまうなんて、本当に感心しました。人が神様と波長が合うと何事からも啓示を受けられるんだな、と。

だって筋トレ一つで哲学的な本が書けてしまうんですよ!

ところで、私は中高運動部でしたので、当時は散々筋トレをやりましたけど、特に何の悟りもありませんでした。(^^;

もっと霊的に取り組んでいたら今頃本が書けたのかな???(笑)

過去に自分もやっていた事で本を書いている人を見ながら、自分も本当は本が書けるくらいの悟りを与えられていたのに気付かなかっただけなんじゃないかな、と思いました。

先生の話が面白いのは、卓上の空論じゃなくて全て実生活を通しての悟りだからですよね。しかも、特別な大事件などではなく、全て誰にでも起きる身近な出来事ばかり。

実際、神様は私たちに常に啓示を与えて下さっているんですよね。

私も日々もっと天に波長を合わせなければと悔い改めつつ、神様からのメッセージをたくさん受けとりたいな、と改めて感じた次第です。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

聞き上手

最近読んだ本の中で印象的な言葉がありました。 それは喧嘩などの争いで 『言い争いというのはあるけれど、聞き争いというのはない』 というもの。確かに、喧嘩するときなどは言葉が双方から立て続けに出てきて『 …

no image

発信の力

竹田恒泰さんをご存知ですか? 彼は、明治天皇の末裔とされる方で、TV出演などもされ、現在も各方面で様々な活動をされている方です。 当然のことながら天皇家のことや皇族関係の事に詳しく、それに関するコメン …

no image

ブラックな働き方?

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。 技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラッ …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

no image

正しい知識を!

文部科学省の実態調査によると、全国の公立高校で妊娠を理由に退学した女子生徒が2015,16年の二年間で674人だったそうです。妊娠した生徒は公立高校が把握しているだけで2098人。 私立高校や中学生は …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。