私の自論

お彼岸のおはぎ

投稿日:

今日は春分の日だと言うのにとても寒かったですね。

ところで、今日スーパーに行ったとき、「プチ十勝おはぎ」と言うのが売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。(^^)

昔からおはぎとか小豆系のものが好きだったんですが、最近は若くないのでおはぎをまともに一個食べてしまうとおなかがいっぱいで食事ができなくなってしまうため、食べるのを控えていたんです。それでミニサイズのおはぎを見つけ、思わず買ってしまったわけです。

なぜおはぎが売っていたのかについて、見つけた時は何も考えてなかったんですが、実は今お彼岸だったんですね。自分がキリスト教徒のせいか、春分の日とお彼岸がつながってませんでした。(^^;

そこで、なぜお彼岸にはおはぎを食べるのだろう?という疑問が湧き、お彼岸とおはぎの関係についてちょっと調べてみました。

まず、「おはぎ」と「ぼたもち」の呼び方についてです。

漢字で書くと、「お萩」「牡丹餅」と書き、どちらも基本的には同じ食べ物ですが、春のお彼岸の時期には牡丹の花が咲き、秋のお彼岸の時期には萩の花が咲くことに由来しているそうです。つまり、今は春なのでお萩ではなく、牡丹餅ということですね。

牡丹の花は大きな花なので牡丹餅は大きめに、萩の花は小さいのでお萩は小さめに作るそうです。

また、あんこに使われる小豆は、古くから悪いものを追い払う効果があるとされていたそうです。

ですから、お彼岸の時期に小豆を使った食べ物を食べることは、お墓参りしてご先祖様に感謝すると同時に悪を追い払うという意味もあるようです。

分かってみると、感慨深いですね。

お彼岸自体はキリスト教の行事ではありませんが、私たちは日本の伝統行事の中にひたりながら、悔い改めて悪を退け、自分の先祖や子孫のためにも祈り、神様に感謝する時期にしたら良いのではないかな?と思いました。

ついでに。。私は小豆が好きなので、この時期は悪を追い払うという大義名分をもって牡丹餅をたくさん食べちゃおうかな。。。なんて(笑)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

聖句の背景

クリスチャンであり、作家の曽野綾子さんの旅の体験記を読んで面白いことを知るようになりました!それをちょっと紹介したいと思います。 「求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろ …

no image

次元を上げた撮影会

今日は撮影がありました! いつもは私とミカさんのほか、カメラマンの悦ちゃんの三人での撮影になるのですが、今日はヘアメイクの子が来てくれて、私とミカさんの髪をクルクルふわふわな感じにしてくれました! そ …

no image

本当にあった不思議な話

今日はちょっと趣向を変えて、表題の通り「本当にあった不思議な話」をしたいと思います。 私が幼稚園生だったか小学生になったばかりだったかの頃。当時はまだ日本全体がお互い警戒心がなくのんびりしていて、普段 …

no image

求めることは自ら行うこと

『求めよ、そうすれば与えられるであろう。』 これは福音書の有名な聖句です。(マタイ7:7) この有名な言葉の後、求めたら神様はくださるという事についてイエス様が分かりやすく話してくださっています。 た …

目的を忘れずに!

私たちが信仰生活する中でブレてはいけないことがあります。それは自分の行いが「救い」になっているのかどうか、またやろうとしていることが「救い」につながっているのかという事。 よく、「牧師や先輩に言われた …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。