私の自論

お・ひ・た・し

投稿日:

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。

それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もしかしてこれもすでに一般常識なのかな?私は今日初めて目にしたのでちょっと新鮮でした。

「お・ひ・た・し」とは、

お・・・怒らない
ひ・・・否定しない
た・・・助ける(困っていることがあれば)
し・・・指示する

だそうです。

一昔前、いや、ふた昔前くらいまでなら、上司に怒られる、否定されまくる、助けてもらえないor過剰に口を出される、などのことが日常茶飯事だったように思いましたが、最近はどこの世界でも、後輩や部下を寛容に受け入れる姿勢を見せないと上司が務まらないんだな、と思いました。

まさしく、先生の指導者教育が世の中でも最先端ですね。

こういう時ってつい「私たちのころは…」という言葉が古い人の口から出て来そうです。(え?私の事?!(^^;)

でも、それが良いか悪いかという問題じゃなくて、今そういう状況になっている、と言うことを受け入れないと前に進めないのだな、と思いました。

実際、「こうすべき」「ああすべき」では問題が解決しないということを私自身も散々経験済みです。

きれいごとではなく、現実路線で物事を把握して解決していく、ということが大事だし、そうするためには、時代の変化とともに、自分が本当に変化していかないといけないな、と思いました。

時代が変われば上司(指導者)も変わらないといけませんね。

 

情報源 ☞ 新人に「ほうれんそう」を教える上司が心がける「おひたし」に共感の声

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様の作品

お久しぶりです。昨日の夜、無事に帰国しました!! 今回は初めて済州島に行ってきました。 済州島は自然が本当に豊かで、韓国本土とは雰囲気もかなり違っていて、別の国みたいでした。 全体的に高い建物がほとん …

no image

たまには・・・やってみようかな⁈

突然ですが、皆さんは行列に並ぶことを苦にしないタイプですか?それとも嫌がるタイプですか? 私は明らかに後者で、行列を見ただけでアッサリ諦めることがあります。ものすごく時間の無駄だと感じてしまうんですね …

本当に「できない」?

今週は実践についての話が出ましたね。 今まで私は指導者としていろんな人を教えてきましたが、同じように指導しても、実践できる人とできない人がいたんですね。 極端な話、同じ空間で同じ教育をした人達でもその …

みことばの根本は愛

私達は人の言葉ではなくみことば通りにすることが基本なのですが、それも注意しないといけないことがあります。それは御言葉の受け取り方です。 私達(特に日本人)の癖として、自分より上の立場の人に何かを言われ …

no image

本当は信心深い日本人

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。 原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。 私も今回初めて知りましたが「 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。