私の自論

お・ひ・た・し

投稿日:

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。

それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もしかしてこれもすでに一般常識なのかな?私は今日初めて目にしたのでちょっと新鮮でした。

「お・ひ・た・し」とは、

お・・・怒らない
ひ・・・否定しない
た・・・助ける(困っていることがあれば)
し・・・指示する

だそうです。

一昔前、いや、ふた昔前くらいまでなら、上司に怒られる、否定されまくる、助けてもらえないor過剰に口を出される、などのことが日常茶飯事だったように思いましたが、最近はどこの世界でも、後輩や部下を寛容に受け入れる姿勢を見せないと上司が務まらないんだな、と思いました。

まさしく、先生の指導者教育が世の中でも最先端ですね。

こういう時ってつい「私たちのころは…」という言葉が古い人の口から出て来そうです。(え?私の事?!(^^;)

でも、それが良いか悪いかという問題じゃなくて、今そういう状況になっている、と言うことを受け入れないと前に進めないのだな、と思いました。

実際、「こうすべき」「ああすべき」では問題が解決しないということを私自身も散々経験済みです。

きれいごとではなく、現実路線で物事を把握して解決していく、ということが大事だし、そうするためには、時代の変化とともに、自分が本当に変化していかないといけないな、と思いました。

時代が変われば上司(指導者)も変わらないといけませんね。

 

情報源 ☞ 新人に「ほうれんそう」を教える上司が心がける「おひたし」に共感の声

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

無用の用

ここ数か月、首から背中にかけてのある一部分がず~っと凝っていて痛かったんです。 元々首の状態が良くなかったし、もうずっと首と肩は凝り固まっていたからそのせいかな?と思ったものの、寝違えたとか、ぶつけた …

no image

情が切れると・・・

最近、とある所の待合室で読んだ雑誌に「離婚」に関する手記がありました。自分の体験談を綴ったものです。 それをなんとなく読んでしまったんですが。。。それぞれ経緯は違うにしろ、みんな共通していたなと思った …

no image

凄いことって?

イギリスに、同じ職場で勤続70年になる89歳の女性がいるそうです。 それだけでも賞賛に値しますが、なんとこの方、仕事でミスしたのは70年間でたったの一回。会計の仕事だったそうですが、2ペンス(約3円) …

no image

私の好きな聖句

たまには、こういう企画もあっていいかなと思い、私が個人的に好きな聖句を一つ紹介します。 あ、もちろん、好きな聖句が一つだけなのではなくて、今日は一つ紹介するという意味です。(笑) 『 涙をもって種まく …

それって本心?

昨日の続きみたいになっちゃうのですが、世の中で言われている「理想の○○」って、結構誘導されて出来上がったものじゃないかと思うことがあるんですね。 アンケートや世論調査の結果、というのもそれが人々の本心 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。