私の自論

お・ひ・た・し

投稿日:

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。

それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もしかしてこれもすでに一般常識なのかな?私は今日初めて目にしたのでちょっと新鮮でした。

「お・ひ・た・し」とは、

お・・・怒らない
ひ・・・否定しない
た・・・助ける(困っていることがあれば)
し・・・指示する

だそうです。

一昔前、いや、ふた昔前くらいまでなら、上司に怒られる、否定されまくる、助けてもらえないor過剰に口を出される、などのことが日常茶飯事だったように思いましたが、最近はどこの世界でも、後輩や部下を寛容に受け入れる姿勢を見せないと上司が務まらないんだな、と思いました。

まさしく、先生の指導者教育が世の中でも最先端ですね。

こういう時ってつい「私たちのころは…」という言葉が古い人の口から出て来そうです。(え?私の事?!(^^;)

でも、それが良いか悪いかという問題じゃなくて、今そういう状況になっている、と言うことを受け入れないと前に進めないのだな、と思いました。

実際、「こうすべき」「ああすべき」では問題が解決しないということを私自身も散々経験済みです。

きれいごとではなく、現実路線で物事を把握して解決していく、ということが大事だし、そうするためには、時代の変化とともに、自分が本当に変化していかないといけないな、と思いました。

時代が変われば上司(指導者)も変わらないといけませんね。

 

情報源 ☞ 新人に「ほうれんそう」を教える上司が心がける「おひたし」に共感の声

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

いろいろな信仰の武器

昨日に引き続き「霊的なお祈り会」のお話をしようとおもいます。 霊的なお祈り会では「信仰の武器」を見ることが何回かありました。 私が初めて体験した時は、宣教師が霊の使命者に、その場にいる人たち全体を見な …

no image

人参エキスポ

壮年部ツアーシリーズ第三弾。 今回のツアーは、行く直前に岩の祝祭が決まり、またクムサンの人参エキスポにも行ってみなさいと先生がおっしゃったとのことで、人参エキスポにも行ってきました! 主が盛りだくさん …

憧れが最高の教育

先日、私が「講師訓練について」という記事の中でおすすめの講義の仕方を書きましたがそれにはモデルがいます。(「講師訓練について」の記事はこちら⇒ https://pastor.tokyo/own-opi …

過去は変えられないけれど。。

よく、「未来は変えられるけど過去は変えられない。」と言いますよね。 確かに、過去に起きた事実というのは変えられません。 だから、過去にあった嫌な出来事がなかったことにはできません。逆に良かったこともな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。