私の自論

お・ひ・た・し

投稿日:

上司が新人に、いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を教えるということは一般的な話ですよね。

それに対し、上司は部下に対して「お・ひ・た・し」で対応しなければいけない、と言う記事を見ました。もしかしてこれもすでに一般常識なのかな?私は今日初めて目にしたのでちょっと新鮮でした。

「お・ひ・た・し」とは、

お・・・怒らない
ひ・・・否定しない
た・・・助ける(困っていることがあれば)
し・・・指示する

だそうです。

一昔前、いや、ふた昔前くらいまでなら、上司に怒られる、否定されまくる、助けてもらえないor過剰に口を出される、などのことが日常茶飯事だったように思いましたが、最近はどこの世界でも、後輩や部下を寛容に受け入れる姿勢を見せないと上司が務まらないんだな、と思いました。

まさしく、先生の指導者教育が世の中でも最先端ですね。

こういう時ってつい「私たちのころは…」という言葉が古い人の口から出て来そうです。(え?私の事?!(^^;)

でも、それが良いか悪いかという問題じゃなくて、今そういう状況になっている、と言うことを受け入れないと前に進めないのだな、と思いました。

実際、「こうすべき」「ああすべき」では問題が解決しないということを私自身も散々経験済みです。

きれいごとではなく、現実路線で物事を把握して解決していく、ということが大事だし、そうするためには、時代の変化とともに、自分が本当に変化していかないといけないな、と思いました。

時代が変われば上司(指導者)も変わらないといけませんね。

 

情報源 ☞ 新人に「ほうれんそう」を教える上司が心がける「おひたし」に共感の声

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

錯視現象

昨日の夜の出来事。 昨日は私用があり、帰りが遅くなって夜道を一人で歩いていました。 早く帰りたかったのでショートカットするために、大通りではなく、住宅街の路地に入って行きました。一応街灯はありましたが …

no image

神様の法は禁欲❓

神様を信じるようになって、神様の法を守ろうとすると、今まで何の罪悪感もなくやっていたことが出来なくなることがあります。 つまり、世の中の法には引っかからないけれど、神様の法には引っかかるということ。 …

no image

価値を失わないもの

最近、自分がYouTubeに映像をアップしたり、様々なインターネット上の活動をしているので、当然のことながら、世の中の人たちの活動ぶりも気になることもあります。 元々牧会を長くしていたので、そういう分 …

no image

認識のズレ

今日は久しぶりに他教会を訪問してきました。 今日訪問した教会は約一年ぶりくらいでしたが、久しぶりに訪問するといろいろ変化していて驚くことが結構あります。 礼拝後、その教会のある男子メンバーに声をかけら …

no image

個人戦と団体戦

最近ニュースで、小学校の学校給食の目的が昔と今とでは違ってきている、というのがありました。 昔の目的はもっぱら『栄養補給』。特に戦後はこの目的がとても重要だったようです。 しかし今は、給食を通してコミ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。