私の自論

いくつになっても!

投稿日:

最近ある知人から聞いた話です。

私の知人の知人(複雑ですみません)が飲食店の厨房で働いているそうなんですが、最近、そこの洗い場(お客さんの使った食器を洗うところ)に72歳のパートさんが新人として入ってきたそうです。

それを聞いた私の知人が「72歳なんて、会社も良く雇ったね~!」と驚いて言ったら、「でも、その人よくやってくれるんだよね~。やっぱり元気でやりたくて入ってくる人はよくやってくれるね。」と言っていたそうです。

この話を聞いて私も心を動かされました。

まずは、72歳で応募したその方の勇気と行動力が凄いな~と思いました。というのは、私でも、ものによっては年齢を考えて少々気後れしてしまうこともあるからです。

この72歳の方がどうして働き始めたのかはわかりません。力を持て余していたのか、それとも必要に迫られていたのか。でも、どちらだとしても事実としては、72歳で応募して採用された、という事です。

改めて、人は自分の考えで自分を前進させることも縛ることもするんだなと考えさせられました。何歳になっても行動を起こしてみる、ということが大事ですね。

それと、70代でも働く、というスタイルは今の時に合っているのだな、という事も感じました。今飲食店は深刻な人手不足だという事はニュースでよく目にしますし、高齢化社会で医療費の国家予算もままならないということもよく聞きます。

それなら、いくら年を取っていても元気な人をわざわざ家に閉じ込めて衰弱させる必要はないわけですよね。まだ元気で働きたいという人は働いていた方が本人も活躍できて良いし、店にとっても国にも良いわけです。(働けない人を無理矢理働かせるという事ではありません。)

時代に合った行動は良い結果を生みますね。

本気で人生100年と考えるなら50歳で半分。まだ残り50年あります。50代60代ならまだ後半戦が始まったばかり。私などはまだまだ気後れしている場合じゃありません。私自身がまずは年齢に関する概念を変えないといけないと思いました。

聖書にモーセが亡くなった時のことがサラッと書かれているのですが、そこには『モーセは死んだ時、120歳であったが、目はかすまず、気力は衰えていなかった。』(申命記34:7)とあります。

年齢の数え方は今とは違うでしょうけれど、とにかく高齢に達して亡くなる時までちゃんと見て、精神もしっかりしていたということです。私も生涯を終える時はそうありたいな、と思いました。

神様が自分に下さったこの世の人生を、最後まで輝かしく生きていきたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

どんなことも悟りに!

今日は出先からの帰り道、久しぶりに本屋へふらっと立ち寄りました。 いろんな本が陳列されている中、ふと私の目に留まった本がありました。それは「筋トレが人生を変える!」という本。(すみません、タイトルが正 …

no image

不思議な感動

実は…コンサートが終わってから頭の中で鳴っている曲がありました。 でも、その曲は確かに以前自分が弾いたことがある曲なのにすぐには思い出せず、何の曲だったっけ?と思いながら楽譜を引っ張り出して探していま …

no image

聖書の力

ふと、私がこの神様の歴史を悟って先生と共に必死に走ってきて(自分では必死に走ってきたつもり)、それによる一番の恩恵って何だろう??って考えてみました。 いろんな細かい祝福もあるんですが、私としては、何 …

no image

火事から考えたこと

昨日江東区で結構大きな火事があったのをご存知ですか? 私はニュースを見て火事があったこと自体は知っていましたが、なんと、その場所は私の所属教会のメンバーが結構住んでいる団地の真ん前だったそうなんです! …

聖書は信仰の基礎

去年から先生が私たちに、もっと聖書を読むように話をしていますし、最近ではチョウン牧師も聖書について強調していますね。 私自身も聖書の重要性について常々考えています。 最新の御言葉を理解するにも聖書の知 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。