私の自論

いくつになっても!

投稿日:

最近ある知人から聞いた話です。

私の知人の知人(複雑ですみません)が飲食店の厨房で働いているそうなんですが、最近、そこの洗い場(お客さんの使った食器を洗うところ)に72歳のパートさんが新人として入ってきたそうです。

それを聞いた私の知人が「72歳なんて、会社も良く雇ったね~!」と驚いて言ったら、「でも、その人よくやってくれるんだよね~。やっぱり元気でやりたくて入ってくる人はよくやってくれるね。」と言っていたそうです。

この話を聞いて私も心を動かされました。

まずは、72歳で応募したその方の勇気と行動力が凄いな~と思いました。というのは、私でも、ものによっては年齢を考えて少々気後れしてしまうこともあるからです。

この72歳の方がどうして働き始めたのかはわかりません。力を持て余していたのか、それとも必要に迫られていたのか。でも、どちらだとしても事実としては、72歳で応募して採用された、という事です。

改めて、人は自分の考えで自分を前進させることも縛ることもするんだなと考えさせられました。何歳になっても行動を起こしてみる、ということが大事ですね。

それと、70代でも働く、というスタイルは今の時に合っているのだな、という事も感じました。今飲食店は深刻な人手不足だという事はニュースでよく目にしますし、高齢化社会で医療費の国家予算もままならないということもよく聞きます。

それなら、いくら年を取っていても元気な人をわざわざ家に閉じ込めて衰弱させる必要はないわけですよね。まだ元気で働きたいという人は働いていた方が本人も活躍できて良いし、店にとっても国にも良いわけです。(働けない人を無理矢理働かせるという事ではありません。)

時代に合った行動は良い結果を生みますね。

本気で人生100年と考えるなら50歳で半分。まだ残り50年あります。50代60代ならまだ後半戦が始まったばかり。私などはまだまだ気後れしている場合じゃありません。私自身がまずは年齢に関する概念を変えないといけないと思いました。

聖書にモーセが亡くなった時のことがサラッと書かれているのですが、そこには『モーセは死んだ時、120歳であったが、目はかすまず、気力は衰えていなかった。』(申命記34:7)とあります。

年齢の数え方は今とは違うでしょうけれど、とにかく高齢に達して亡くなる時までちゃんと見て、精神もしっかりしていたということです。私も生涯を終える時はそうありたいな、と思いました。

神様が自分に下さったこの世の人生を、最後まで輝かしく生きていきたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

明日必ず生きられる?

日本には江戸時代から切腹の美学があるせいか、自殺を「生き方の選択の一つ」と考える人々も多くいます。 それだけが理由ではありませんが、実際、日本は自殺者が多い国ですよね。 日本以外でも自殺の問題を抱えて …

no image

喜びを与えたいという心

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。 初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄 …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

自分でやってみよう!

また少々毒舌になってしまうかもですが。。。(^^; 実は、私がこの使命を遂行するにあたって、年上の指導者や教団にアドバイスを求めたことはありませんでした。 なぜなら、その人たちはやったことがないから。 …

no image

YouTubeに不具合

ご存知の方も多いと思いますが、今日の午前中、世界規模でYouTubeに不具合が発生したそうです。 今は接続障害は解消していますが、一時YouTubeが見れなくなったりアップできなくなったり・・・など世 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。