私の自論

「1+1=2」じゃない?

投稿日:

遅ればせながら、女子パシュート金メダルおめでとうございます!

あのスケート王国オランダを破り、かつオリンピック新記録での金メダル獲得は、日本中が歓喜に沸いただけでなく、世界中に衝撃を与えたようです。

実際、それぞれの個人の持ちタイムは、オランダの方が勝っていたそうです。

しかも、今回オランダが調子悪かったわけじゃなくて、オランダもオランダ新記録だったから余計に衝撃だったようです。

まさしく「チーム」の力が発揮された結果ですね。

チームというのは、それぞれのポジションや役割があります。だから、それぞれ自分の責任分担をしっかり果たせたとき、チームとしての力が発揮されるものです。

今回の日本チームは、エースを中心に、他の3人がわき役に徹したからこそ取れた金メダルだ、との記事がありました。

中心とわき役、という分け方をすると、わき役はおまけのような感覚になりますが、結局は全員が自分の役割を理解し、責任分担を果たしたからこそ、個々の力をただ足した以上の、計り知れない力が発揮されてチームが勝利した、と言うことだと思います。

つまり、一人一人が大事なポジションと言うことですね。実際、中心が力を発揮できるか否かは周囲のサポート力に左右されますから。

聖書にもこのような聖句があります。

『彼らの岩が彼らを売らず、主が彼らを渡されなかったならば、
どうして、1人で千人を追い、2人で万人を敗ることができたであろう。
(申命記32:30)

数学的に考えれば、1人で千人を追ったなら、2人で二千人のはず。だけど、2人で万人を敗った、とあります。つまり、1+1=2じゃない、ということです!

人間の力って一つになるとすごいんですね。

そのすごい力を発揮するために1人1人が大切です。実際、金メダルはチームに一つではなく、一人一人にかけられました。全員が金メダルです!

私たちは、「自分はたいしたことないから。。」とか、「私が凄いわけじゃないから。。。」と、誰は凄くて誰は凄くない、と言う思考をしがちです。

でも、神様から見たらみんな個性の王様。わき役に見えてもそれが大事だったりするし、一人一人が大切な存在です。

私たち一人一人、自分のポジションに誇りをもって、輝く人生を生きたいですね!

情報源 ☞ チームの鏡、わき役徹した3人は高木美帆を信じていた

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様の法は禁欲❓

神様を信じるようになって、神様の法を守ろうとすると、今まで何の罪悪感もなくやっていたことが出来なくなることがあります。 つまり、世の中の法には引っかからないけれど、神様の法には引っかかるということ。 …

no image

感動の金メダル!

またしてもパラリンピックの話題です。(笑) スノーボードの下肢障害のクラスで成田緑夢(ぐりむ)さんが金メダル!おめでとうございます! これにはお兄さんの童夢さん(トリノオリンピック代表)も我を忘れて涙 …

no image

本当の自由って?

よく「真理は人を自由にする」と言いますよね。 というか、ちゃんと聖書に書いてありますね。(ヨハネ8:32) でも、日本人の多くは、教会に行くと自由じゃなくなる、と言います。なぜかというと、お酒ダメとか …

no image

文武両道!

中国の名門大学である清華大学で、水泳が必修となり、50m泳げないと卒業できないようになったのだそうです。 同じく名門の北京大学も、水泳に1単位を与えていて、水泳の授業は学部生の必修であり、200m泳げ …

矛盾⁈

皆さんは以前、「食事したりおしゃべりばかりして福音を伝えないなら意味がない」とか「これからの時代は福音伝道しなければ」という類の話を聞いたことがあると思います。 そういう話を聞いて以来、全体的に、いろ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。