私の自論

「1+1=2」じゃない?

投稿日:

遅ればせながら、女子パシュート金メダルおめでとうございます!

あのスケート王国オランダを破り、かつオリンピック新記録での金メダル獲得は、日本中が歓喜に沸いただけでなく、世界中に衝撃を与えたようです。

実際、それぞれの個人の持ちタイムは、オランダの方が勝っていたそうです。

しかも、今回オランダが調子悪かったわけじゃなくて、オランダもオランダ新記録だったから余計に衝撃だったようです。

まさしく「チーム」の力が発揮された結果ですね。

チームというのは、それぞれのポジションや役割があります。だから、それぞれ自分の責任分担をしっかり果たせたとき、チームとしての力が発揮されるものです。

今回の日本チームは、エースを中心に、他の3人がわき役に徹したからこそ取れた金メダルだ、との記事がありました。

中心とわき役、という分け方をすると、わき役はおまけのような感覚になりますが、結局は全員が自分の役割を理解し、責任分担を果たしたからこそ、個々の力をただ足した以上の、計り知れない力が発揮されてチームが勝利した、と言うことだと思います。

つまり、一人一人が大事なポジションと言うことですね。実際、中心が力を発揮できるか否かは周囲のサポート力に左右されますから。

聖書にもこのような聖句があります。

『彼らの岩が彼らを売らず、主が彼らを渡されなかったならば、
どうして、1人で千人を追い、2人で万人を敗ることができたであろう。
(申命記32:30)

数学的に考えれば、1人で千人を追ったなら、2人で二千人のはず。だけど、2人で万人を敗った、とあります。つまり、1+1=2じゃない、ということです!

人間の力って一つになるとすごいんですね。

そのすごい力を発揮するために1人1人が大切です。実際、金メダルはチームに一つではなく、一人一人にかけられました。全員が金メダルです!

私たちは、「自分はたいしたことないから。。」とか、「私が凄いわけじゃないから。。。」と、誰は凄くて誰は凄くない、と言う思考をしがちです。

でも、神様から見たらみんな個性の王様。わき役に見えてもそれが大事だったりするし、一人一人が大切な存在です。

私たち一人一人、自分のポジションに誇りをもって、輝く人生を生きたいですね!

情報源 ☞ チームの鏡、わき役徹した3人は高木美帆を信じていた

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

アナウンサーは芸能人?

ネットのニュースで、フリーアナウンサーの小林麻耶さんが芸能界を引退する、という記事の見出しを見ました。 私は特に彼女のファンというわけでもなかったし、記事も詳しくは見てないんですが、見出しを見てふと違 …

no image

本当にあった不思議な話

今日はちょっと趣向を変えて、表題の通り「本当にあった不思議な話」をしたいと思います。 私が幼稚園生だったか小学生になったばかりだったかの頃。当時はまだ日本全体がお互い警戒心がなくのんびりしていて、普段 …

no image

自由と平等

私たちは、「自由・平等」という言葉には注意しなければいけないと思います。 というのは、一見素晴らしいこの言葉を、サタンが大いに利用しているからです。 本来の意味を考えるために、聖書をもとに考えてみない …

no image

見えない働き

たまには違う道を通ってみようと思い、近所なんですけど、通ったことがない細い路地を通ってみました。 その細い道の一角にごみ置き場がありました。不法投棄ではなく、恐らくその近所の住人のごみ置き場のようでし …

no image

”古いもの”を捨てる!

ニュースで、WHOの幹部が来日し、日本の喫煙対策が時代遅れだと苦言を呈したというのを見ました。 特に、東京オリンピックに向けて、公共施設については、屋内は完全禁煙にするよう要請したそうです。 日本では …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。