私の自論

「1+1=2」じゃない?

投稿日:

遅ればせながら、女子パシュート金メダルおめでとうございます!

あのスケート王国オランダを破り、かつオリンピック新記録での金メダル獲得は、日本中が歓喜に沸いただけでなく、世界中に衝撃を与えたようです。

実際、それぞれの個人の持ちタイムは、オランダの方が勝っていたそうです。

しかも、今回オランダが調子悪かったわけじゃなくて、オランダもオランダ新記録だったから余計に衝撃だったようです。

まさしく「チーム」の力が発揮された結果ですね。

チームというのは、それぞれのポジションや役割があります。だから、それぞれ自分の責任分担をしっかり果たせたとき、チームとしての力が発揮されるものです。

今回の日本チームは、エースを中心に、他の3人がわき役に徹したからこそ取れた金メダルだ、との記事がありました。

中心とわき役、という分け方をすると、わき役はおまけのような感覚になりますが、結局は全員が自分の役割を理解し、責任分担を果たしたからこそ、個々の力をただ足した以上の、計り知れない力が発揮されてチームが勝利した、と言うことだと思います。

つまり、一人一人が大事なポジションと言うことですね。実際、中心が力を発揮できるか否かは周囲のサポート力に左右されますから。

聖書にもこのような聖句があります。

『彼らの岩が彼らを売らず、主が彼らを渡されなかったならば、
どうして、1人で千人を追い、2人で万人を敗ることができたであろう。
(申命記32:30)

数学的に考えれば、1人で千人を追ったなら、2人で二千人のはず。だけど、2人で万人を敗った、とあります。つまり、1+1=2じゃない、ということです!

人間の力って一つになるとすごいんですね。

そのすごい力を発揮するために1人1人が大切です。実際、金メダルはチームに一つではなく、一人一人にかけられました。全員が金メダルです!

私たちは、「自分はたいしたことないから。。」とか、「私が凄いわけじゃないから。。。」と、誰は凄くて誰は凄くない、と言う思考をしがちです。

でも、神様から見たらみんな個性の王様。わき役に見えてもそれが大事だったりするし、一人一人が大切な存在です。

私たち一人一人、自分のポジションに誇りをもって、輝く人生を生きたいですね!

情報源 ☞ チームの鏡、わき役徹した3人は高木美帆を信じていた

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

成功したければ強い信仰を!

よく、成功哲学とかビジネス書などで「未来の自分に確信を持て!」とか「自己肯定感を高めろ!」とか、思い込みの効果とかそういうことが書いてあるのですが、実はこういうことはすでに聖書にバッチリ書かれているん …

no image

衝撃的な貼り紙

先日、このブログで「外のものはどうでも良い?」という題名の記事を書きましたが、今回はその続編です。 「外のものはどうでも良い?」という記事では、うちの近所のコンビニでイートインのごみ箱が使えなくなった …

no image

聖句の背景

クリスチャンであり、作家の曽野綾子さんの旅の体験記を読んで面白いことを知るようになりました!それをちょっと紹介したいと思います。 「求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろ …

no image

人類への貢献

先日、ノーベル医学生理学賞を日本人の本庶佑氏が受賞したとのニュースが舞い込みました!本当に素晴らしいですね!! 私は自然科学分野に関しては素人なので詳しいことはよくわかりませんが、いろいろな記事を読ん …

no image

猛暑にも長所が!

今年の夏は本当に暑いですよね。「今年は暑いね~」というセリフを何度言ったかわかりません。異常な暑さと言わざるを得ません。 しかし、この異常な暑さにも良いことがあるようです。 何と暑すぎて、今年はマムシ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。