私の自論

「1+1=2」じゃない?

投稿日:

遅ればせながら、女子パシュート金メダルおめでとうございます!

あのスケート王国オランダを破り、かつオリンピック新記録での金メダル獲得は、日本中が歓喜に沸いただけでなく、世界中に衝撃を与えたようです。

実際、それぞれの個人の持ちタイムは、オランダの方が勝っていたそうです。

しかも、今回オランダが調子悪かったわけじゃなくて、オランダもオランダ新記録だったから余計に衝撃だったようです。

まさしく「チーム」の力が発揮された結果ですね。

チームというのは、それぞれのポジションや役割があります。だから、それぞれ自分の責任分担をしっかり果たせたとき、チームとしての力が発揮されるものです。

今回の日本チームは、エースを中心に、他の3人がわき役に徹したからこそ取れた金メダルだ、との記事がありました。

中心とわき役、という分け方をすると、わき役はおまけのような感覚になりますが、結局は全員が自分の役割を理解し、責任分担を果たしたからこそ、個々の力をただ足した以上の、計り知れない力が発揮されてチームが勝利した、と言うことだと思います。

つまり、一人一人が大事なポジションと言うことですね。実際、中心が力を発揮できるか否かは周囲のサポート力に左右されますから。

聖書にもこのような聖句があります。

『彼らの岩が彼らを売らず、主が彼らを渡されなかったならば、
どうして、1人で千人を追い、2人で万人を敗ることができたであろう。
(申命記32:30)

数学的に考えれば、1人で千人を追ったなら、2人で二千人のはず。だけど、2人で万人を敗った、とあります。つまり、1+1=2じゃない、ということです!

人間の力って一つになるとすごいんですね。

そのすごい力を発揮するために1人1人が大切です。実際、金メダルはチームに一つではなく、一人一人にかけられました。全員が金メダルです!

私たちは、「自分はたいしたことないから。。」とか、「私が凄いわけじゃないから。。。」と、誰は凄くて誰は凄くない、と言う思考をしがちです。

でも、神様から見たらみんな個性の王様。わき役に見えてもそれが大事だったりするし、一人一人が大切な存在です。

私たち一人一人、自分のポジションに誇りをもって、輝く人生を生きたいですね!

情報源 ☞ チームの鏡、わき役徹した3人は高木美帆を信じていた

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

SNSに影響される人々

現代人は、完璧主義になる人や、人と比べて精神を病む人が増える傾向にあるそうです。 何となくイメージとしては、昔の日本の方が世間体を気にする人が多くて全体的に完璧主義のような気がしていたんですが。。。現 …

no image

ようやく解決の方向へ

実は、月曜日に父のいる福島県の郡山へ行ってきました。 私の父はもう80歳で高齢な上、施設生活をしているので、遺言状やら、あれこれ片付けなければいけない問題を早く解決しないといけないということで、今回、 …

no image

現場の恵み

合宿から帰ってきました! 今回は久しぶりに集団講義をする機会を与えてくださった主に、本当に感謝します。 先週はコンサートだったため、それまではコンサートの準備で忙しく、今回のWの準備は、コンサート後の …

no image

撮影会

今日は夕方から「お悩み相談室」の撮影があり、お悩みNo.24~No.27まで撮りました。 前回からカメラマンが変わり、実際にTV局で働いていたプロの女性カメラマンに撮ってもらっています。彼女は以前私の …

元スパイの強み

「なぜプーチンは暗〇されないのか?」という事について述べていた人がいました。 ちょっと衝撃的な主題ですよね? それに私もつられて見てしまったんですけど。。(^^; 実は、今まで彼に対して少なくとも5回 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。