女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

「証(あかし)」は目的ではない

投稿日:

よく教会で耳にする「証になる」という言葉、ちょっと間違えると危険な方向に行きかねないな、と以前から思っていました。

例えば、ある人が人知れず教会のために一生懸命祈っていたところ、たくさん伝道されたとか、みことば通りに生きようと努力していた結果、社会的な地位もついてきたとか、そういうのは証になると思うんです。

でも、逆に考えている人が結構多いように見受けられます。

どういうことかというと、「証になる!」と自ら決めて、証になろうとして行動するパターン。

「証」はあくまでも本人が熱心に信仰生活をした結果ついてくるものであって、最初から狙って目標にするものではないと思うんです。

根本的に、信仰生活というのは霊の救いのためにすることであって、証になるためにするものではないです。証になりたくて熱心にするならそれは、それはエゴであり、名誉欲と変わりがありません。

実際に救いに必要なことはあまり華々しいことではありません。日々お祈りし、御言葉を読み、実践し…等々。また、陰で弱ってる兄弟姉妹に連絡を取ったり、祈ってあげたり、あれこれ文句言われながらも根気強く話を聞いてあげたり・・・でも、こういう働きはあまり表に出てきません。

だから、証になりたくて熱心にする人は、こういう地道で本質的な救いの行いができません。やっても長続きしない。なかなか日の目を見ないから。しかしこれでは本末転倒です。

私利私欲なしに、心と思いと命を尽くして主を愛し、兄弟を愛すること(マタイ22:36~40)、これを実践した先に神様が祝福をくださるという事を忘れてはいけないですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

適量が最適

資産運用だけで月20万円を得られるようになった40代独身男性が仕事にやる気を失った、という記事がありました。 その男性の仕事はストレスフルではあるけどそれなりに給料は良いそうです。 しかし、生きていく …

楽な人

皆さんはどんな人と一緒にいたいですか? 人それぞれ好みの問題もあるとは思いますが、少なくとも一緒にいてストレスがたまるような人や、イライラする人、不安を掻き立てられるような人等々・・・とにかく疲れる人 …

no image

特別感だけが祝福?

私達は何かをもらった時や何か良いことがあった時などに祝福を受けたと感じます。特別感がある時ですね。でも、使徒パウロは福音を信じてついてくる仲間たちが自分の冠だと言いました。つまり、ついてくる人が祝福で …

no image

教えることは最高のマスター法

私が牧会など指導者の経験があって良かったと思う事の一つは、教える立場だったという事です。 自分自身を振り返ってみると、牧会者になったばかりのころ、到底人様に教えられるような能力があったわけではありませ …

no image

自ら積極的に!

私は今まで聖書の講義をたくさんしてきたのですが、なんとなく私の中では違和感のある習慣があります。 それは、講義の後「どうでしたか?」と私に聞いてくること。みんなが講義をした私の反応や見解を聞きたがるん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。