私の自論

「証(あかし)」は目的ではない

投稿日:

よく教会で耳にする「証になる」という言葉、ちょっと間違えると危険な方向に行きかねないな、と以前から思っていました。

例えば、ある人が人知れず教会のために一生懸命祈っていたところ、たくさん伝道されたとか、みことば通りに生きようと努力していた結果、社会的な地位もついてきたとか、そういうのは証になると思うんです。

でも、逆に考えている人が結構多いように見受けられます。

どういうことかというと、「証になる!」と自ら決めて、証になろうとして行動するパターン。

「証」はあくまでも本人が熱心に信仰生活をした結果ついてくるものであって、最初から狙って目標にするものではないと思うんです。

根本的に、信仰生活というのは霊の救いのためにすることであって、証になるためにするものではないです。証になりたくて熱心にするならそれは、それはエゴであり、名誉欲と変わりがありません。

実際に救いに必要なことはあまり華々しいことではありません。日々お祈りし、御言葉を読み、実践し…等々。また、陰で弱ってる兄弟姉妹に連絡を取ったり、祈ってあげたり、あれこれ文句言われながらも根気強く話を聞いてあげたり・・・でも、こういう働きはあまり表に出てきません。

だから、証になりたくて熱心にする人は、こういう地道で本質的な救いの行いができません。やっても長続きしない。なかなか日の目を見ないから。しかしこれでは本末転倒です。

私利私欲なしに、心と思いと命を尽くして主を愛し、兄弟を愛すること(マタイ22:36~40)、これを実践した先に神様が祝福をくださるという事を忘れてはいけないですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

複雑な世の中

昨日、ちょっとした私用があり、普段は行かない所の街中を歩きました。 そうしたら、『家出人110番』という看板が目に入り、ちょっと衝撃を受けました。 看板を見ただけで中には入ってないので正確には分かりま …

基本+創意工夫

何事もそうですが、初めに基本を学んだらその後は創意工夫というのが必要です。 例えば、料理も最初は料理本とか既成のレシピを見ながら作りますが、慣れてくるとだんだん自分の味に合うように調味料の配合を変えた …

過去は変えられないけれど。。

よく、「未来は変えられるけど過去は変えられない。」と言いますよね。 確かに、過去に起きた事実というのは変えられません。 だから、過去にあった嫌な出来事がなかったことにはできません。逆に良かったこともな …

自分を満たそう!

平和を考えるとき、よく「世のため人のため」という事を考えると思います。 恐らく、自分以外の周囲に対してどうすべきかを考えると思うんですよね。 単純なことで言えば、人に良くしようとか、寛容にふるまおうと …

no image

個人戦と団体戦

最近ニュースで、小学校の学校給食の目的が昔と今とでは違ってきている、というのがありました。 昔の目的はもっぱら『栄養補給』。特に戦後はこの目的がとても重要だったようです。 しかし今は、給食を通してコミ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。