私の自論

「備え」を甘く見てはいけない!

投稿日:

ここ数年、豪雨による洪水の被害が大きいですよね。。ほぼ毎年。。

元々日本は自然災害オンパレードの国ですから仕方ない面もありますが、本気で日本のためにお祈りすることが必要だなと思いました。

ところで、ここ数年の被害に関しては、異常気象という原因もあるかもしれませんが、一部、人災だという話も出ています。

民主党政権時代の「事業仕分け」の時に、治水事業費が大幅にカットされていたというのです。

カットされた理由としては、100年に一度来るか来ないかという災害に備えるために毎年お金をつぎ込む必要があるのか? → 無駄な出費 → カット、ということだったらしいです。

実際、今回の被害地域の中には、その当時費用がカットされて工事がストップした堤防もあったようです。

勿論自然災害ですから、これがすべての被害の根源だ、とは言いませんが、人間の責任がないとは言えないな、と思いました。

100年に一度クラスの災害といっても、100年に一度日本全土で一斉に災害が起こる、というわけではありませんから、日本全体で見たら、100年に一度クラスの災害があちこちで毎年起こっているわけです。

また、前回被害に遭った地域がまた被害に遭うというケースも出てきているわけですから、今までは「100年に一度」だったかもしれないけれど、最近は同じような規模の災害が「毎年起こる可能性がある」と思って備えないといけない気がします。

ここ数年は「観測史上初」という言葉が多く聞かれることを考えると、「今までこうだったんだからこれで大丈夫」という思考も危険ですね。

平素が本番を左右します。

人間が計画する舞台や試合は、本番がいつ来るかわかっているからその日に向かって計画的に準備しますけど、人生の本番はいつやって来るのかわかりません。こういうことは神様が決めることです。自然災害も同じです。

目の前の利益だけにとらわれるのではなく、いつ来るかわからない「本番」のために万全の備えをすることは、決して無駄ではないという事ですね。

参考☞ 治水事業費の推移・・・

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

何事にも機会をつかんで即実行!

「機会をつかむ!」「時を逃さない!」などの言葉を聞くと、自分が幸運をつかむことや新しい世界に入っていくことなどを考えると思います。実際、そういう場合が多いです。 ただ、そうじゃないことに関しても時を逃 …

no image

特別感だけが祝福?

私達は何かをもらった時や何か良いことがあった時などに祝福を受けたと感じます。特別感がある時ですね。でも、使徒パウロは福音を信じてついてくる仲間たちが自分の冠だと言いました。つまり、ついてくる人が祝福で …

no image

花の威力

今日から、スマホとタブレットの待ち受け画面を、先日お花見に行ったときに撮ったお花の写真にしてみました。菜の花と、早咲きの桜。それと、近所で撮った白い桜。 今までは待ち受け画面を元々の画面のままにしてい …

no image

本当はヤバくないです!

東京23区の中で一番「ヤバい」とされる足立区について、本当にヤバい街なのか、足立区の職員が検証した本が話題になってるそうです。(苦笑) 東京都民でない方はあまりピンと来ないかもしれないんですが、正直、 …

no image

「いじり」は面白い?

評論家の宇野常寛氏が、イベントでお笑い芸人の「いじり」を受け、それを不快に感じたため退席した、という記事を見ました。 いじった方は「みんなが面白くなるため」にしたというのですが、受けた方はそれを不快に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。