私の自論

「備え」を甘く見てはいけない!

投稿日:

ここ数年、豪雨による洪水の被害が大きいですよね。。ほぼ毎年。。

元々日本は自然災害オンパレードの国ですから仕方ない面もありますが、本気で日本のためにお祈りすることが必要だなと思いました。

ところで、ここ数年の被害に関しては、異常気象という原因もあるかもしれませんが、一部、人災だという話も出ています。

民主党政権時代の「事業仕分け」の時に、治水事業費が大幅にカットされていたというのです。

カットされた理由としては、100年に一度来るか来ないかという災害に備えるために毎年お金をつぎ込む必要があるのか? → 無駄な出費 → カット、ということだったらしいです。

実際、今回の被害地域の中には、その当時費用がカットされて工事がストップした堤防もあったようです。

勿論自然災害ですから、これがすべての被害の根源だ、とは言いませんが、人間の責任がないとは言えないな、と思いました。

100年に一度クラスの災害といっても、100年に一度日本全土で一斉に災害が起こる、というわけではありませんから、日本全体で見たら、100年に一度クラスの災害があちこちで毎年起こっているわけです。

また、前回被害に遭った地域がまた被害に遭うというケースも出てきているわけですから、今までは「100年に一度」だったかもしれないけれど、最近は同じような規模の災害が「毎年起こる可能性がある」と思って備えないといけない気がします。

ここ数年は「観測史上初」という言葉が多く聞かれることを考えると、「今までこうだったんだからこれで大丈夫」という思考も危険ですね。

平素が本番を左右します。

人間が計画する舞台や試合は、本番がいつ来るかわかっているからその日に向かって計画的に準備しますけど、人生の本番はいつやって来るのかわかりません。こういうことは神様が決めることです。自然災害も同じです。

目の前の利益だけにとらわれるのではなく、いつ来るかわからない「本番」のために万全の備えをすることは、決して無駄ではないという事ですね。

参考☞ 治水事業費の推移・・・

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

動物にも伝わる!

アメリカでの心温まるお話。 育児放棄されたチンパンジーの赤ちゃんを、ある夫婦が引き取って献身的に育て、4か月経ってから動物園に預けたそうです。 その後、その夫婦が動物園を訪れるたびにそのチンパンジーが …

牧会者だった時の野心⁈

今日は、趣向を変えてbreak time的なお話をしようと思います。 表題の通りなんですけど、私が牧会していてある程度教会が大きくなった時、私の中にちょっとした野心が生まれました。 ここで一応前置きし …

逆境が功を奏した?!

私が30個論の講義以外でも聖書を頑張って勉強したのには、あるきっかけがあります。 それは、1999年。墓の期間に入って、先生が視界から消えた時期です。一時期は説教も届かなかったし、とにかく御言葉含め与 …

先にやってしまう

今は有言実行というのがカッコいいとされてるみたいですが、私はどちらかというと不言実行タイプ。自分のやろうとしていることをいちいち人に言う必要があるのか?と考えてしまうので、こういう面では旧時代の人なの …

no image

使命は祝福

毎週、土曜日にサクセスストーリーの録音をし、原稿を一週間の前半に準備するのですが、ここ一か月くらい、不思議と、毎週どんなことを書くか先に思い浮かぶんです。 そして、原稿を書くとその内容に沿ったことが自 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。