その他 聖書

いつも喜び、祈り、感謝する信仰

投稿日:

今週の聖書の本文であるテサロニケⅠ5:16~18の御言葉は私も個人的にとても好きな聖句です。

『いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。全ての事について、感謝しなさい。』

とてもシンプルですが、大切なことですよね。

喜ぶこと、祈ること、感謝すること。この三つは正直、クリスチャンなら誰でもしているのではないかと思います。

教会に行っている人で、喜ぶことも祈ることも感謝することも全くしない、という人は恐らくいませんよね。

でもこの御言葉は異邦人に向かって言っているのではなく、信じている人に向かって話している言葉です。だからもう少し深く考えてみる必要があります。

嬉しい時は誰だって喜ぶし、良いことがあれば感謝するだろうし、辛い時、感謝したいとき、神聖な気持ちになった時などは祈りたくなると思います。

でも、聖書で言っているのは、「いつも」喜んでいなさい。「絶えず」祈りなさい。「すべての事について」感謝しなさい、なんですね。

これが結構難しいんじゃないかと思うんですよ。

嬉しいことがあった時に喜ぶのは普通です。でも、「いつも」ということはそうじゃない時も含めていつも喜びなさいという事ですよね。

祈りたいときに祈るのも普通です。でも「絶えず」ということは祈りたくない時も含まれます。

自分に良いことがあった時に感謝するのは普通です。でも「すべての事について」ということは、自分にとっては良いと感じられないことも含まれます。

だから、自分は喜ぶし、祈るし、感謝もするから大丈夫、という単純な事ではないと思うんです。

今、世の中は喜んで感謝できるような状況ではありません。天を恨んでいる人もいるかもしれません。

でも、こんな時だからこそ、より一層神様に目を向ける必要があるのではないかと思うのです。

誰だって自分自身の事ばかり考えたり、良くない事柄だけに目を向けていると気が滅入るし、視野が狭くなって、心や考えも窮屈になっていきます。

そういうところにサタンが付け込みます。

しかも、人生の答えは最後まで行かないと分かりません。今だけを見て判断はできません。

そんなことは分かってるよ!という人もいるかもしれません。

実際、特に喜ぶような出来事や良いことがなくても、逆に嫌なことがあったとしても、いつも喜んで祈って感謝するというのは簡単なことではないでしょう。

私が思うに、これを実行するのは正直難しい時もあるけれど、そうしようとトライする姿を神様はご覧になっているのではないかと思うんです。

神様は辛い思いをしている人を理解できないのではありません。そこからどうするのかをご覧になっているのです。

個々の事柄について嫌なことがあった時、振り返ってみて自分に間違いがあったなら悔い改めれば解決できるでしょうし、よくわからなくても「私には神様がついている。神様が自分を悪いようにはしないだろう」と信じて自分の責任分担を確実に果たしていく事が信仰心なのではないかと思うんです。

逆に疑うとやらなくなります。(^^;

これってやってて意味あるの??と思い始めるからです。

そうしてやらなくなると進まなくなります。やらないから進まないのだけれど、サタンが違う思考を入れます。私に嫌なことがあったからだと。

自分自身はそれで納得かもしれませんが、それをご覧になった神様は悲しまれるし、サタンは喜びます。

サタンはとにかくその人と神様の関係を切れば成功です。

だから、こういう時だからこそサタンに騙されないことが大切です。

何があっても神様を恨まず、常に賛美しながら祈り求めて自分の責任分担を果たした後、ダビデのように「苦しみに遭ったことは私に良いことだった」(詩篇119:71)と言えるのではないでしょうか。

ダビデのように何があっても神様に感謝して、賛美して乗り切っていきたいですね。

-その他, 聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使徒行伝第24章

『使徒行伝解説シリーズ』第24章をアップしました! 前回はパウロがユダヤ教の議会にかけられ、パウロは知恵を使いながら自分の言い分を述べ伝えたところ、議会がサドカイ派とパリサイ派の争論になり、それが激化 …

no image

積み重ね

実は…来月からまた新たな企画を考えているんです。 今週はその企画に関する原稿を書こうと思ってあれこれその企画に関連するサイトを調べていましたが、改めて、私は本当に聖書をわかりやすく面白く学ばせてもらっ …

使徒行伝25・26章

『使徒行伝解説』シリーズ最新版をアップしました! 前回は、パウロがカイザリヤで裁判を受けましたが、総督のペリクスがパウロに罪がないのを認めながらもユダヤ人の歓心を買うために判決を先送りにし、2年間パウ …

使徒行伝第14章

「使徒行伝解説」の最新版(第14章)をアップしました! 前回からパウロの第一回伝道旅行が始まりましたが今回はその後半です。 パウロとバルナバは、ピシデヤのアンテオケからイコニオムという所に移動し、迫害 …

使徒行伝第20章

『使徒行伝解説』シリーズ、第20章をアップしました! 前回の19章では、エペソで銀細工人のデメテリオがパウロに対して暴動を起こしてしまうという事件がありました。 その騒動自体はローマの役人が来て抑えら …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。