その他

水中の救助法

投稿日:

今日、先生が海で溺れた人を助ける方法について話されていましたね。

実は私、過去に「日赤水上安全法救助員」という資格を持っていたんです。もう切れてますけど。(笑)

どういう資格かというと、まさしく溺れた人を救助するための資格です。

救助の一番の鉄則は二重事故を起こさない事です。溺れている人を救助するために救助員が溺れてはいけない、ということなんです。

ですから、まずは救命用の浮き輪などを投げて掴ませることができる状況なら救助員が水中に入らず、陸上から救命具を投げて救助します。

それができない状況の場合、救助員が飛び込んで救助することになります。

その時、溺れている人の背後から掴んで救助するのが鉄則です。前から行くと掴まれるからです。溺れてる人は藁をもつかもうとする状況ですから誰かが行けば必死にしがみつきます。そうすると救助員も一緒に沈んでしまうんですね。先生の仰ったとおりです。ですから、必ず背後から近づきます。

近づき方は基本、顔上げクロールです。救助の時はターゲットから目を離してはいけないため、常に顔を上げたまま泳ぎます。

顔を上げていれば平泳ぎでもダメではありませんが、平泳ぎではスピードが遅いので救助の場合は基本顔上げクロールです。慣れないと結構難しいかも。

どうしても状況的に背後から近づけない場合、正面から近づきますが、その時は溺れている人に掴まれないために通常ではあり得ないことをします。

まず掴まれない程度の至近距離まで来たら、いったん潜って溺れている人の下に入り、背面を思いっきり蹴り上げます。そうすると溺れている人が瞬間水上であおむけ状態になるので、その時素早く浮き上がって溺れている人の頭の側に回り、下から首根っこを掴みます。その後すぐに首を掴んでない方の手で溺れている人の顎を上げて気道を確保します。

さすがに殴りはしませんけど、少々荒手ですよね。でも水中なのでそこまで痛くないはずです。(笑)

正直、救助って善意だけでは難しいです。二重事故を起こしかねませんから。方法を分からないとかえって危険ですし、技術がないとできません。

肉体の救助も、霊魂の救助もしっかり学んで技術も身につけていきたいですね!

-その他
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

栓抜き

ちょっと驚いた出来事がありました。先に言っておきますが、決して批判したいわけじゃなくて、純粋に驚いたという出来事です。 先日私がとある場所で、若い男子(おそらく高卒の新入社員)がビンのジンジャエールと …

no image

ない恵み

摂理にいると感謝することがいろいろあるけれど、最近、世の中の文化を切ることにもがいている若者を見ながら感謝したことがある。 それは自分が幼い時最新技術の恩恵に預からなかったこと。 つまり、TVゲームや …

no image

プレゼント

昨日願い求めたからか、とうとうリスちゃんの写真撮れました~。 ハレルヤ!! しかも、いつもはすばしっこいリスが、その時は私の前でポーズまで取って静止してくれました!! こんな事もあるんですね~。 これ …

no image

鎮痛剤で脱毛?

昨日、ある記事を読んでびっくり! 市販の鎮痛剤には、副作用として脱毛することがあるそうなんです! 実は私、もう10年以上頭痛薬を常用しているんです。ただ、ここ最近はようやく服用の頻度がかなり減ってきま …

no image

今日からこちらです!

今までロリポブログ(ジュゲム)だったんですが、せっかくドメインを取ったので、こちらに移すことにしました! 以前の記事はほとんど破棄することにし、反響の多かった記事や、個人的に思い入れのあるものだけこち …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。