独り言

知者の心

投稿日:

世の中はもっぱら新コロナの話題ですね。

日本でも政府から大規模イベントの中止・縮小要請があったり、特定の地域からの入国禁止令が出たり。。。ニュースを見ても不安を煽るようなものが多いです。

そんな中、私達は全員マスク着用から始まり、今週はモバイル礼拝をするなど、今までにない新しい方法を取り入れながら活動を停止せずに続けていますね。

この状況を見ながら旧約聖書のある聖句が思い浮かびました。

【伝道の書8:5~8】

『 命令を守る者は災にあわない。知者の心は時と方法をわきまえている。
人の悪が彼の上に重くても、すべてのわざには時と方法がある。

 後に起る事を知る者はない。どんな事が起るかをだれが彼に告げ得よう。 
風をとどめる力をもつ人はない。また死の日をつかさどるものはない。戦いには免除はない。また悪はこれを行う者を救うことができない。』

後に起こることなんて誰にも分からないし、神様が行われることを誰も避けることができませんが、これだけははっきりしているという事です。

その事態は悪によっては解決できない。だけど、知者は時と方法をわきまえていて乗り越えることができる、という事。

つまり、どんな状況でも乗り越える術があるという事です。

今回の先生の判断を見ながら、本当に、知者の心は時と方法をわきまえているし、全てのわざには時と方法があるのだな~と思いました。

私達は時に応じて知者に方法を教えてもらえるから幸いですね。

改めて感謝しながら今できることを日々やって行こうと思いました。

今日も皆さんの上に主の祝福がありますように💛

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

人は外側だけではわからない

ヨハネによる福音書4章には有名なサマリヤの女の話が出てきます。 今朝、サマリヤの女の話を聞きながらふと『人は外側の経歴だけじゃわからないな~』という考えが浮かんできました。 よく、人は見かけによらない …

人はいろんな顔を持っている

人にはいろいろな顔があります。同じ人でも時と場合によって、また立場によっていろいろな顔を見せます。 機嫌が悪い時、良い時、悲しい時、嬉しい時、緊張している時、リラックスしている時、仕事の時、家族といる …

煽られない人生

最近、煽り運転関係のニュースが増えてますよね。しかも益々悪質化しているような気がします。 ニュースを見ながら、なんとなく。。。これ、本来の日本人の性質なのかな?という疑問が湧いたんです。 というのも、 …

今年の二か月

今日は2月29日。2月も最終日になりました! 早いもので今年もすでに2か月が経ったという事になります。 今月がどういう月だったかを振り返ってみた時、改めて新型コロナウィルスに翻弄された一か月だったなと …

これが福音だ!

昨日説教中にふと感じたこと。(説教の内容とは関係ないのですが。。) 今まで、先生がサッカーをしたとか、修練会の様子とか、そういうのって歴史の一コマとして捉えていたんですね。 実際歴史の一コマなんだけど …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。