独り言

知者の心

投稿日:

世の中はもっぱら新コロナの話題ですね。

日本でも政府から大規模イベントの中止・縮小要請があったり、特定の地域からの入国禁止令が出たり。。。ニュースを見ても不安を煽るようなものが多いです。

そんな中、私達は全員マスク着用から始まり、今週はモバイル礼拝をするなど、今までにない新しい方法を取り入れながら活動を停止せずに続けていますね。

この状況を見ながら旧約聖書のある聖句が思い浮かびました。

【伝道の書8:5~8】

『 命令を守る者は災にあわない。知者の心は時と方法をわきまえている。
人の悪が彼の上に重くても、すべてのわざには時と方法がある。

 後に起る事を知る者はない。どんな事が起るかをだれが彼に告げ得よう。 
風をとどめる力をもつ人はない。また死の日をつかさどるものはない。戦いには免除はない。また悪はこれを行う者を救うことができない。』

後に起こることなんて誰にも分からないし、神様が行われることを誰も避けることができませんが、これだけははっきりしているという事です。

その事態は悪によっては解決できない。だけど、知者は時と方法をわきまえていて乗り越えることができる、という事。

つまり、どんな状況でも乗り越える術があるという事です。

今回の先生の判断を見ながら、本当に、知者の心は時と方法をわきまえているし、全てのわざには時と方法があるのだな~と思いました。

私達は時に応じて知者に方法を教えてもらえるから幸いですね。

改めて感謝しながら今できることを日々やって行こうと思いました。

今日も皆さんの上に主の祝福がありますように💛

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

宝を持っている人生を享受しよう!

今朝、先生のメッセージを聞いて、なんとなく「宝の持ち腐れ」という諺が思い浮かびました。 神様に栄光を帰することをお金に喩えてくださいましたね。 神様に栄光を帰することは、お金を使って享受するのと同じだ …

サバクトビバッタの性質②

昨日、サバクトビバッタのことについて書きましたが、その際、このバッタがモーセの10の奇跡のバッタかもしれないと思ったけど、聖書を調べたらモーセの時はイナゴだったという内容を書きました。 それについて、 …

私たちが恐れるべき存在は?

またコロナの陽性者数が増えてきて世間が騒がしくなってますね。。 私は以前からそこまで怖がらない派なので、この騒ぎには閉口しています。 そう思う理由はいくつかありますがそれを言い始めると話が脱線するので …

今日から10月!

今日から10月ですね! まだ暑いので10月の雰囲気は感じられないですが、確実に時は10月を迎えています。 自分がどう感じていようが、もう10月。つまり今年もラスト3か月ということです。 そのことを考え …

これが福音だ!

昨日説教中にふと感じたこと。(説教の内容とは関係ないのですが。。) 今まで、先生がサッカーをしたとか、修練会の様子とか、そういうのって歴史の一コマとして捉えていたんですね。 実際歴史の一コマなんだけど …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。