独り言

黙っていればよかったものを。。

投稿日:

最近紙面をにぎわせているある団体について思ったこと。

元々自分たちへの対応が不服だったから相手を攻撃し始めた、というのが騒ぎの始まりだったけれど、かえってそれが自分たちに返ってきて自分たちが攻撃対象になり始めている。。。というのが今の状態かと思います。

黙っていればよかったものを。。。

というのも、ニュースにならなければ一般国民はその存在すらほとんど知らなかったのに、彼ら自らが騒ぎ始めてメディアが取り上げたことで人々が関心をもつようになったのです。

そして人々がその団体について調べるようになり、調べれば調べるほど実態が明らかになってしまったのです。

その実態が良いものなら良かったんですけどね。。

さらに、日ごろからその団体について良く思ってない同業者が否定的な見解を表明し始めました。

まだこの問題は結末に至ってませんが、明らかに、風向きは最初に攻撃をし始めた側に不利になってきていますね。

攻撃の始まりは自分たちが不服だったことです。

つまり、気に入らなかったからということです。

でも法的に相手を訴えられるような内容ではなかったわけです。

それであれこれ相手に難癖をつけて自分たちの優位性をアピールしようとしたのだと思います。

ところが、今はインターネットの時代。

世の中にはニュースの内容を検証してくれる人がたくさんいるので、瞬く間にその情報がネット上に広がってしまいます。

それでむしろこの団体の闇が次々と暴露されていっているという。。。(^^;

結局これも、ハマンのような結末になっちゃうんじゃないのかな?

自分への対応が不服だからと言って相手を攻撃するとこうなるんだなということを深く悟れる出来事だと思いました。

人間が欲に目がくらむと本当に怖いですね。

自分のポジションとか、利権とか、待遇とか。。

こういう肉的なものは必ず終わりが来るものなんですけどね。

永遠なものがわからないと、こういうものにしがみついてしまうのかもしれませんね。

最後に聖句を一つ紹介します。

『愚者の口の言葉の初めは愚痴である、
またその言葉の終りは悪い狂気である。
愚者は言葉を多くする、
しかし人はだれも後に起ることを知らない。
だれがその身の後に起る事を
告げることができようか。』
(伝道の書10:13~14)

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

天国は自分から

今朝の先生のメッセージで、自分が天国じゃないと環境の天国も楽しめない、というような内容があったと思います。 この話を聞きながら、以前バイブルスタディーにあった「千年王国論」の講義を初めて聞いた時の感動 …

最近読んだ本

私は元々読書が好きな方だったのですが、指導者になってからは一般的な読書は控えるようにしていました。 特に小説は。 何かの知識を得るための読書は必要に応じてしていましたけど、メインは聖書と聖書の研究にす …

旅の道連れ

昨日、ふと唐突に思い出したことがあります。 それは先生が以前説教で、いなくなった人についておっしゃっていた内容です。 どういう話かと言うと、『旅をする時は途中で出会って一緒に居てくれる人がいるだけであ …

気分から新しく!

「霊も肉も新しく!」 素晴らしい御言葉で一年がスタートしました! 年が新しくなったタイミングで「新しくなろう」というメッセージが来たから希望的ですね! 一つとても小さなことなのですが、私事でちょっとだ …

不思議な夢

先週、寝込んでいる時不思議な夢を見ました。 夢の全体像は覚えてなくて、ある一部分だけしか覚えてないのですが、それが印象的だったのです。 夢の中で、私の電話に着信が来ました。 その電話というのがこの世で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。