独り言

もらったもの

投稿日:

今週の主題「主と共に忍耐と祝福」。

主と共に忍耐して艱難にも打ち勝ったから祝福をもらったし、艱難に勝った皆さんにも祝福がある、という内容だったかと思います。

私自身、一体何をもらったのかな~と考えてみました。

私は大学卒業後、ほぼ神様の仕事のみの人生だったので。

きれいごとを並べるつもりはありません。

率直に何だったんだろう??と考えてみたんです。

正直、世の中の人と比べたらモノはたくさんもらったとはいえないような気がしています。

私の世代はいわゆるバブル世代。就職氷河期に入る直前の世代です。

今ではあまり考えられないかもしれませんが、当時は日本がイケイケでした。(笑)

就職も売り手市場で、大学時代の友人は大手企業に数社受かっていくつか蹴って就職しました。

そういう人が決して珍しくなく、むしろ一般的でした。

よっぽどまじめな人か、親の方針か何かじゃなければ公務員なんてなろうとしませんでしたね。

当時は企業の方がはるかに給料が良かったし。試験受けるの面倒だし。

そんな風潮の中、私は教会で働くことになったんです。

とは言っても当時は教団もなく、宣教費もなかったので事実上ボランティア状態。

バイトでお小遣い程度を稼ぎながら宣教にいそしんでいました。

肉的に見たらフリーターです。

当時は今みたいにフリーターが市民権を得てませんでしたから、バブル時代に正社員にならない人ってよっぽどおかしな人という認識でしたし、私自身も肩身が狭いという思いがありました。

もっと言うと、バイトで稼いだお金の一部(半分くらい?)は当時の聖殿の家賃に回されていました。

だから本当にお小遣い程度しか手元になかったんです。

同世代の人が華々しい生活を送っているのを横目に、自分はお金もなく、社会的地位もなく、逆に迫害や悪口と闘いながら歴史を広げることが若い時は屈辱的に感じたこともありました。

まぁ、そんなこんなで今に至るわけですが。。。

今でも口が裂けてもお金持ちとは言えないですよ。(笑)

でも、私自身振り返ってみて、一番何を得たかを考えてみたら。。。ズバリ!「生存能力」!

さすがにパウロ先生のように「ありとあらゆる境遇に処する秘訣を心得た」とまでは言えませんけど、一般的な日本人にはありえないいろんな境遇を経験したように思います。

絶対無理!と思えるようなことも、どうにかこうにか何とかするわけです。(そうせざるを得なかった。。。)

おかげでいろんなことに免疫ができたせいか、良くも悪くも、一々動じなくなりました。(^^;

感情と行動を全く切り分ける能力もつきました。

こういうのってお金では買えないですからね。

ちょっと上から目線で申し訳ありませんが、現代人が親からも社会からも教会からも過保護に育てられているのを見ても、少しも羨ましいとは思いません。

だってすぐに落ち込んだり、病んだりするじゃないですか。

まぁ、良く言えばデリケート。

感情的には人を落ち込ませる人間や制度が悪いんだけど、総合的に見ると、落ちる人が損なんですよ。

その間停滞するから。

落ちる人が悪いと言ってるのではなく、それだけサタンの影響を受けやすい状態のまま生きてるという事です。

今は保護してもらうことが権利みたいになってるでしょ?

でも自分で霊的肉的サタンを撃退した方がはるかに効率がいいんです。

世の中で生き抜くには一番必要な能力を身につけさせてもらったような気がします。

皆さん、華々しいものを期待してましたか?

勿論、そういうものをもらった人もいるでしょう。

でも、私は地味だけどとても良いものをもらったと思って神様に感謝しています💛

何があっても何とかして生き抜いて突き進む力。

これからも大いにこの力を発揮して生きていこうと思います。(笑)

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

問題はチャンス!

自分の人生に問題は起きてほしくない、と誰もが思うでしょう。私自身もそう思っていました。 でも、昨日のメッセージを聞いたら目からうろこが落ちました! 「人生には問題があるが答えもある。この、“問題と答え …

世界的行事

とうとう東京オリンピックが開幕しましたね! なんだか未だに賛否両論あるようですが、私の個人的スタンスとしては、もう始まってしまったものをいつまでもああだこうだ言い続けるのはどうかと思いますし、選手たち …

憧れが最高の教育

先日、私が「講師訓練について」という記事の中でおすすめの講義の仕方を書きましたがそれにはモデルがいます。(「講師訓練について」の記事はこちら⇒ https://pastor.tokyo/own-opi …

人の認識の変化

昨日(6/7)は3か月ぶりにコロナによる死者数がゼロだったそうです! まだ油断はなりませんが、確実に終息には向かっているという点では喜ばしい知らせですね。 東京都の感染者数はこのところ二けたが続いてい …

人はいろんな顔を持っている

人にはいろいろな顔があります。同じ人でも時と場合によって、また立場によっていろいろな顔を見せます。 機嫌が悪い時、良い時、悲しい時、嬉しい時、緊張している時、リラックスしている時、仕事の時、家族といる …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。