独り言

旅の道連れ

投稿日:

昨日、ふと唐突に思い出したことがあります。

それは先生が以前説教で、いなくなった人についておっしゃっていた内容です。

どういう話かと言うと、『旅をする時は途中で出会って一緒に居てくれる人がいるだけでありがたい時がある。途中で居なくなった人は旅の道連れとして居てくれた人だと思えばいい。』と。大体こんな内容だったと思います。

何でこの話が思い出されたのかは自分でもわかりません。でも急にそれが思い出されました。

でもこの話を聞いた時、妙に納得した記憶があります。

伝道頑張っている方は物凄く分かると思いますが、一生懸命真心こめて伝道してお祈りして尽くしてあげて講義もして・・・という風にやっていて居なくなってしまうと、正直、もの凄く力が抜けますよね。その後腹が立ってきたり悲しくなってきたり。

「あの時間は何だったんだ!私の時間を返せ!!」と言いたくなることもあるし、「なぜこんなことに??」と疑問ばかりが湧いてくることもあります。悲しくて落ち込んだり自信を失ってしまう人もいるでしょうし、人によっては人間不信になってしまうこともあるかもしれません。

でも、「旅の道連れだった」と思えば自分の心と折り合いが付きます。

一人旅をしていると、少しの期間でも話し相手になってくれる人がいたり途中まででも道案内してくれる人がいるだけでありがたいじゃないですか?

そういう存在だったのだと。

一生懸命その人を導いた期間、きっとその人がいたから自分も張り切って走れたのだろうし、成長できたのだろうと。もしその人がいなかったら信仰生活がつまらなかったかもしれないなと。

だからその人は、ずっと一緒に行けたなら良かったかもしれないけれど、そうじゃなかったとしても、その時その時旅の道程で自分の歩みを進めるために、また、自分が退屈しないために神様が送ってくださった人だったのだ、と思えば良いということです。

こう考えると、今まで自分がやってきたことが、たとえうまくいかなかったとしても全て意味のある事だったと思えますし、感謝の心すら湧いてきます。あの期間だけでも一緒に居てくれてありがとうと。

天の考え方を教わるといつも前向きになれますね。

何があっても感謝とは言うけれど、実際悲しみの真っただ中で感謝しろと言われても正直難しいです。でも、感謝できる考え方を教わることで自然と感謝の心が湧いてきますね。

御言葉に感謝です💛

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

明確に目的地を示されるから大胆になれるのでは⁈

ヨシュア記の内容を考えながら何となく思ったこと。 モーセの時にエジプトからカナンへ行くという指令が神様から出されましたが、その時はみんな喜びました。 ところが、行く道に艱難苦難が多くてだんだん行く気が …

今年の二か月

今日は2月29日。2月も最終日になりました! 早いもので今年もすでに2か月が経ったという事になります。 今月がどういう月だったかを振り返ってみた時、改めて新型コロナウィルスに翻弄された一か月だったなと …

これも時代性⁈

また新しい一週間が始まりました! 主日の説教でも新しいメッセージが宣布されましたね。 今回は、その説教中に私がちょっと「あれ?」と思ったことを書こうと思います。 あらかじめ断っておきますが、今からお伝 …

マスクに嫌気がさしていたら。。。

最近ふと、いい加減にマスクの要らない世の中に戻ってほしいな。。。なんて思ってました。 マスク鬱陶しいなと。 それと、道行く人々がみんなマスクしていて誰の表情も分からないなんて、ある意味怖い世の中になっ …

指摘と見くびりは違う

月曜日になりました!今週もまた新しいみことばと共に新しい一週間が始まりました! 毎週毎週新しく一週間をくださることに感謝します! 昨日の説教で私が個人的にヒットしたのは、説教の核心ではないのですが、最 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。