独り言

旅の道連れ

投稿日:

昨日、ふと唐突に思い出したことがあります。

それは先生が以前説教で、いなくなった人についておっしゃっていた内容です。

どういう話かと言うと、『旅をする時は途中で出会って一緒に居てくれる人がいるだけでありがたい時がある。途中で居なくなった人は旅の道連れとして居てくれた人だと思えばいい。』と。大体こんな内容だったと思います。

何でこの話が思い出されたのかは自分でもわかりません。でも急にそれが思い出されました。

でもこの話を聞いた時、妙に納得した記憶があります。

伝道頑張っている方は物凄く分かると思いますが、一生懸命真心こめて伝道してお祈りして尽くしてあげて講義もして・・・という風にやっていて居なくなってしまうと、正直、もの凄く力が抜けますよね。その後腹が立ってきたり悲しくなってきたり。

「あの時間は何だったんだ!私の時間を返せ!!」と言いたくなることもあるし、「なぜこんなことに??」と疑問ばかりが湧いてくることもあります。悲しくて落ち込んだり自信を失ってしまう人もいるでしょうし、人によっては人間不信になってしまうこともあるかもしれません。

でも、「旅の道連れだった」と思えば自分の心と折り合いが付きます。

一人旅をしていると、少しの期間でも話し相手になってくれる人がいたり途中まででも道案内してくれる人がいるだけでありがたいじゃないですか?

そういう存在だったのだと。

一生懸命その人を導いた期間、きっとその人がいたから自分も張り切って走れたのだろうし、成長できたのだろうと。もしその人がいなかったら信仰生活がつまらなかったかもしれないなと。

だからその人は、ずっと一緒に行けたなら良かったかもしれないけれど、そうじゃなかったとしても、その時その時旅の道程で自分の歩みを進めるために、また、自分が退屈しないために神様が送ってくださった人だったのだ、と思えば良いということです。

こう考えると、今まで自分がやってきたことが、たとえうまくいかなかったとしても全て意味のある事だったと思えますし、感謝の心すら湧いてきます。あの期間だけでも一緒に居てくれてありがとうと。

天の考え方を教わるといつも前向きになれますね。

何があっても感謝とは言うけれど、実際悲しみの真っただ中で感謝しろと言われても正直難しいです。でも、感謝できる考え方を教わることで自然と感謝の心が湧いてきますね。

御言葉に感謝です💛

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「ない」という祝福

今週は金持ちの青年の話が聖書の本文でしたね。 その個所の先生の話を聞きながら、私は何も持ってなくて何も知らなかったことが祝福だったんだなと思いました。 当時は学生でしたから、財産もなかったし、社会的地 …

煽られない人生

最近、煽り運転関係のニュースが増えてますよね。しかも益々悪質化しているような気がします。 ニュースを見ながら、なんとなく。。。これ、本来の日本人の性質なのかな?という疑問が湧いたんです。 というのも、 …

経験者は強い!

世の中を見ていて、また教会のいろんな人たちを見ていて思うことがあります。みんな、様々な事を心配しているな~と。 世の中の人たちは、最近の年金問題や終身雇用終了のニュースなどからお金の心配をものすごくし …

夢に出てきた母

今朝、珍しく死んだ母が夢に出てきて目が覚めました。 母が私たちの集まり(何の集まりかは不明)にやってきて、みんなの前で自己紹介をしていたんです。 夢の中では確かに私の母であり、私がみんなに「私のお母さ …

艱難と感じるとき

今朝、艱難とはどういうことなのかな?という事について何となく考えを巡らせていました。 そもそも「艱難」という言葉自体が否定的なイメージですよね? 大変、困難、ストレス、苦労・・・等々。 少なくとも「艱 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。