独り言

共感の罠

投稿日:

もしかしたら私が知らなかっただけかもしれないのですが、最近、一般人のVlogが流行っているみたいですね。

なぜか、私のYouTubeのおススメで上がってくるようになって。。

しかも、タイトルが気になるんです。

もしかして自虐ネタ?と思えるようなタイトルが多いのです。

例えば「アラフィフ 無職」とか「妻子なし ぼっち飯」とか「人生やり直し」「○○才 派遣切り」とか。

もしかしたら私と年代が被るからおススメに上がってくるのかな??

あぁ、でも20代の子のものもありますね。。

とにかく今月に入ってからこういうタイトルをよく見かけるようになったので気になっていくつか中身を見てみたんです。

そうしたら、見てびっくり!!本当にそのままなんですよ。

生活の一部をそのまま映像に流してる感じ。ただ一人で寂しく食事をしている場面とか部屋を片付けている場面とか。

中には最初から最後までみじめ感が漂ってるものもありました。

でも、それが結構人気なんですね。

有名なYouTuberさんほどではないにしろ、それなりに登録者数があり、「あなたは悪くない!」「それはひどい会社だ!」とか「私も同じ境遇です!」などのコメントがたくさんついているのです。

それで思ったんです。

今は尊敬すべきものやキラキラしたものにあこがれるよりも、ただ共感したい人が多いのだなと。

そうそう、自分も同じ!自分だけじゃないんだ!と。

良い悪いは別としてこれが今の現状なんだなと。

なんとなく。。。今のご時世、世の中が全体的に暗いじゃないですか?少なくとも明るいニュースはあまり見られませんよね?

それで人々の心が向上することに向かうよりも、モヤモヤ感や理不尽さを誰かと共有することでストレスを解消しようとしているのかなと思いました。

ただね、皮肉なことに、そうやってみじめ感を出してるYouTuberさん本人は、どんどん登録者数も増え、再生回数も増えて広告が付き、恐らくそれが収入源になって次第に生活が良くなっていったりするんですね。

だからある意味とてもたくましい人達なんだと思います。

それに対して視聴者側は、それを祝福する人がいる一方で、そのままでいてほしいというコメントもついたりしていて、結構勝手だなと思いました。

みじめ感でも何でもさらけ出してそれをネタにしながら動画を取り、アップした人は結局はみじめから脱出。。。

しかしそれを見て共感しているだけの人は動画主の変化に共感できなくなっていく。。

そして次のターゲットを見つける。。もちろんターゲットになるのは「みじめな人」。自分と同じ人。

こういう状況を見て思ったのは、共感を求めるだけの人は変化できないなということ。

一緒になって「そうだよね」と言ってるだけでは何も変わらないどころか、どんどん取り残されていくなと思いました。

一瞬気は休まるかもしれないし、自分だけじゃないんだという安心感が得られるのかもしれませんが、実際は何の解決にもならないんですよね。

神様は自らしようとする人を祝福してくださいます。

こういうご時世だからこそ「共感の罠」に注意しないといけませんね。

-独り言
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

気丈に生きる!

なんとなく最近考えたことがあります。ただ、あくまでも私の個人的な考えで、反対意見もあるのは承知の上、という前提で読んでいただけたらと思います。 昔の人って強いですよね。いろんな意味で。そう思いませんか …

天国は自分から

今朝の先生のメッセージで、自分が天国じゃないと環境の天国も楽しめない、というような内容があったと思います。 この話を聞きながら、以前バイブルスタディーにあった「千年王国論」の講義を初めて聞いた時の感動 …

明確に目的地を示されるから大胆になれるのでは⁈

ヨシュア記の内容を考えながら何となく思ったこと。 モーセの時にエジプトからカナンへ行くという指令が神様から出されましたが、その時はみんな喜びました。 ところが、行く道に艱難苦難が多くてだんだん行く気が …

変わらないもの

昨日(11/25・水)の夜は名曲の集いでしたが、先生が1曲目の歌の解説をしていた背景の映像を見て、個人的に恵みを受けてました。 先生が、ちょうど食べごろに実った柿の木の前で話していたんですね。 鮮やか …

嫉妬は自滅の元

誰でも人を羨ましく思ったり、人を見て自分がみじめに感じたりした経験ってあると思います。逆に一度もないという人は凄いです。 ただ、その惨めな思いや悔しい思い、羨む心が原動力となって何かを一生懸命取り組む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。