独り言

共感の罠

投稿日:

もしかしたら私が知らなかっただけかもしれないのですが、最近、一般人のVlogが流行っているみたいですね。

なぜか、私のYouTubeのおススメで上がってくるようになって。。

しかも、タイトルが気になるんです。

もしかして自虐ネタ?と思えるようなタイトルが多いのです。

例えば「アラフィフ 無職」とか「妻子なし ぼっち飯」とか「人生やり直し」「○○才 派遣切り」とか。

もしかしたら私と年代が被るからおススメに上がってくるのかな??

あぁ、でも20代の子のものもありますね。。

とにかく今月に入ってからこういうタイトルをよく見かけるようになったので気になっていくつか中身を見てみたんです。

そうしたら、見てびっくり!!本当にそのままなんですよ。

生活の一部をそのまま映像に流してる感じ。ただ一人で寂しく食事をしている場面とか部屋を片付けている場面とか。

中には最初から最後までみじめ感が漂ってるものもありました。

でも、それが結構人気なんですね。

有名なYouTuberさんほどではないにしろ、それなりに登録者数があり、「あなたは悪くない!」「それはひどい会社だ!」とか「私も同じ境遇です!」などのコメントがたくさんついているのです。

それで思ったんです。

今は尊敬すべきものやキラキラしたものにあこがれるよりも、ただ共感したい人が多いのだなと。

そうそう、自分も同じ!自分だけじゃないんだ!と。

良い悪いは別としてこれが今の現状なんだなと。

なんとなく。。。今のご時世、世の中が全体的に暗いじゃないですか?少なくとも明るいニュースはあまり見られませんよね?

それで人々の心が向上することに向かうよりも、モヤモヤ感や理不尽さを誰かと共有することでストレスを解消しようとしているのかなと思いました。

ただね、皮肉なことに、そうやってみじめ感を出してるYouTuberさん本人は、どんどん登録者数も増え、再生回数も増えて広告が付き、恐らくそれが収入源になって次第に生活が良くなっていったりするんですね。

だからある意味とてもたくましい人達なんだと思います。

それに対して視聴者側は、それを祝福する人がいる一方で、そのままでいてほしいというコメントもついたりしていて、結構勝手だなと思いました。

みじめ感でも何でもさらけ出してそれをネタにしながら動画を取り、アップした人は結局はみじめから脱出。。。

しかしそれを見て共感しているだけの人は動画主の変化に共感できなくなっていく。。

そして次のターゲットを見つける。。もちろんターゲットになるのは「みじめな人」。自分と同じ人。

こういう状況を見て思ったのは、共感を求めるだけの人は変化できないなということ。

一緒になって「そうだよね」と言ってるだけでは何も変わらないどころか、どんどん取り残されていくなと思いました。

一瞬気は休まるかもしれないし、自分だけじゃないんだという安心感が得られるのかもしれませんが、実際は何の解決にもならないんですよね。

神様は自らしようとする人を祝福してくださいます。

こういうご時世だからこそ「共感の罠」に注意しないといけませんね。

-独り言
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

サバクトビバッタの性質

今年はコロナで世界中が大騒ぎの年になってますが、その裏(?)でバッタの大発生も問題になってますね。 ニュースでご存じの方も多いと思いますが、今年2月に東アフリカで大発生した「サバクトビバッタ」です。 …

人はいろんな顔を持っている

人にはいろいろな顔があります。同じ人でも時と場合によって、また立場によっていろいろな顔を見せます。 機嫌が悪い時、良い時、悲しい時、嬉しい時、緊張している時、リラックスしている時、仕事の時、家族といる …

旧時代に生き続ける悲劇

先日、主要都市では緊急事態宣言が出されました。 が、それでも出勤する人、というか、出勤させる会社があるようですね。 これにはいろんな原因があるようです。 一つは日本の伝統的なシステム的問題。 未だに紙 …

人を泣かせるような仕事はダメ!

先日、消費者センターに勤務経験がある人の体験談を交えた注意喚起の動画を見ました。 そこに、ちょっとした暴露話があり、それが非常に興味深かったので皆さんと共有したいと思います。 その人が、いわゆるノルマ …

リスの使命

今朝の御言葉を聞いてからあれこれ考えに耽ったことをお伝えしますね。 私が個人的に印象に残っていたのが「リスはチョロチョロ動き回るのが使命だ」ということ。(笑) 確かにそうだな、と。可愛いリスを見ただけ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。