独り言

耐えられない祝福

投稿日:

今週、ミカとクララシリーズで「マタイによる福音書解説」の27章をアップしましたが、改めて27章の内容を吟味しながら感じたことがありました。

それは、どちらかというと信仰的なことというよりは、精神的・心理的なことなんですが。。

マタイ27章というのは、福音書の中でも最も重要な受難のシーンです。

その中で、イエス様が十字架に掛けられたとき、多くの見物人が来て嘲弄した、とあります。

そのことに私は改めて驚愕してしまいました。

何度も読んだところではあるのですが、何となく今回妙にゾッとしてしまったんです。

十字架刑って現実的にはかなり残酷な刑です。

動画でも説明しましたけど、当時は奴隷にしか与えられない刑で、ローマ市民権を持つ人は絶対にこの刑には服さないことになっていました。

考えてみてください!

生きた人間に直接くぎを打って張り付けにして、死ぬまでさらしておくんですよ!

とんでもなく野蛮な刑じゃないですか?

それをわざわざ野次馬たちが見に来て面白おかしく罵っているんです。

皆さん、そんな場面を面白おかしく見物できますか?

恐らく、現代人だったらクリスチャンじゃなくても耐えられないんじゃないでしょうか?

それこそ、そんな場面を見てしまったらPTSDを発症してもおかしくないと思うんですよ。

考えてみたら、フランス革命の時のギロチンも、公衆の面前で大々的に行われて見物人が集まっていたんですよね?

ホント、現代ではありえない状況です。

現代人は野蛮なことや残虐なことに対する耐性が弱くなってると思われます。

それだけ、敏感に感じやすくなっているともいえるかもしれません。

でもこれは人間の精神が進化してきた結果ですよね?

だからこれも神様の祝福だなと思いました。

残虐性には耐えられないという祝福。

もし、野蛮なことや残虐なことを見ても耐えられるどころかむしろ面白おかしく思えるなら、それは逆に呪いといえるんじゃないでしょうか?

野蛮や残虐はサタンの専売特許です。

それを面白がるというのはサタンとぴったり波長が合っているという事になってしまいます。

でも、実際は現代において残虐なサタンとぴったり波長が合うような人は少数派なんじゃないかと思うのです。

そう考えると、神様は全体的に長い時間をかけて少しずつ人間の心を神様の心に近付けてるんじゃないのかなと思いました。

逆に、今の時代でも残虐なことを平然とできる人は精神が遅れた人なんじゃないのかな?

サタンに主管されると遅れた人になるということですね。

今現在、(少なくとも日本においては)野蛮な公開処刑が無くなっていることに感謝ですし、野蛮なことや残虐なことに耐えられないことにも感謝ですし、自分が今の時代に生きるようになった事にも感謝だなと思いました💛

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

私の信仰の力

信仰の力っていろんなところで発揮されると思うんですが、大抵人々が期待する信仰の力って奇跡・しるしの類じゃないかと思うんです。 癒しの奇跡とか、波が静まるなどの自然現象を変える奇跡とか、または霊的な現象 …

人を泣かせるような仕事はダメ!

先日、消費者センターに勤務経験がある人の体験談を交えた注意喚起の動画を見ました。 そこに、ちょっとした暴露話があり、それが非常に興味深かったので皆さんと共有したいと思います。 その人が、いわゆるノルマ …

宝を持っている人生を享受しよう!

今朝、先生のメッセージを聞いて、なんとなく「宝の持ち腐れ」という諺が思い浮かびました。 神様に栄光を帰することをお金に喩えてくださいましたね。 神様に栄光を帰することは、お金を使って享受するのと同じだ …

良い知らせ

昨日(5/25)緊急事態宣言が全面解除されましたね!! ハレルヤ!!私は素直に喜びたいと思います! 実際、感染者数も死者数もかなり減ってきましたからね。 こういう時、決定権を下す人って本当に大変だと思 …

不思議な夢

今朝、不思議な夢を見ました。 しかも、朝の御言葉の後。(^^; 先生のお祈りまでははっきり覚えてるんですが、その後の自分の行動の記憶がなく。。。 多分、知らない間に二度寝していたのだと思います。そして …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。