独り言

聖書は現実

投稿日:

私は母がクリスチャンだった影響で子供のころからクリスチャンでしたから、教会や聖書という事に関してはある程度知識がある方だったと思います。

それでも大学生の時に先生から聖書を学んで驚くことがたくさんありました。

その中で一番認識観がひっくり返されたことは何かというと、「聖書は現実だ」ということです。

シンプルなんですけど、このことを悟った時に本当に衝撃でした。

どうしても、宗教、信仰という単語からは神秘的なものや浮世離れしたものを連想してしまいがちです。

実際私自身も、過去には教会に行って、聖なる雰囲気や現実とは違う神聖な空間に浸ることがメインになっていたような気がします。

また、聖書についても奇跡や超自然的なことが書かれている本、理想が書かれている本、という認識でした。

よく考えてみればそのように教えられたわけではないのに、いつの間にかそう思ってました。

でも、先生から聖書を学び、さらに先生と共に走ることによって認識が完全に覆されました。

まずは学んで知識としてそうだと理解したことに加え、先生を見ながら指導者として走ったことが大きいと思います。

そうしながら自分自身が聖書の中身を実体験したのです!

そうなると、聖書に書かれていることが一々リアルに感じられ、むしろ共感するようになりました。

今、『使徒行伝解説シリーズ』をYouTubeにアップしていますが、使徒行伝なんかは特に私がリアルに感じた聖書の一つです。

宣教の苦労や旧勢力との闘いなど私自身も全て体験したので、聖書の言葉が単なる知識や情報ではなく、自分の体験記とさえ感じられるほどリアルなものになりました。

私が伝道された時は教団もなく、何も整ってないときでしたから、本当に使徒行伝に記されているような活動の仕方をしていたのです。

そうなると、もう聖書は感情移入しながら読むものになります。(笑)

今となっては、聖書というのは理想論や神秘主義が書かれている本ではなく、全て当時の現実や実態が書かれているという事がわかります。

現実だとわかるからこそ、信じられるし、実行する価値があります。

また、奇跡はそんなに重要ではないという事も悟りました。

むしろ、奇跡やしるしに踊らされ、惑わされることの危険性の方が大きいと感じます。

私自身は、聖書の比喩を解き、時代背景を考慮して現実的に読むからこそ、むしろはっきり信じて霊的になれました。

そこが一番大きいですね。

先生には感謝するばかりです💛

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

今年の二か月

今日は2月29日。2月も最終日になりました! 早いもので今年もすでに2か月が経ったという事になります。 今月がどういう月だったかを振り返ってみた時、改めて新型コロナウィルスに翻弄された一か月だったなと …

リスの使命

今朝の御言葉を聞いてからあれこれ考えに耽ったことをお伝えしますね。 私が個人的に印象に残っていたのが「リスはチョロチョロ動き回るのが使命だ」ということ。(笑) 確かにそうだな、と。可愛いリスを見ただけ …

群衆心理は怖い

最近のニュースを見ながら改めて、群集心理って怖いな、と思っています。 とにかく、群衆心理に陥ると、良いか悪いかの冷静な判断ができないばかりではなく、集団で自ら望んで自滅の方向に行ってしまうことが多々あ …

使命の変遷

使命について最終日になりますが、今回は、「使命は変わる」という事をお伝えしたいと思います。 私自身、今までいろんな使命をさせてもらいました。 最初にやったのは賛美の伴奏者。 当時は音大出身者とかピアノ …

美しい音楽は癒されますね

ここ数日、久しぶりにメンデルスゾーンのピアノ曲が聞きたくなっていくつかBGMとして流していました。 聞きながら、やっぱり美しい曲は良いなぁ。。と改めて思いました。 最近は世の中のニュースを見ているだけ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。