独り言

神様の仕事に感謝

投稿日:

昨日(12/9)、当ブログでもお知らせしたとおり、使徒行伝解説シリーズの最終章を無事にアップしました!

考えてみたらこのシリーズは本当に神様が霊感を与えてくださって始めた企画だったなと改めて思いました。

確か、去年の今頃「2020年は使徒行伝の解説を出したらいいかも。。」と思ったんですよね。。

2018~19年は、いろいろな人たちのアドバイスを聞きながら、ミカさんと一緒に一般受けするものや私たちの年代にターゲットを絞ったものを出しつつ間接的に御心に導くような感じでやっていました。

でも、去年の今頃、「来年は聖書関係のものを出そうかな。。」と何となく思ったのです。

その中でも使徒行伝は今の私達の立場と合うし、共感することや学ぶことが多いんじゃないかなと思って選びました。

何か強い意図があったというよりは、何となくそうしたらいいかな。。というやんわりとした感じだったのですが、なぜか他に選択肢が思い浮かばなかったんです。

でも、2020年、蓋を開けてみたら、コロナで自粛体制に入ったし、先生も春ごろから「聖書を読みなさい」モードに入って説教の内容も聖書を解説するようなものも増えたし、やっぱりこれは御心があってのことだったのだなと思いました。

神様は先に分かって私に霊感を与えてくださっていたようです。

2月までの収録は、礼拝後に未香さんと一緒にやってましたが、自粛になってからはライン電話でつなぎながらそれぞれの家で撮りました。

状況が変わって収録体制も変わりましたが、試行錯誤しながらもいろんな方法を体験できたし、こうして無事に最後までやり通せたことに感謝です。

結局、今年は1月から使徒行伝解説をスタートして12月に最終章まで終わった、というのはとても感慨深いです。

聖書朗読の方も、実は牧会していた時からいつか出したいと思っていたことでした。

確か、当時の武蔵野教会で牧会していた時に春休み企画か何かで一度トライしたのですが、その時はみんなで読もうとしてなかなかうまくいかず、頓挫した経験があったのです。

それがちょっと心残りだったのですが、こうやって長年自分の心にあったことを今年実行できたのでそれも感謝です。

私たちのYouTubeの活動は世の中を動かすような大きなものではありませんが、それでも神様の流れに沿って活動することで、見てくれた人に救いをもたらすことになるならそれはとても嬉しいことです。

こうして神様の仕事ができることに心から感謝します💛

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

リノベーション

今日は完全に独り言。(笑) 私は過去15回以上引っ越しの経験があるのですが、そのせいか、不動産物件を見るのが結構好きなんです。 だからと言ってしょっちゅう内見しているわけじゃないですよ。 間取り図とか …

旅の道連れ

昨日、ふと唐突に思い出したことがあります。 それは先生が以前説教で、いなくなった人についておっしゃっていた内容です。 どういう話かと言うと、『旅をする時は途中で出会って一緒に居てくれる人がいるだけであ …

共感の罠

もしかしたら私が知らなかっただけかもしれないのですが、最近、一般人のVlogが流行っているみたいですね。 なぜか、私のYouTubeのおススメで上がってくるようになって。。 しかも、タイトルが気になる …

理想像

「不平不満を言わない事」というのはある意味人間の課題ですよね。 このことについて考えていたら、急に亡くなった母の事が思い浮かびました。 母はカトリック教徒でしたが父は無宗教。と言っても一応仏教徒という …

みんな宝石の家!

今週の説教はコリント人への第一の手紙3章10~17節の御言葉でしたね。 私たちの信仰を家にたとえた箇所です。信仰の家の話。 私たちがキリストという土台を据えた後、どんな風に家を建てるのかは個人の責任分 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。