独り言

プレゼント

投稿日:

今朝になってから急に思い出したのですが、昨日(11/20)は母の誕生日でした。

母が生きていた時は毎年プレゼントを贈ってました。

私がまだ信仰的に幼かったころ先生が「親の誕生日とか父母の日とかにはプレゼントくらい贈るものだ」とおっしゃったのがきっかけで毎年贈っていたんです。

牧会していた時も、母の日、父の日、両親の誕生日は忘れずに贈ってました。だから毎年11月に入ると「あ~、今月は母の誕生日があるな。今年は何を送ろうかな。」と、ちょっとだけそわそわした気分になっていました。

母はあまり物欲がない人でモノを増やすのも好きじゃない人だったので、途中からモノを贈るのはやめて、母の好きな紅茶を贈ったり、私がピアノを弾いて録音したものを贈ったりしていました。それはものすごく喜んでくれました。

プレゼントを贈ることに関しては、母よりも難しいのが父。父が何を喜ぶかなんて娘の私には良くわからないんですよね~。だからよく、母に電話してリサーチしたりしていました。

でも結局、ハンカチとか、帽子とか、無難なものが多かったかな~。

ちなみに、私の父は頭が禿げているので帽子は必需品だったんですよ(笑)。真面目な話、禿げてる人にとっては帽子がないと本当に生き辛いらしいんです。夏は直射日光が当たって辛いし、冬は寒さが直撃するしで。なので、父は外出するときは服を着るように帽子をかぶっています。

そういうわけで、父には今まで冬用、夏用、おしゃれ用など何種類も帽子をプレゼントしました(笑)。

今考えると、そういう時間も楽しい時間だったな~と思います。

今は母は他界してプレゼントすることもなくなったし、父は認知症で時間の感覚が滅茶苦茶になっちゃったのでしてません。

一度父の誕生日にわざわざ福島県の施設に出向いてプレゼントを渡しに行ったのですが、その時父に「今日は何の日だか分かる?」と聞いたら「わからない」と言うんです。それで今日が何月何日かを聞いてみたら全然違う頓珍漢な答えをしていました。

それ以来、誕生日や父の日に合わせてプレゼントを贈ることはやめてしまいました。正直、ちょっとがっかりしちゃったんですよ。そういうのって、その日を心待ちにしていてくれるからこそ贈る甲斐があるじゃないですか。

だから最近思うんです。自分が誰かのためにすることがあり、相手もそれを楽しみにしていてくれるという状況があるのはとても祝福されたことだな~と。

誰かのためにすることがあるから面倒だし大変なこともあるかもしれないけれど、そうすることで自分も相手もハッピーになるんだったらやっぱり祝福です。

最近は親にプレゼントを買うこともなくなったのでちょっと寂しい感じもしますね。今考えるとこれも祝福された愛のやり取りだったんだな~と思います。

親にプレゼントを贈るのはタイムリミットがあります。悲しいけれど現実的に、いつか終わってしまいます。親だけじゃなくて、世の中の物事は全て永遠じゃなくてタイムリミットがあります。

誰かに何かをできるのも今のうち。自分自身も年を取っていくからいつかできなくなるかもしれません。

神様に対して、主に対しても今しかできないことがあります。

だからこそ、今、何事も出し惜しみせずに、天に対しても地に対しても思う存分愛を分かち合う行いをしていきたいですね。

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

行き先が違えば道も違う

先日、あるビジネスオーナーが、自分の実体験を話していたのをちょっとだけ見たのですが、その時最初に話していたことが印象的だったのでご紹介します。 その人は、今は月収で(年収じゃないですよ!)1億円以上な …

人は外側だけではわからない

ヨハネによる福音書4章には有名なサマリヤの女の話が出てきます。 今朝、サマリヤの女の話を聞きながらふと『人は外側の経歴だけじゃわからないな~』という考えが浮かんできました。 よく、人は見かけによらない …

天国は自分から

今朝の先生のメッセージで、自分が天国じゃないと環境の天国も楽しめない、というような内容があったと思います。 この話を聞きながら、以前バイブルスタディーにあった「千年王国論」の講義を初めて聞いた時の感動 …

人の認識の変化

昨日(6/7)は3か月ぶりにコロナによる死者数がゼロだったそうです! まだ油断はなりませんが、確実に終息には向かっているという点では喜ばしい知らせですね。 東京都の感染者数はこのところ二けたが続いてい …

みんな宝石の家!

今週の説教はコリント人への第一の手紙3章10~17節の御言葉でしたね。 私たちの信仰を家にたとえた箇所です。信仰の家の話。 私たちがキリストという土台を据えた後、どんな風に家を建てるのかは個人の責任分 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。