独り言

指摘と見くびりは違う

投稿日:

月曜日になりました!今週もまた新しいみことばと共に新しい一週間が始まりました!

毎週毎週新しく一週間をくださることに感謝します!

昨日の説教で私が個人的にヒットしたのは、説教の核心ではないのですが、最後の方で先生がおっしゃっていたことで「間違いを指摘されるのは自尊心を傷つけられることではない。」ということ。

きちんとやったのに見くびるのとは違うと。

これは確かにそうだなと思いました。

きちんとやって結果も出してるのに敢えて低評価されるのと、間違っていることを指摘されるのとは全く別物ですよね。

間違いを指摘されたなら、傷ついたとか言わないで素直に受け入れて直さないといけないです。

ただ、注意しないといけないのは、「自分ではきちんとやったつもり」という事に対して指摘された時です。

自分の立場から見ると、きちんとやったのに指摘された⇒認めてもらえない・上から押さえつけられた、という思考パターンになるんじゃないのかなと。

今まで出て行った人たちを見ると(全員ではないですが)そういう人たちが多かったです。

自分は頑張ったのにここでは認めてもらえないと。

外側から見ると躓いている人もいるほどなのに、本人は頑張った・良くやったと思ってるから、自分の頑張りはきちんと見てもらえないのだと思って疎外感を感じ始めるのです。

頑張っていたのにいなくなってしまう人は大抵こういうパターンです。

なので、もし指摘を受けても納得がいかない場合は、そこで勝手に疎外感を感じたり発狂したりする前に、どこがどういう風に間違ってるのか、どうすれば間違いじゃないのかを具体的に説明を受ける必要があると思います。

もし、本当にくだらないイチャモンをつけられたならそれは黙って泣き寝入りする必要はないと思いますけどね。

あってはならない事ですが、たまに本当にイチャモン・言いがかりの場合があるのです。私自身そういう経験がありました。。当時は兄弟姉妹がそんなことをするはずがないという前提で対応していたため、こちらからは何もできず神経をすり減らすばかりで体調を崩しました。

結局最終的には全貌が分かって当事者はいなくなってしまいましたけど。。

とにかく、神様が公義の法で対処します。

もしかしたらイチャモンのつもりじゃなかったけど勘違いで結果的にそうなってしまうこともあるかもしれません。その場合は和解・和睦しないといけないですね。

誰だって頑張って立てた実績を無視されるのは嫌でしょう?だから基本的には実績者には敬意を払うべきだと思ってます。

そして何事もすぐ感情的に反応するのではなく、一旦冷静に考えてみないといけないと思います。

そういう人間的なところから初めの愛を失ってしまうことが多いからです。

でも、本当に間違ってるなら直して成長したいとも思ってるでしょう。

だから、自分の間違いを間違いだと認識できるようにお祈りすることも大事だと思います。

間違いの指摘なのに、見くびられたと勘違いしてしまうことも不幸ですからね。

初めの愛から落ちてしまう原因は様々ですが、人間同士の問題が原因の場合は神様とは関係ない所で起こっている問題なので本当にもったいないですし、それが元で出て行ってしまった(=新郎を失った)なら神様も無念だと思います。

自分の勘違いで新郎を失うことがないようにしたいですね。

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

愛で締めくくろう!

今週の説教はタラントの話でしたね。先週に引き続き今年を評価しつつ来年に向けて希望を持たせてくれる内容でした。 このタラントの話も年末にお馴染みの話で今まで何度も聞きましたが、今週は初めて聞く新しい話も …

環境で叱る

今週の主日の説教の冒頭で先生が、最近の人は言葉で叱ると落ち込む(?)から神様が環境で叱ったりする、というようなことをおっしゃっていました。 サラッと言っていた言葉ですが、今週の聖句が聖句なだけに妙に気 …

理想像

「不平不満を言わない事」というのはある意味人間の課題ですよね。 このことについて考えていたら、急に亡くなった母の事が思い浮かびました。 母はカトリック教徒でしたが父は無宗教。と言っても一応仏教徒という …

私たちが恐れるべき存在は?

またコロナの陽性者数が増えてきて世間が騒がしくなってますね。。 私は以前からそこまで怖がらない派なので、この騒ぎには閉口しています。 そう思う理由はいくつかありますがそれを言い始めると話が脱線するので …

どんどん学ぼう!

皆さん、こんにちは。 昨日(4/7)、とうとう非常事態宣言が出されてしまいましたね。(>‗<) まだしばらくは引きこもり生活が続きそうです。 ところで、皆さんは家でどう過ごされてますか? 私は最 …

PREV
NEXT
聖書の意訳

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。