独り言

人はいろんな顔を持っている

投稿日:

人にはいろいろな顔があります。同じ人でも時と場合によって、また立場によっていろいろな顔を見せます。

機嫌が悪い時、良い時、悲しい時、嬉しい時、緊張している時、リラックスしている時、仕事の時、家族といる時等々。。人はその時その場によって違う感情を持つから、場面ごとに全部違う顔になります。でも、同一人物です。

怖い上司だと思っていた人が家族と一緒にいる時にはマイホームパパだったり、逆に、家族には厳格なのに、仕事では頭を下げまくっていたりなど。こういうことはよくある話です。

逆に、どんな場面でもいつも同じ顔という人はほとんどいないでしょう。

だからこそ、ある立場での顔だけを見ながら『この人はこういう人』というレッテル張りをされたらとても悲しいですよね。

私が使命を果たしながら嫌だったことの一つがこれです。

私は立場上、壇上で話すことや人前に出て話すことが多かったのですが、その時のイメージで私の人格など全てを判断されることにとても傷つきました。

とても仲が良い人や近い関係の人たちはそうじゃなかったですが、大体、遠い関係の人、ひどい時は対話もしたことない人から勝手なイメージを持たれることが多かったように思います。

私がこれくらいだから、先生は相当大変だろうな、と思います。

人は勝手に妄想しますからね。関係が遠い人ほど妄想がひどく、あれこれ言うものです。

大抵の場合、ある場面を「見て」抱いているイメージなので、自分が勝手なイメージや憶測で判断しているとは思ってないんですよね。「見た」し「聞いた」から。

それで「私は知っている」と言いながら間違ったことを言う人がいるのです。

もし、自分が同じ場面でしかその人を見ていないなら、回数はたくさん見ていても、それなりに近い関係だと認識していても、一つの側面しか知らないと思った方が良いと思います。

誰でも人から誤解されたくないし、自分も人を誤解したくないと思うでしょう。だから「人にはいろんな顔がある。自分もそうだし他の人もそうだ」ということを常に認識していたいですね。

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

明確に目的地を示されるから大胆になれるのでは⁈

ヨシュア記の内容を考えながら何となく思ったこと。 モーセの時にエジプトからカナンへ行くという指令が神様から出されましたが、その時はみんな喜びました。 ところが、行く道に艱難苦難が多くてだんだん行く気が …

神様の導き

私は母がカトリック教徒だった影響で昔から教会という所には抵抗がありませんでしたが、決して昔から信仰深かったわけではありません。 カトリック教会の聖なる雰囲気とかは好きでしたけどね。 ほとんどその雰囲気 …

ぶどう園の思い出

昨日は画面越しではありましたが先生と時間を共にして楽しかったですね~。 私自身、久しぶりにリラックスして先生と楽しく過ごしながら、「あぁ、天国ってこういう感じ。。(^^)」という感覚がよみがえってきた …

成功って何?

自分の好きなことをして生きること、自分の思い描いたように生きれることが人生の成功者であり、幸福なことだ、と認識している人が世の中には多いですよね。 また、自分がキッチリやるべきことをやっていれば成果は …

旧時代に生き続ける悲劇

先日、主要都市では緊急事態宣言が出されました。 が、それでも出勤する人、というか、出勤させる会社があるようですね。 これにはいろんな原因があるようです。 一つは日本の伝統的なシステム的問題。 未だに紙 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。