独り言

明確に目的地を示されるから大胆になれるのでは⁈

投稿日:

ヨシュア記の内容を考えながら何となく思ったこと。

モーセの時にエジプトからカナンへ行くという指令が神様から出されましたが、その時はみんな喜びました。

ところが、行く道に艱難苦難が多くてだんだん行く気が失せてきただけでななく、カナンの地を探ったところ自分達より大きな民族がいたり高度な武器を持っていたりすることがわかり、ますます口から文句ばかりが出るようになりました。

わざわざこんな思いをしてまでカナンに行かなければいけなのか?と。

それでも神様は目的地に関して妥協することはしませんでした。

むしろ、文句を言う人は行かせませんでした。

それでモーセの時はシン荒野で終わり、次世代のヨシュアでカナンに入ったわけです。

この時、神様が、みんなに負担をかけてはいけないからと「行けるところまででいいよ。無理しないでね。」という風に言ったのならどうなったのかな?と思いました。

そういう風に言われたら、ヨシュアでも「それなら無理してまで行く必要はないな。ここまででいいや。」となったんじゃないのかな?と。

たとえ元々の性格が大胆だったとしても、無理しなくていいと言われたら危険を冒してまで行かないと思うのです。

なんとなく、イマドキの風潮は、無理させたらよくない、負担をかけたらいけない、というのが主流ですよね?

その時その時の感情が優先される風潮です。

それを優先してあげないと場合によっては訴えられたりもしますからね。。。(^^;

でも、全ての物事を無理なく、負担なく、でやっていたら自分の次元を突破するのは難しいのかもしれないと思いました。

時には明確な目的地が示され、何があってもそこに到達しなければいけないという課題があるからこそ、大胆になって自分を突破できることもあるんじゃないのかな?と思いました。

モノにもよりますが、人の意見や感情に左右されると、大胆さは発揮されないような気がします。

人間が示す無理難題は徒労に終わることもあり得ますが、神様が人間に出した課題は艱難が多くても必ず助けてくださるし、私たちには達成感もあり、何より救いになります。

だからこそ、神様は明確に基準を示してくださるし、それに関しては絶対に妥協しないのだなと思いました。

こちらの感情に忖度する神様ではないという事です。

人間的には、神様なんだから辛さをわかってほしいと思うかもしれないけれど、最終的に何が親切で愛なのか、人間がきちんと悟らないといけませんね。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

異邦人の利点

今週、百卒長の話がありました。 自分の部下を癒してもらいたくてイエス様の所に来た百卒長。 先生が百卒長についておっしゃっていたことが妙に納得しました。 ユダヤ人は全くイエス様を信じなかったのに百卒長が …

五感を使う

神様は人間に五感というものを備えてくださいました。そしてそれを通していろいろ感じるようにしてくださいました。 信仰の世界にいると、いわゆる第六感の方、つまり霊的な事に興味関心が行くと思うんです。でも、 …

憧れが最高の教育

先日、私が「講師訓練について」という記事の中でおすすめの講義の仕方を書きましたがそれにはモデルがいます。(「講師訓練について」の記事はこちら⇒ https://pastor.tokyo/own-opi …

今感謝することについて考察

12月もいよいよ3週目に入りました! 今年もどんどん終わりに近づいています。 ところで、このところずっと感謝に関する説教が出ていますよね? それについて個人的にいろいろ考えてみたのですが。。。 一般的 …

プレゼント

今朝になってから急に思い出したのですが、昨日(11/20)は母の誕生日でした。 母が生きていた時は毎年プレゼントを贈ってました。 私がまだ信仰的に幼かったころ先生が「親の誕生日とか父母の日とかにはプレ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。