独り言

本当にそれは思いやり??

投稿日:

最近の風潮でよく思う事。

多分、TVの影響が大きいとは思うんですが、現代社会ではちょっとした失言を大きく指摘してギャーギャー騒ぎ立てて発言者を悪人に仕立て上げるということがよくありますよね?

そういうのを見ていると、中には本当に失礼にあたる言い方だった場合もありますが、正直微妙だなと思うようなものもあります。

勿論、悪口や誹謗中傷、明らかな蔑視用語などは絶対いけませんし、なくさないといけないことです。

でも、それはそういう意図で言ったのではないのでは?と思うようなものまで細かく細かくわざわざ疑問視して指摘するんですよね。

「相手に対する思いやり」という大義名分の下で「この言い方はどうなのか?」と疑問を呈することが正義みたいになってます。

正義みたいになってるから、ちょっと違和感があったとしてもそれに反論することがためらわれて、何となく「正義」に同調せざるを得ないというのが正直な所じゃないですか?

昭和の時代にはほとんど気にする人がいなかった言葉や言い方でも今は目くじら立てて指摘されるものも多いです。

でも、これって本当に「相手に対する思いやり」なのかな。。。

一見、細かく言い回しに気を使うことが「思いやり社会」のようにも思いますが、一方で違和感も拭えません。

そして、変に「こういう風にも受け取れる」という考え方が広まることによって、今までそう言われても平気だった人が「それはそういう意味もあったのか」となり、かえって傷つき心が病んでいくという現象もあるように思います。

現代人に傷つきやすい人が多いのはこういうことも影響しているんじゃないかと思うのです。

それで、結果としては、思いやりの心が広がるよりは、あちこちに気を使いまくる風潮がもっと強くなってストレスも溜まりやすい世の中になってるような気がします。

「失言リスト」が増えることによって、気軽に使える言葉を厳選せざるを得なくなってるからです。

厳選してる時点で気軽じゃないですね。(^^;

もはや思いやりではなく、他人から指摘されないための自己防衛的な意味合いになってる気がします。

何でも昔が良かったとは思いませんが、人間同士のやり取りでは昔の方が大らかだったように思います。

多少口から出てきた言葉が不適切でも、相手がどういう心で言ったかを重視していた時代。

相手の意図や心情をくみ取ろうとせず、表面的に言葉尻を捕らえて指摘することは2000年前にイエス様の揚げ足取りをしたユダヤ人達と変わりがありません。

「相手に対する思いやり」という大義名分の下で指摘しまくった結果、思いやりよりは指摘体質の世の中になってしまった気がして残念です。

指摘する前に、言葉を発した人の意図や心をくみ取ろうとすることも思いやりなんじゃないのかな。。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

お知らせ

皆さんにお知らせがあります! とは言っても重大発表などではないですが。。 昨日急に思いついたことがあって。。(^^; このコロナ体制がいつまで続くかは分かりませんが、家でくすぶっていたり退屈している人 …

楽することは手抜きじゃない!

何事も効率化が叫ばれていますよね? 確かに仕事をする側から見れば、非効率なやり方よりは効率が良い方がストレスもたまらず良いに決まってます。 でも、いざ自分に「効率化」の恩恵が回ってくるときに、あえて躊 …

12月26日の思い出

そういえば。。。と、今朝急に思い出したことがあります。 今日は12月26日。クリスマスの翌日です。 12月はクリスマスまでは繁華街やレジャー施設が混み合うと思いますが、実は翌日はガラガラなんですよ。 …

神様の導き

私は母がカトリック教徒だった影響で昔から教会という所には抵抗がありませんでしたが、決して昔から信仰深かったわけではありません。 カトリック教会の聖なる雰囲気とかは好きでしたけどね。 ほとんどその雰囲気 …

嫉妬は自滅の元

誰でも人を羨ましく思ったり、人を見て自分がみじめに感じたりした経験ってあると思います。逆に一度もないという人は凄いです。 ただ、その惨めな思いや悔しい思い、羨む心が原動力となって何かを一生懸命取り組む …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。