独り言

そう仮定してみる

投稿日:

私が新入生の時、私に聖書をたくさん教えてくれたお兄さんがいたんですが、その人はバリバリの理系で、理論物理の修士課程まで終えた人でした。

残念ながらその人は今いないんですが、その人が言っていたことで心に残っていることがあります。

それは、「科学も全て仮定だ」ということ。

大抵、科学的根拠というのは、実験や観察などで集めたデータをもとに答えを導き出すわけですが、それはあくまでも仮定なのだそうです。

言い換えると、そう仮定するとデータと辻褄が合うから恐らくそれが答えなのだろうという事のようです。

ですから、いつでもその答えは覆される可能性があると。

実際、その「答え」とされるものが導き出された後、さらに科学が進み、違う実験などでその仮定に対する反例が一つでも出れば一瞬で答えは覆されるのだそうです。

その思考方式で行くと、見えない神様をどう信じるのか、という事に対して、「神様が存在する」と仮定する方が世の中の様々な現象に対して辻褄が合うのだと言ってました。

ですから、半信半疑の人は「そう仮定してみる」という事をすればよいと。

聖書の言葉を真理だと仮定してそのように行なってみる、イエス様をメシヤだと仮定してその方として接してみる、という風に。

その結果自分に救いがもたらされたなら良いわけです。

そうなればきっとその人は聖書やメシヤに対する認識が仮定から信仰に移っていくでしょう。

宗教だけが信じることではなく、科学だってそう仮定してそう信じてるだけだと思えば気が楽です。

神様に対して「仮定」なんて失礼な!!と思うかもしれませんが、結果的に信仰になるならそれも一つの方法かな。。なんて。。個人的には思います。

勿論、信仰深い人はわざわざ仮定する必要はないですよ。最初からハッキリ信じれば良いのです。

結局、この世の中って全て仮定して信じるしかないんじゃないのかな。。

神様の創造物や神様の行いを全てこの世で人間が正確に把握するなんて不可能だと思うから。

きっと天の世界に行けば確実なものが見られるのでしょうね。

この世の中に生きている以上、全てのことを正確には分からないのだから、宗教があってもなくても「そう信じて生きていく」ということしかできないのでは。。なんて思う今日この頃です。

-独り言
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

神様の導き

私は母がカトリック教徒だった影響で昔から教会という所には抵抗がありませんでしたが、決して昔から信仰深かったわけではありません。 カトリック教会の聖なる雰囲気とかは好きでしたけどね。 ほとんどその雰囲気 …

七夕ストーリー

今日は7月7日。七夕の日ですね。 今朝の先生の話を聞いて、そういえばそうだったと思い出しました。(笑) ところで、七夕のストーリーって皆さん覚えていらっしゃいますか? 私はなんとなく、織姫と彦星が年に …

心の貧しい人は幸いである

今週はマタイによる福音書5章の8つの祝福についてでしたね。 この聖句については過去に何度か出ていて、初めて聞いた時はものすごく感動したのを覚えています。それまで一つ一つ意味を解説する形で教えてもらった …

人生最大の感謝

今週は先生が真理について話してくださっていますね。 自分で言うのもなんですが、私は完全に真理派で、長年ここにいるのは真理のためだと断言できます。 恵み深いからとか、兄弟愛が素晴らしいからとか皆さんいろ …

これも時代性⁈

また新しい一週間が始まりました! 主日の説教でも新しいメッセージが宣布されましたね。 今回は、その説教中に私がちょっと「あれ?」と思ったことを書こうと思います。 あらかじめ断っておきますが、今からお伝 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。