独り言

美しい音楽は癒されますね

投稿日:

ここ数日、久しぶりにメンデルスゾーンのピアノ曲が聞きたくなっていくつかBGMとして流していました。

聞きながら、やっぱり美しい曲は良いなぁ。。と改めて思いました。

最近は世の中のニュースを見ているだけで気分が暗くなってきますけど、美しい音楽を聴いたら、それだけで癒されますね。

私が聞いた曲は、いわゆる「癒し系」などと言われるゆったりした曲ではありませんでした。

アップテンポだけどメロディーが美しい曲。

それで、なんとなく、美しさの中に癒し効果があるんじゃないかと思いました。

世の中は「ゆるふわ」というのが癒し系という事になってるみたいですけどね。

バッハなんて全然ゆるふわじゃないけど(むしろはっきりしてますが)癒されたりします。

バッハは本人が非常に信仰深い人でしたからね。

そこから生み出される音楽が人の霊魂を揺さぶるから癒されるんじゃないのかな。

世の中のアプローチとは全然違います。

ちなみに、今回聞いていたメンデルスゾーンはユダヤ人で、元々ユダヤ教徒でした。

彼のおじいさんは、モーゼス・メンデルスゾーンという名前で当時有名な哲学者だったそうです。

恐らく先祖代々厳格なユダヤ教一家だったのでしょうね。

でも、メンデルスゾーンのお父さんが、自分の子どもたちがユダヤ人という事でいじめられているのを見て耐えられず、キリスト教に改宗させたのだそうです。

そうしてメンデルスゾーンは熱心なクリスチャンとして聖書も勉強し、信仰も深めていきます。

その後、お父さん自身もキリスト教に改宗し、最終的には一家そろってクリスチャンとなりました。

何となく、天から見たらこの一家の一番の功績者はこのお父さんだったかも、なんて思いました。

息子は有名な音楽家、父親は有名な哲学者。このお父さん本人は特に名もない人ですけど、一家をキリスト教に導いたから一番の功績者だったんじゃないのかなと。

メンデルスゾーン自身も、お父さんのそういう計らいがあったからこそ、いじめられることもなく、霊も心も健全に成長し、美しい音楽を生み出すことができたんじゃないかと思います。

表に出てくる人ばかりが功績者じゃないですね。

美しい霊魂から美しい心が、美しい心から美しい物事が世の中に生みだされるのだな、と改めて思いました。

美しい霊魂の持ち主になりたいですね!

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「ない」という祝福

今週は金持ちの青年の話が聖書の本文でしたね。 その個所の先生の話を聞きながら、私は何も持ってなくて何も知らなかったことが祝福だったんだなと思いました。 当時は学生でしたから、財産もなかったし、社会的地 …

マスクの意外な影響

ちょっと下世話な話なんですが、面白い話を小耳にはさみました。 去年からマスク生活が続いてますよね? それで、ある一定数の世の男性たちが、ナンパができなくなったと嘆いているのだそうです。(笑) 確かにね …

信仰という能力

聖書を見ると、イエス様が病気の人を癒した場面がたくさん出てきます。 そこでいつも共通しているのが『あなたの信仰通りになるように』など、癒しを受ける側の信仰について言及されていることです。 また、4人が …

気丈に生きる!

なんとなく最近考えたことがあります。ただ、あくまでも私の個人的な考えで、反対意見もあるのは承知の上、という前提で読んでいただけたらと思います。 昔の人って強いですよね。いろんな意味で。そう思いませんか …

パラリンピック

とうとう東京オリンピックに続き、パラリンピックも終わりましたね。 パラリンピック期間がちょうど私の引っ越しのバタバタ期間と重なってしまってオリンピックほどは見てないのですが、YouTubeのおススメに …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。