独り言

異邦人の利点

投稿日:

今週、百卒長の話がありました。

自分の部下を癒してもらいたくてイエス様の所に来た百卒長。

先生が百卒長についておっしゃっていたことが妙に納得しました。

ユダヤ人は全くイエス様を信じなかったのに百卒長が信じたのはどうしてか?

・・・それは、百卒長がローマ人だったからだ、と。

百卒長は、ローマ帝国の軍の長。百人隊長とも呼ばれます。

つまり、ユダヤ教徒ではなかったという事です。

ユダヤ教徒たちは従来の考えに縛られて固定観念が強く、イエス様を受け入れることができませんでした。

しかし、百卒長はそういうものには縛られず、イエス様の数々の業績を見聞きして、良いものは良い、と判断できたのだと。

あぁ。。確かにそうだな、と思いました。

キリストが、なぜ待っていたユダヤ人ではなく異邦人にむしろ広がったのかと言えば、良いものは良い、と判断できたからなんですね。

改めて、固定観念や思い込み、縛られた考えって怖いなと思いました。

良いものは良い、悪いものは悪いと判断する心。

とてもシンプルなんだけど、これが運命を左右するわけです。

そう考えると、日本人も百卒長と同じ立場です。

バイブルスタディーを教えていても、復活は霊だ、個人の人生は絶対予定ではなく責任分担がある、といったところで反発する人はほとんどいませんでした。

むしろ、肉体が復活すると思ってる人なんているの?という反応だったと思います。

でも、文字通り信仰が身についてしまった人たちにとっては一つ一つが一大事。

御子本体分体が解かれた時も日本はそんなに混乱は起きなかったと記憶していますが、本場は混乱した人がかなりいたようです。

そんなことがあっていいのか?!と思うくらい既成概念を覆すものだったからです。

人は一度「違う」と思ってしまうと、その人のやることなすこと全て間違っていると思い込みます。

でも、癒されたと言って喜んでいる人たちやその御言葉で救われたと言って喜んでいる人たちがいる・・・その人たちは実際喜んでいるのだから一々いちゃもんつける必要ないですよね?

良いものは良いのです!

百卒長の話を聞いて、日本人は聖書を知らないから不利だ、とばかり思わない方が良いなと思いました。

むしろ有利じゃないですか?

私たちはパウロにはなれなくても百卒長にはなれそうですよね?

日本が異邦の地であることは実は感謝すべきことだなと思いました。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

楽することは手抜きじゃない!

何事も効率化が叫ばれていますよね? 確かに仕事をする側から見れば、非効率なやり方よりは効率が良い方がストレスもたまらず良いに決まってます。 でも、いざ自分に「効率化」の恩恵が回ってくるときに、あえて躊 …

お知らせ

皆さんにお知らせがあります! とは言っても重大発表などではないですが。。 昨日急に思いついたことがあって。。(^^; このコロナ体制がいつまで続くかは分かりませんが、家でくすぶっていたり退屈している人 …

秩序は祝福だと思う

今週、ちょっとざわざわした感じ(?)の光景をいくつか目にすることがありました。 とは言ってもニュースになるような大事件とかではないです。 ざわつきの要因になってる人達は特に何とも思ってなさそうで、周囲 …

みんな宝石の家!

今週の説教はコリント人への第一の手紙3章10~17節の御言葉でしたね。 私たちの信仰を家にたとえた箇所です。信仰の家の話。 私たちがキリストという土台を据えた後、どんな風に家を建てるのかは個人の責任分 …

体質改善

今日の記事は個人的なことなので多くの人には参考にならないかもですが。。 私が、6月下旬に3日半寝込んだ時があったのですが、治ってから、「もういい加減に体質改善したい!」と強く願うようになりました。 今 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。