独り言

宝を持っている人生を享受しよう!

投稿日:

今朝、先生のメッセージを聞いて、なんとなく「宝の持ち腐れ」という諺が思い浮かびました。

神様に栄光を帰することをお金に喩えてくださいましたね。

神様に栄光を帰することは、お金を使って享受するのと同じだ、と。

なるほど、そうか!と思いました。

確かに、お金を溜め込むばかりで全く使わないと、何のためのお金か?という話になりますよね?敢えて言うならとりあえず安心のため、という感じでしょうか?

実際、お金は必要なところに使うことで自分の生活が豊かになったり、心が満たされたり、不自由さから解放されたり、人の役に立ったり。。。など、使って初めてお金の価値が発揮されるし、お金のありがたさを享受します。

神様に栄光を帰することもそういう事なんだな~と思ったんです。

信じてるだけでも、とりあえず神様の主管圏にいるから安心、というのはあるかもしれませんが、神様に栄光を帰して神様と共に生きることにより、より多くの祝福を受け、神様との経緯も増え、より感謝が増し加わり、人生そのものを享受する事ができるのだな~と。

神様を信じていて御言葉も学んでいるのに御言葉を実践しなかったり、祈らなかったりなど神様に栄光を帰さないのは「宝の持ち腐れ」に等しいのだなと。

「宝の持ち腐れ」とは、辞書を引いてみると、

  • 役に立つものを持っているにもかかわらず利用しない事
  • 才能があるのにそれを発揮しない事

と書かれています。

神様に栄光を帰さないのは神様という宝を使わないのと同じことだという事だと思ったんです。

凄く勿体無いと思いませんか?

以前先生から、神様は愛する人にあげたいものがたくさんあって天の倉庫にはたくさん詰まっているのに、人間が求めないから与えられない、と学んだことがあります。

人は自分の敵や嫌いな人から何かもらったら複雑な心境になりますよね?場合によっては何か裏があるんじゃないかと思って気持ち悪くて捨ててしまったりもすると思うんです。

でも、好きな人、愛する人からもらったら何でも嬉しくて大事にするのではないでしょうか。

だから、神様は神様を愛している人にあげたいのです。そうじゃないと、もらっても簡単に捨ててしまいますから。

さらに言うと、神様だって愛する人から『愛してる』と言ってほしいし、愛する行いをしてほしいと思っているのです。

それが祈る事であり、みことば通りに生きるということです。

私達も自分の愛する相手から愛していると言われたら嬉しいし、自分を喜ばせようとしていろいろしてくれたらもっと愛したくなりますよね?

神様もそうだという事です!

私達はせっかく世界最強の宝を持っているのだから、それを輝かせて享受して生きて生きたいですね!

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

知者の心

世の中はもっぱら新コロナの話題ですね。 日本でも政府から大規模イベントの中止・縮小要請があったり、特定の地域からの入国禁止令が出たり。。。ニュースを見ても不安を煽るようなものが多いです。 そんな中、私 …

信仰という能力

聖書を見ると、イエス様が病気の人を癒した場面がたくさん出てきます。 そこでいつも共通しているのが『あなたの信仰通りになるように』など、癒しを受ける側の信仰について言及されていることです。 また、4人が …

12月26日の思い出

そういえば。。。と、今朝急に思い出したことがあります。 今日は12月26日。クリスマスの翌日です。 12月はクリスマスまでは繁華街やレジャー施設が混み合うと思いますが、実は翌日はガラガラなんですよ。 …

人は外側だけではわからない

ヨハネによる福音書4章には有名なサマリヤの女の話が出てきます。 今朝、サマリヤの女の話を聞きながらふと『人は外側の経歴だけじゃわからないな~』という考えが浮かんできました。 よく、人は見かけによらない …

群衆心理は怖い

最近のニュースを見ながら改めて、群集心理って怖いな、と思っています。 とにかく、群衆心理に陥ると、良いか悪いかの冷静な判断ができないばかりではなく、集団で自ら望んで自滅の方向に行ってしまうことが多々あ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。