独り言

切に求める姿勢

投稿日:

今週の説教を聞いて個人的に思ったこと。

私自身もそうだし、何となく日本人の特性のような気もするのですが、困ったことに対して切実に願い求めるという事が弱いのかな?と。

よく「大人の対応」って言うじゃないですか。

日本は昔から自然災害が多くて自分の意志ではどうしようもないことをたくさん体験するせいか、どんな状況も受け入れることが潔いような風潮がありますよね?

例えば、大切にしていた鳥が飛んで行ってしまったという場合、私なら「鳥は元々大空を飛ぶようにできてるのだし、鳥はかごから出る方が幸せなのかも」などと思って、残念に思いながらも、たとえ人知れず涙を流したとしても、最終的には「仕方ない」という結論になると思うんです。

そこで泣き叫んで切実に祈るという事にはならないような。。。

鳥が飛んでいく例は極端だとしても、日常の中でちょっと理不尽なことがあったとしても、敢えて訴えない。騒がない。

こんなことで訴えるなんて大人げないんじゃないか?と思ってしまって。

それで心の中はどんなに荒れていたとしても、自制して表面上は何事もなかったかのようにふるまう。これが大人のふるまい方だと。

こういう事ってよくあるんじゃないかと思うのです。

長所と短所は表裏一体です。

どんな性質でもどういう場面で出るかで良くも悪くもなります。

大人の対応によって良い方向になることもありますが、場合によっては祝福を逃すことにもなるのではないかな?と思いました。

今週は、神様が問題を解いてあげよう、とおっしゃっていますので、日ごろ何となく自制して目を瞑っていたことも切実に祈ってみるチャンスですね。

私もいつの間にか求めもせず諦めてしまっていることがないのか、自分自身を点検してみようと思いました。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

サバクトビバッタの性質②

昨日、サバクトビバッタのことについて書きましたが、その際、このバッタがモーセの10の奇跡のバッタかもしれないと思ったけど、聖書を調べたらモーセの時はイナゴだったという内容を書きました。 それについて、 …

宝を持っている人生を享受しよう!

今朝、先生のメッセージを聞いて、なんとなく「宝の持ち腐れ」という諺が思い浮かびました。 神様に栄光を帰することをお金に喩えてくださいましたね。 神様に栄光を帰することは、お金を使って享受するのと同じだ …

「ない」という祝福

今週は金持ちの青年の話が聖書の本文でしたね。 その個所の先生の話を聞きながら、私は何も持ってなくて何も知らなかったことが祝福だったんだなと思いました。 当時は学生でしたから、財産もなかったし、社会的地 …

誰にでも親切にするべき⁈

ある仏教関係者が発信している内容で興味深いものがあったのでご紹介します。 「親切にして舐められる人、慕われる人の違い」という話題です。 その人が、「人に良いことをしたら自分にも返ってくる」という内容の …

流れに逆らうと。。。

昨日のレジリエンスの記事を書きながら思い出したことがあります。 それは、1998年に内部(主に東京)で起こった出来事です。とは言っても、当時指導者じゃなければよくわからないことだと思います。 当時は男 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。