独り言

便利な日本語

投稿日:

日本語について、ある日本語がペラペラな外国人(欧米人)が面白いコメントをしているのを見ました。

それは敬語に関して「日本語の敬語は人と壁が作れるから便利」というのです。

面白くないですか?

日本人としては人と壁があることが悩みの人も多いのに、外国人にとってはそれが作れて便利だというのです。

勿論、この人の考えが外国人全員の考えというわけではないと思いますが、でも、人との壁を便利なものと考えることは日本人にはない発想だなと思いました。

そのほか、「お疲れさまです」や「よろしくお願いします」などの万能な挨拶言葉が欧米の言葉にはないようで、特に用事はないけれど適当に挨拶できる言葉があるのが便利だと言ってました。

そう言われてみれば、こういう言葉は親しみも表せるけれど、逆に適当にやり過ごすことができる言葉でもありますね。

しかも良く考えてみたら、自分自身もこういう挨拶言葉や敬語を相手によって使いこなしながら人との距離感を適切に保っているような気がしました。

相手に失礼がない状態で適当にやり過ごせる言葉って確かに便利ですよね?

家族などの親しい間柄だったら「よろしくお願いします」なんて言葉は使わないだろうし、前置き的な挨拶なしでいきなり会話に入ることもできます。

でも顔見知りくらいの間柄で敬語も挨拶言葉もなかったら、道で会った時など、どう話すのだろう??と考えると、確かに無いと不便だなと思いました。

いきなり馴れ馴れしく話さなければいけないとなるとそれはそれで負担じゃないですか?

日本人から見ると、外国人は誰とでもフレンドリーに接することができて羨ましいとさえ思えるけれど、もしかしたら境界線がないことでかえって疲れることがあるのかもしれませんね。

何事も、長所と短所は表裏一体です。

良いか悪いか、という問題ではなくどんなものも良い面と悪い面があります。

大抵、ある物事に対して(または人に対して)悪いイメージしかないものは、一方方向からしか見ていないことが多いのではないかと思います。

人との壁も障害になることもありますが、全くないとストレスにもなり得ます。

イメージが悪い時、見る角度を変えて良い面を発見してみるのも解決方法のひとつかもしれませんね。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

耐えられない祝福

今週、ミカとクララシリーズで「マタイによる福音書解説」の27章をアップしましたが、改めて27章の内容を吟味しながら感じたことがありました。 それは、どちらかというと信仰的なことというよりは、精神的・心 …

方法論は正しいのに。。。

今週もあっという間に過ぎましたね。もう土曜日になりました。 ここ最近のニュースや自分の実生活の中で改めて感じたことは、物事ってどの立場から見るかで全く見方が変わるな、ということ。 客観的に見たらこうし …

演出も変化していく⁈

昨日の水曜礼拝のメッセージの中で、「牧師もずーっとはやっていられない。」「自分の時がある。」というような内容がありました。 私は個人的にこの言葉が心に残りました。 なぜなら自分の実感としてもそうだな~ …

藁人形の原理⁈

夏は怪談の季節ですね~(冷汗)。 今日の話題は私の推測も入っているので(もちろん御言葉に基づいてますが)そういうものだと思って読んでもらえたらと思います。 私は子供のころからなぜかものすごく怪談とか心 …

結果に委縮しない

毎年、8月はピティナというところが主催するピアノコンクールがあります。 昨日(8/19)はG級というカテゴリーの全国大会決勝がありました。 A級が小さい子の級でB級、C級とだんだん年齢が上がっていき、 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。