独り言

光と闇の戦い

投稿日:

皆さん、最近の世界のニュースをご覧になってますか?

もしかしたら主要メディアではほとんど報道されてないのかもしれませんが。。。

アメリカ大統領選をはじめとして、様々な不可解なことが起きているんです。

世界的な重鎮が何人も亡くなったり、世界のあちこちで大停電が起きていたり、複数の国々で政権交代がおこっていたり。。。

この1か月くらいで立て続けにこういうことが同時多発的に起こってるんですよ。

これらがすべて関連があることなのか、全くの偶然なのか、私にはよく分かりませんが、こういう現象についてあれこれ検証して解説している人々がたくさんいるんですね。

そういうのを見ながらあることに気付きました。

検証・解説動画を出している人のほどんどは「光と闇の戦い」という言葉を使っているんです。

もちろん、意味は「善と悪の戦い」という意味です。「これ以上闇を放置してはいけない」とか「必ず光は闇に勝利する!」「闇が滅びるように光を応援しよう」などと言ってるんです!

しかもそれを拡散するように呼び掛けています。

言ってるのは日本人ですよ。クリスチャンもいるかもしれないけれど、明らかにそうではなさそうな人も含まれてます。

もしかしたら海外で言われている言い回しを真似しているだけなのかもしれないけれど、それでも「光と闇の戦い」をする人たちなら私たちと同志じゃないですか?

見える悪か、見えない悪かの違いはあるかもしれないけれど、見える悪の背後には見えない悪の存在があることを考えると、根本的には目指していることが同じなんじゃないのかな?と思えるのです。

こういう現象を見ながら、いよいよ神様がサタン撲滅に本格的に着手されてるのだなと思いましたし、「光と闇の戦い」という言葉を使って人々の心を一つに集めていらっしゃるのかな?とも思いました。

聖書とか、キリストとか、そういう言葉は毛嫌いする日本人は多いじゃないですか?

また、特定の団体名を出すと差別だと感じる人も多いし、陰謀論だと思う人も多いでしょう。

でも「光と闇」という抽象的な言葉だったら差別にはならないし、むしろ、民族性として妙に正義感が強い日本人にはヒットする言葉のように思えます。

日本人が一体となって闇と戦うならそれほど素晴らしいことはありませんし、私たちは「サタン撲滅」という神様の大プロジェクトの担い手として、積極的に責任分担を果たしていく必要があると思うんですね。

普通に考えて、誰だって闇に支配されるのは嫌なんですよ。根本的には。

とにかく、どんな形であれ、私たち自身もそれぞれの場で光が勝利するような働きかけをしていきたいですね。

『あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。』(マタイ5:14~16)

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

お知らせ

皆さんにお知らせがあります! とは言っても重大発表などではないですが。。 昨日急に思いついたことがあって。。(^^; このコロナ体制がいつまで続くかは分かりませんが、家でくすぶっていたり退屈している人 …

切に求める姿勢

今週の説教を聞いて個人的に思ったこと。 私自身もそうだし、何となく日本人の特性のような気もするのですが、困ったことに対して切実に願い求めるという事が弱いのかな?と。 よく「大人の対応」って言うじゃない …

誰にでも親切にするべき⁈

ある仏教関係者が発信している内容で興味深いものがあったのでご紹介します。 「親切にして舐められる人、慕われる人の違い」という話題です。 その人が、「人に良いことをしたら自分にも返ってくる」という内容の …

五感を使う

神様は人間に五感というものを備えてくださいました。そしてそれを通していろいろ感じるようにしてくださいました。 信仰の世界にいると、いわゆる第六感の方、つまり霊的な事に興味関心が行くと思うんです。でも、 …

夢に出てきた母

今朝、珍しく死んだ母が夢に出てきて目が覚めました。 母が私たちの集まり(何の集まりかは不明)にやってきて、みんなの前で自己紹介をしていたんです。 夢の中では確かに私の母であり、私がみんなに「私のお母さ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。