独り言

良いものを見抜く力

投稿日:

あるピアノ調律師の話が印象深かったのでご紹介します。

それは、最近本質的に良い音を見抜けない人が増えている、ということなんです。

その原因として、最近の住宅事情等で仕方ない面もあるけれど、子供のころから良いピアノに触れる機会が少ないことが挙げられると。

気を使いながら言葉を選んで話していたのですが、恐らく言いたいことは、子供のころに電子ピアノばかり弾いていると良いピアノの音が見抜けないよ、という事のようです。

勿論、趣味で弾く程度の人はそれで構わないけれど、最近は専門家になろうとする人まで耳が肥えてなくてピアノ選びをするときに気になるのだそうです。

一般的に、ピアノ調律師と聞くとピアノの音程を調整する人と思いがちですが(近年まで私もそう思ってましたが)、実は、ピアノの構造を知り尽くしている専門家なんです。

ピアニストがピアノを弾く専門家なら、調律師はピアノという楽器自体の専門家です。

ですから、ピアノの音程の調整だけでなく、修理もするし、人によっては自分でピアノを作ってしまったりします。

やはり、良いピアノというのは使っている素材や響板の大きさ等々明らかに違いがあって、音も全然違うし値段もそれなりにするそうです。

その専門家から見たら「プロになろうとするならこのクラスのピアノが良いだろう」と思っても、選ぶ本人があまり音の違いを実感できない様子で素人も使うようなものを選んでしまうことが最近ではよくあると。

当然、良い音が見抜けなければ一流の音楽家にはなれません。自分の奏でる音が良いか悪いか敏感に感じ取らなければいけないですからね。

その調律師曰く、本質的に良い音を見抜く力は子供のころから良い音をたくさん聞いたときに身に着けることができる、ということでした。

良い音に触れていると、良い音と良くない音の区別が付けられる、という事ですね。

これっていろいろなことに当てはまるな、と思いました。

例えば、私は宝石類はあまり興味がなくて触れてこなかったので、パッと見ただけではどちらがどのように良いかなんてわからないですけど、宝石商の人は一目で見抜けたりしますよね。

次元の高いものに触れていた時に、次元の高いものと低いものの違いがはっきり分かります。しかし逆はないという事です。

ちょっと話が飛びますが、先生曰く、霊界も、低い霊界に行った人は高い霊界を見れないけれど、高い霊界から低いところは見えるそうです。

つまり、低い次元の人は低いところしかわからないけど、高い次元の人は高いところから低いところまですべてわかる、という事です。

極端な話、子供のころから893など非道徳的な生活環境にいるとそれが普通になりますしその生き方に疑問も持たないでしょう。

しかし、清く生きている人はそういう環境は一瞬でも耐えられません。

より良く生きようとしている人が、良くない生き方を敏感に感じることができますが、逆はありません。なんでいけないの?という事になりますから。

子供のころからどういうものに触れ、どういう環境にいるかがとても大事です。

子供だからこれくらいでいいや、ではなく、子供のころから高い次元のものに触れるという事が何においても大事だということですね。

私たちはすでに大人ですけれど、霊の世界で考えたらまだ霊界に行ってない成長中の人たちです。

霊界に行く前に、霊的に高い次元の御言葉に触れ、神様が好む生き方とそうでない生き方を見抜けるようになったという事は本当に感謝すべきことだなと改めて思いました。

-独り言
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

今が「本番」⁈

「平素が本番に出る」とはよく聞く言葉ですよね? 聖書にも、平素から人をもてなしていたロトが、平素通りに旅人をもてなしたら天使だった、という話もあります。 この「平素」というのは文字通り平素の時には、良 …

指摘と見くびりは違う

月曜日になりました!今週もまた新しいみことばと共に新しい一週間が始まりました! 毎週毎週新しく一週間をくださることに感謝します! 昨日の説教で私が個人的にヒットしたのは、説教の核心ではないのですが、最 …

信じる方が幸せ

昨日、水曜礼拝の説教を聞きながら何となく思ったこと。 単純に考えて、疑って生きる人生より、信じて生きる人生の方がストレスがないし幸せだなと。 「疑心暗鬼」という言葉の通り、疑うところから不安や恐怖心が …

知者の心

世の中はもっぱら新コロナの話題ですね。 日本でも政府から大規模イベントの中止・縮小要請があったり、特定の地域からの入国禁止令が出たり。。。ニュースを見ても不安を煽るようなものが多いです。 そんな中、私 …

リノベーション

今日は完全に独り言。(笑) 私は過去15回以上引っ越しの経験があるのですが、そのせいか、不動産物件を見るのが結構好きなんです。 だからと言ってしょっちゅう内見しているわけじゃないですよ。 間取り図とか …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。