独り言

能力は被害に遭わない

投稿日:

今回の台風による被害が日々明らかにされてますね。

本当に一日も早い復興を祈るばかりです。(>‗<)

東京では人気エリアのタワーマンションの被害なども報じられてますが、確かに高層だと「洪水」の被害には遭わないかもしれないけれど、停電や断水になったら一気に生活が困難になってしまいますね。

きっとかなり高額だったでしょうから、購入された方はさぞかしショックだろうなとも思いました。

やっぱり住むのはいざという時を考えて、自分の足で昇り降りできる範囲にしておいた方が良いですね。。

ところで、タワーマンションの被害状況や水没している新幹線の映像など見ながら、やはりモノはどんなに高価でも一瞬で終わりが来るのだな~なんてぼんやり考えていたら、ふと「技術が水没したのではない」という考えが浮かんできました。

水に浸かった新幹線はもうどうしようもないかもしれないけれど(専門家じゃないからわかりませんが)、知識と技術があればまた造ることはできます。

言い換えると、どんな災害に見舞われても、また災害に限らずどんなに悪い状況になったとしても、人間が身につけた能力は被害に遭うことはない、ということです。

それで、もしかして。。。日本がモノづくりが得意で技術大国になったのにはこういう事も関係しているんじゃないのかな?とも思いました。

度重なる自然災害で家や持ち物などモノがすぐになくなるからすぐに作り直す必要があるじゃないですか。

自分達でさっさと何とかしないと生きていけません。誰かに助けてもらおう、という考えで何もせず、ただ外国や公共の助けを待ってばかりいては現実的に生きていけないわけです。

だから日本人は自立心旺盛なんですかね。(笑)

こういう時はお金を持っている人より「技術を持っている人」が貴重な存在になります。

結局、何かを身につけた人だけが何らかの手段で生き残って行けるような気がします。

お金や地位が全く意味がないとまでは思いませんが、日本のように「非常事態」がそんなに非常でもなく日常茶飯事に起こるようなところでは、やはり生存するための能力の方がはるかに貴重だな~と思いました。

どんな分野の事だとしても「身につけた」と言えるような段階になるには鍛錬と努力が必要です。人生のある一定期間はそこに費やさないといけません。

人は華々しいものに心を奪われがちですが、霊的にも肉的にも、地道に生きる能力を着々と身につけていきたいものですね。

-独り言
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

私の信仰の力

信仰の力っていろんなところで発揮されると思うんですが、大抵人々が期待する信仰の力って奇跡・しるしの類じゃないかと思うんです。 癒しの奇跡とか、波が静まるなどの自然現象を変える奇跡とか、または霊的な現象 …

環境で叱る

今週の主日の説教の冒頭で先生が、最近の人は言葉で叱ると落ち込む(?)から神様が環境で叱ったりする、というようなことをおっしゃっていました。 サラッと言っていた言葉ですが、今週の聖句が聖句なだけに妙に気 …

お知らせ

皆さんにお知らせがあります! とは言っても重大発表などではないですが。。 昨日急に思いついたことがあって。。(^^; このコロナ体制がいつまで続くかは分かりませんが、家でくすぶっていたり退屈している人 …

大人のおしゃれ

ちょっと小耳に挟んだ粋な言葉をご紹介します。 ”『いつもにこやかで穏やか』は大人のおしゃれ” なるほどね。。と思いました。 不機嫌な顔を平気でする人というのは、無意識のうちに「自分は不機嫌なんだ」とい …

プレゼント

今朝になってから急に思い出したのですが、昨日(11/20)は母の誕生日でした。 母が生きていた時は毎年プレゼントを贈ってました。 私がまだ信仰的に幼かったころ先生が「親の誕生日とか父母の日とかにはプレ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。