独り言

今年の二か月

投稿日:

今日は2月29日。2月も最終日になりました!

早いもので今年もすでに2か月が経ったという事になります。

今月がどういう月だったかを振り返ってみた時、改めて新型コロナウィルスに翻弄された一か月だったなと思いました。

今も現在進行形ですから、この先どうなることやら。。。という感じですよね。

でも、ふと、この騒ぎはいつから始まったんだっけ?年が明けたばかりのころはどうだったかな??という考えが浮かびました。

思い起こしてみたら、年末年始は日本中カルロス・ゴーンの話題でもちきりでしたよね?

密出国の方法や誰が手助けしたのか等の他、日本の司法はどうなってるんだとか、様々な点で日本中を騒がせていました。

ところが今それどころじゃなくなって全然名前すら聞きません。

これがたった2か月間のことです。

それでなんとなく。。新コロナウィルスの話題も数か月後にはまた違う話題に変わってるのだろうな。。と思いました。

改めて、世の中って諸行無常なんだな、と思いました。(すみません、仏教用語で。)

だからこそ、世の中に自分を合わせて生きていったら、人生そのものが翻弄されまくって生きることに疲れてしまうだろうな~とも思いました。

安定した世の中ならまだマシですが、こんな激しく流れていく世の中に自分の人生の軸を置いていたら影響されまくって大変です。

実際、世の中ではマスクがなくなって開店前からドラックストアに行列ができていたり、ひどい場合はそこで喧嘩が起きたり。。

ここ数日はデマによってトイレットペーパーの買い占めが起こってドラックストアではトイレットペーパーが売り切れとか。。いろいろ大変そうですよね。(^^;

ちなみに。。私は「ないものは作って使え」という先生の教え通り、マスクを3つ自作して洗濯しながら使いまわしているのでマスクで心を悩ますことはありません。

私達も世の中で生きている以上、世の中の影響というのは受けます。

でも人生の中心を真理に置いているので、世の中の変化を客観的に、というより神様の視点で見ることができ、冷静に対応することができます。

現代がこんなに激しく流れていく時代だからこそ、永遠に変らない真理を中心に生きていけることがとても感謝すべきことだなと思います。

この先どうなるのかは私もわかりませんが、神様の御心通りに生きていけば何とかなるという自信だけはあります!(笑)

困難な時期を神様の主管圏の中で過ごせることに感謝!!ですね💛

-独り言
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

嫉妬は自滅の元

誰でも人を羨ましく思ったり、人を見て自分がみじめに感じたりした経験ってあると思います。逆に一度もないという人は凄いです。 ただ、その惨めな思いや悔しい思い、羨む心が原動力となって何かを一生懸命取り組む …

明確に目的地を示されるから大胆になれるのでは⁈

ヨシュア記の内容を考えながら何となく思ったこと。 モーセの時にエジプトからカナンへ行くという指令が神様から出されましたが、その時はみんな喜びました。 ところが、行く道に艱難苦難が多くてだんだん行く気が …

ノアの洪水とコロナ

今からお伝えすることは聖書に基づく分析ではありますが、完全なる私の妄想なので決して信じないでください。(笑) という前置きをしたうえで。。。 今の時代はノアの時代のようだなと思うのです。 ノアの洪水が …

人はいろんな顔を持っている

人にはいろいろな顔があります。同じ人でも時と場合によって、また立場によっていろいろな顔を見せます。 機嫌が悪い時、良い時、悲しい時、嬉しい時、緊張している時、リラックスしている時、仕事の時、家族といる …

信じる方が幸せ

昨日、水曜礼拝の説教を聞きながら何となく思ったこと。 単純に考えて、疑って生きる人生より、信じて生きる人生の方がストレスがないし幸せだなと。 「疑心暗鬼」という言葉の通り、疑うところから不安や恐怖心が …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。