独り言

東日本大震災から10年

投稿日:

3月11日は皆さんご存じの通り、東日本大震災の日です。

もう、10年も経ったんですね。。。

皆さんはあの時、どう過ごされていましたか?

実は私、あの時新宿のビル街をちょっと抜けたあたりに住んでいたんです。

高層ビルがゆらゆら揺れる様子を目の前で見てましたね。。。なんだか現実のこことは思えないような感じで。

その後すぐTVを付けて情報収集しました。

当時家にTVはなかったけれどポータブルDVDプレーヤーにワンセグがついていてTVが見れたので、その時はそれを付けて見入っていました。

というのは、私の家族・親戚関係は、私と姉以外、ほぼ全員と言っていいほど福島県に住んでいたからです。

その時はまだ父が施設に入る前で実家にいましたし。

ところが間もなく、自分が住んでいたマンションが断水。地震でマンションの水槽が破損してしまったんです。

そしてインターネットも切れました。

人の心配してる場合じゃなくなり、対策に翻弄されました。

それでも私は東京にいたし、自分の周辺の状況があれこれあっただけで、怪我など自分自身に何かがあったわけじゃなかったですからマシな方だったと思います。

思い起こすと短時間にあれこれありすぎてここには書ききれません。

きっと皆さんもいろんな体験をされたことでしょう。

とにかく、今思う事は「普通に生活ができる」って感謝すべきことだなという事です。

でも、現地ではまだ日常を取り戻せない人々がいます。

幽霊話も後を絶たないと聞いています。

そういう方たちが一日も早く心身ともに回復され、定住先も決まり、安心して日常生活を送れるようになることを祈るばかりです。

今日は一日、現地のためのお祈りと、今あることへの感謝の心で過ごそうと思います。

-独り言
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

無駄な力を抜いて光を放とう!

今日はピアノの話題です。(^^) 私がピアノのレッスンを再開してからの最大の課題は「脱力」でした。 というのは、今までの私の弾き方は無駄な力が入っていたから。 勿論、それはわざと力を入れてたわけじゃな …

憧れが最高の教育

先日、私が「講師訓練について」という記事の中でおすすめの講義の仕方を書きましたがそれにはモデルがいます。(「講師訓練について」の記事はこちら⇒ https://pastor.tokyo/own-opi …

世界的行事

とうとう東京オリンピックが開幕しましたね! なんだか未だに賛否両論あるようですが、私の個人的スタンスとしては、もう始まってしまったものをいつまでもああだこうだ言い続けるのはどうかと思いますし、選手たち …

艱難と感じるとき

今朝、艱難とはどういうことなのかな?という事について何となく考えを巡らせていました。 そもそも「艱難」という言葉自体が否定的なイメージですよね? 大変、困難、ストレス、苦労・・・等々。 少なくとも「艱 …

感謝の効用

単純に考えて、嫌なことを考えるより良いことを考える方が自分の波長が良くなります。 きっと誰でもそうでしょう。 感謝の力はそういう面でも凄いと思います。 自然と感謝の心が自分の中から湧き上がってくるとき …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。