ミカとクララ

サンタクロースとクリスマスプレゼント(再アップ)

投稿日:

クリスマス特集No.3は、サンタクロースやクリスマスプレゼントがキリスト教と関係あるのか?という話題に迫ります!

子供のころ、クリスマスと言えばサンタクロースでしたよね?

サンタクロースがプレゼントを子供たちに配るという風習はどのようにしてできたのでしょうか?

また、現代において、私たちはクリスマスの主人公であるイエス様にどうやってプレゼントをあげればよいのでしょうか?

是非ご覧ください!

【クリスマス特集No.3】

【疑問】

サンタクロースはキリスト教と関係があるのですか?

【解説】

サンタクロースの由来についても諸説ありますが、以下の二つの事が合わさって現在のサンタクロースになった、という説が有力です。

ゲルマン人の世界では、キリスト教以前には、ゲルマン神話のウォドンの神や、北欧神話のオーディンの神など、冬至のお祭りの時に贈り物を届けてくれる神が存在していました。

言い伝えによれば、その神々は、8本足の魔法の馬やトナカイが引くソリに乗って空を駆けてきたそうです。特にオーディンの神は、家の扉がすべて閉ざされている時は、煙突から家に入って贈り物を届けたと言われています。

異教徒たちはキリスト教に改宗してからも、このような冬至のお祭りを大切にしてたようです。

もう一つのお話は、4世紀にトルコのミラの司教だった聖ニコラウスという人の話です。

彼は、日ごろから困っている人や貧しい人々を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていました。

ある日、三人の娘たちの嫁入り持参金を作れない父親が、娘たちを奴隷として売ろうとしていました。

それを知り、心を痛めたニコラウスは、金貨の入った袋をこっそり煙突から投げ入れました。その時、家の中に洗濯物として干してあった靴下の中に金貨の袋が入ったそうです。

聖ニコラウスはオランダ語で「ジンダ―クラース」。これがなまってサンタクロースになったと言われています。

また、当時の司教の服はキリストの犠牲の血を現す赤だったそうです。

この二つの話が合わさって、クリスマスにはサンタクロースが空からトナカイの引くソリに乗ってやってきて各家の煙突から入り、子供たちにプレゼントをする、という話が出来上がったようです。

いずれにしても、イエス様とは直接関係はなく、イエス様の精神と土着の神話や風習が合わさってできた文化ですね。

私の個人的な考えでは、このように、キリストの精神と土着の風習が合わさって新しく平和的で恵み深い文化ができるのは良いことじゃないかな、と思っています。

みんなが幸せな気分になりますから。

ただ本質を忘れてはいけませんね。

【疑問】

聖ニコラウスは今のサンタクロースのような恰好だったんですか?

【解説】

実は、現在のサンタクロースのスタイルの起源は、1931年、アメリカのコカ・コーラ社が冬のキャンペーン広告のキャラクターとして起用したサンタクロースの絵なのだそうです。

この広告のキャラクターとなったサンタクロースは、1800年代後半に活躍したアメリカの風刺漫画家トマス・ナストによって描かれたものでした。

子供たちのために、たくさんおもちゃを抱えた優しそうな赤い衣装のサンタクロース。

白いひげを生やし、太った体形というのは彼によって生み出されたアイディアで、コカ・コーラの広告によってこのスタイルのサンタクロースが急に世界中に広まりました。

それまでの絵本や絵画の中に出てくるサンタクロースは、青い服を着たり、様々な色の衣装を着ていたそうです。

今とはずいぶんイメージが違いますね。

【疑問】

クリスマスプレゼントはキリスト教と関係がありますか?

【解説】

クリスマスプレゼントについても諸説あります。

まず、サンタクロースの由来とセットで、

①北欧神話の神が冬至の祭りに子供たちにプレゼントを渡していたこと

②ニコラウスが貧しい人々に自分の持ち物を与えていたこと

に由来するという説と、聖書的な意味として、

③イエス様誕生の時、東方の三人の博士たちが贈り物をしたこと

に由来するという説もあります。

何に由来するとしても、お互いに恵みを分かち合うことができればよいですね。

【最後に…】

クリスマス特集いかがでしたか?

今年はクリスマスのあれこれをわかって、是非とも聖誕を迎えたイエス様にプレゼントをしてはいかがでしょうか?

え??どうやって???

実は、良い方法があるんですよ~。

その方法は聖書に書いてあるんですウインク

『あなたがたに言っておく。私の兄弟であるこれらのもっとも小さい者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである。』(マタイ25:40)

『だから、何事でも人からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ。』(マタイ7:12)

つまり、隣人に心を配って、こちらから何かをしてあげる、ということが、イエス様にプレゼントをしたことになるのです!

お金もかからず、心が豊かになりますよ。カナヘイハートカナヘイきらきら

是非ともお試しあれ!

では、皆さん、良いクリスマスを!

メリークリスマス!!クリスマスベル

-ミカとクララ
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

離婚調停

『どう生きる?人生の後半戦‼』最新版をアップしました! 今回は前回に引き続き未香さんが「離婚の経緯」についてお話ししてくださいます。 前回は、相手の方が重い精神疾患を発症し、その後お互い話し合いができ …

BGM聖書(福音書ラストシーン)

お待たせしました! BGM聖書『マタイによる福音書』いよいよ最終回になりました! 今回は最後の晩餐の後、十字架~復活に至るまでの、聖書最大のクライマックスの場面になります! 宗教画と音楽、文字と音声が …

マタイによる福音書第1章

お待たせしました! 去年から宣告していた通り、今年2021年はマタイによる福音書の解説をしていきたいと思います! 今回は第一回目、マタイによる福音書全体に対する概要の説明と第一章の解説をしていきます! …

アンテオケ教会設立!

昨日に引き続き、動画アップのお知らせです! 「使徒行伝解説第11章」をアップしました! 前回(第10章)は、カイザリヤのコルネリオという百卒長を筆頭に、異邦人たちがペテロの証を聞いて聖霊を受けた、とい …

BGM聖書 マタイ26章

BGM聖書 マタイによる福音書第26章をアップしました! 26章はイエス様が十字架につけられる直前のとても重要な場面が詰まっている章です。 映像と音声、字幕を見ながら改めてこの場面を読むと、イエス様の …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。